2018年7月21日 (土)

みっつのミッション

4月の北四国遠征で書き留めたのが、
「10万以上の都市を制覇しよう(沖縄のぞく)シリーズは残り3つ。飯塚、延岡、鹿屋。
前売りでもいいから未勝利を脱出しようシリーズも残り3つ。小倉、広島、石和。」

この時点で日程が固まりました。

まずはダービーウィークの石和がみごとに失敗。これはつらい…あれはウインズにたどり着いただけで奇跡でしたが。

旅程とフライトを決めるにあたり、もうひとつ浮上したのが「できるだけ多くの県で宿泊を経験する」。
近畿より向こうの西日本で未宿泊だったのが島根・岡山・香川・徳島・宮崎。徳島は9月に回すとして、残りのうち2つは今回にあてがいたい。

 

旅については次回。
仕事が忙しく書いてる時間がない。

 

2018_hakodate_kinen前売りと当日でダブル初勝利。

土曜があまりにダメでまた広島はあきらめていましたが、500円だけ使った前売りが2500円になって返ってきました。
これならじゅうぶんでしょう。

日曜は到着して一瞬だけパドックのモニターに映ったマイネルの馬が気になって単勝を買うと、知らない間に発走していてしかも勝っていたという棚ぼたスタート。
もしやという手応えはありました。

長らく手こずっていた小倉は堂々の当日初勝利。
惜しむらくはこの狙い目でワイドを全取りできていないこと。いままでの負債がほぼ帳消しになっていたところでした…

あの複勝以来の万馬券ですが、今年3発のうち2つがエテルナミノルでのもの。
春の崩れ方が心配でしたが、やっぱり買い続けて損はありませんでした。

 

未勝利ウインズは石和だけが残りました。
いちおう関東なので年内にトライすると思いますが、8月の新潟と11月まで(最寄り駅があいているうちに)の津軽をいつにするかが先決。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

すっからかん以上の問題

土日、唯一当たった予想が「こりゃひとつも当たらんな」。
にしても、どぶに捨てた額が大きすぎ。

それよりも…このエントリをアップするころ、ちゃんと目的地にいるのかどうかが心配。
フライングかもしれないけれど、自分なりの支援をするつもりです。

|

2018年7月 7日 (土)

地獄の合間の休日モード

四半期の決算も下半期の予算も、さらにやっつけ仕事もたまっていて「何のために会社勤めしているのか」を自問自答することが多くなってきました。

そんなさなかの木曜日、「日曜、中京行くか?」とメッセージが。
さらに「3:45出発で」と。週明けが地獄だけど、思いっきり土日を楽しむしかない。

そんな中でたてたプラン。
金曜はぎりぎりまで仕事→いろんな片付けごとをして夜更かし→土曜は寝ずに遠征→早めに帰ってきて倒れるように寝て備える

 

ということで、土曜は早朝から新白河。
6月まで今年まだ行っていなかった福島県に中1週で再訪するとは…

福島南部で(訪問可能な)未踏の地はあと2つ。
帰りのバスがなくて6km徒歩になる天栄村(トレセンあるよね)と、バス停がほぼゼロで往復6km徒歩になる中島村。他にもつわものはいますが、距離的にこれが限界。

今回は後者を選びました。
関東が超速で梅雨明けしてしまいましたが、福島も負けず劣らずいい天気。
バス待ちの間、明らかに紫外線がぶすぶすと肌を刺すのがわかりました。

 

2018_esan_tokubetsuまさに題目通り。
なんで勝ち負けできないのか不思議でしょうがなかったのですが、洋芝もよかったのか2勝目。

ただ、他がまったくふるわずマイナス。
まったく的中のない土日がありながら月間プラスにできていたのに、最後に赤転してしまいました。

 

3:30、電話の音で起きて15分で身支度完了。
早朝の高速道路はじつは初めての体験です。

日曜の明け方ということもあって、渋滞ゼロ。
人生2度目の新東名に入ると、濃霧でほとんど見えなくなりました。駿河湾の眺めもお預け。

ただ、おねだりしてあちこちサービスエリアに立ち寄ってもらえました。
行きは静岡、浜松、岡崎。帰りは長篠(これで新城市に訪問できた)、もう一回浜松、中井。
新東名は駅から遠い場所が多く、どれも貴重な訪問となりました。

伊勢湾岸道に入ってすぐの豊明インターは通り過ぎ、そのまま三重方面へ。
競馬ライターの小林誠さんを拾って中京現地へと向かいました。

 

20180701

日曜は朝からまったく当たらずガマンの連続でしたが、後半いきなり二者連続弾。

かなりひさしぶりに炸裂したダート1000mですが、返し馬が動いたワケでもなく何をもって買ったかわからないほどの棚ぼた。
まったくレースも見ておらず、現地の返し馬確認から戻ってきたら勝っていたという塩梅でした。

その「現地の返し馬確認」でもおすすめできるのはおらず、ダメ元で追いかけを買ったらまたも棚ぼた。

ここで保ったリードを維持しきって、中京はひとつ星を戻しました。

 

帰ってきたら猛烈な眠気。
もちろんそのまま地獄の週明けに突入です…

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

撒いた爆弾

金曜夜のできごとで、ここ3ヶ月の仕事の不満が頂点に。
翌日が寝込むほど体にも影響をきたしたため、その日の深夜に建白のメールを出しておきました。

 

20180623頭痛がひどくても前予想だけはやってみました。
やらなきゃよかったというぐらい頭痛が増幅するような顔ぶれで、ほとんど手出しできるようなところがありませんでした。

もうウインズも行かないことに決めたからと、1000円だけPAT投票。
2つめの投票できっちり回収。

1つめが阪神7Rで、こっちが勝負どころ。
単勝がハナ差2着、ワイドも2着4着…
シグルーンがダート向きなのはバレてしまったか。

 

2018_takaraduka_kinen日曜もほとんど買えるところがなく、15時ぐらいに行ってすぐ帰りました。
ボウマンさんが差してくれるかに目がいってましたが、よく見たら帰る直前に単複だけ買い足したノーブルマーズが来ているという…

この日は最終が勝負どころで、ほとんどメインに意識がいってなかったのが痛かった。

その最終は戸崎さんが来たせいでワイド総取りのはずが2~5着になってしまい、少しマイナス。ただ土曜のプラスがわずかに上回りました。

 

さて、週明けも仕事がくそなほど忙しい。
その前に冒頭の爆弾処理だ…

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

会津から浜通り

いつもの通勤とまったく同じ時間となった出発の金曜日、満員電車にでっかい荷物を持ち込むのは気が引けると考え、ボードを家に置いていきました。
東北も雨予報だし、まあいいだろう。

金曜は会津地方を巡り、郡山で一泊してから福島競馬場、その後は相馬から仙台に出て土曜のうちに帰ってくるスケジュール。

See_you_yanaidu都内の自然渋滞は回避できたのに、途中から雨が強くなってきた影響で高速バスは15分の遅れ。
もともとは喜多方で乗り換え予定だったものが不可能となり、若松で下車。

路線バスで会津坂下に、続いてバスで柳津へ。
5時間も空いてしまうJRが運良くやってくることもあり、折り返して会津美里までは超ゆっくり運転の只見線。

どんより曇っていますが時折日差しもあり、なにより道路の舗装が良好。
ボードを持ってくればと後悔。バス代節約できたな。。

柳津から奥にはまだ町村がありますが、人口が希薄でコンビニもありません。私が行ける範囲もここまで。

若松に戻ってくると夏至前とはいえもう真っ暗。
バス待ちの合間に人の気配がまったくない夜の鶴ヶ城を散策していると、あろうことか郡山行きバスを2本も逃してしまう失態。

自分への罰として若松駅まで歩くことに。
旅行カバンとともに10km以上も徒歩になってしまい、ボードを持ってくればと改めて後悔。

 

翌朝、14℃と肌寒い郡山を出発して福島に到着。
去年は伊達方面からバスで南下してくるというアプローチでしたが、今年も市内巡回の100円バスで近いところまで行くという変則手段を試してみました。

競馬場へ入る前に、その後の相馬へのバス時刻を(前日のようなことにならぬよう)確認しておこうとバス停に行くと…見あたらない。
ホームページに「5月末で運行終了のお知らせ」がありました。

旅程を細かく決めたのが4月、もちろん廃止予定なぞつゆ知らず。
スマートフォンでオッズを見ながらマークシートをしたためるはずが、マークシートを塗りながら画面は時刻検索に取って代わっていました。

 

Yamamoto_moorけっきょく電車で岩沼まで行き、陸寄りにルートを付け替えて再開した常磐線でまずは山元町へ。
山元トレセンにもっとも近い坂元駅、海方面を見ればこんな光景。

水田の奥にもともと線路と駅、さらに集落があったはずが今はありません。見えるのはクレーンとショベルカーのみ。
今回降りてはいませんが、ひとつ南隣の新地駅は周辺がほぼ更地でした。下車した次の駒ヶ嶺駅はふつうの風景でしたが、1km内陸寄りと海近くでこうも違うとは…

こうして大幅に予定が変更となり相馬と南相馬はかなわなかったものの、福島浜通り~宮城エリアは新地・山元・亘理が新規訪問の仲間入り。

最後は時間の余裕があるからと、りそな銀行~五橋公園を回っていたら思ったより駅から遠いことに気づき慌てて戻りました。仙台はいつもこんな感じです。
雨に遭わなかったし、ボードを持ってくればと重ねて後悔。

 

2018_tempozan_sなんてこった。
上述の通り、馬券投票に身が入らずさらっと買ったところが宝の山だったとは…

一番の狙い目だった東京9Rはワイドこそ取りましたが、予想を超えたワンツーで決着。
どっちか馬単を取った時点で思いっきり勝ち越したな…

初勝利までが遠かった福島ですが、1年ぶりが連勝で卒業が見えてきました。

20180617翌日はゆっくり参戦。阪神10Rからのスタート。

平均900円弱でけっこう回収させてもらいました。
毎日こうであってほしい…

ベステンダンクは成績だけだと手を出しづらいオッズ。
ただ返し馬を見ると、トモの動きが強いこと。こんなに強く動いたことはなかったはず…

なるほど、これが障害効果というやつか。
じっくり競馬でなければ間違いなくとれませんでした。

 

現在、夏以降の旅程を計画中。
予定通りいけば、今年も9月には45都府県に到達。つまり今年も北海道は冬か…

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

お金のムダづかい

たまにあるこんな土日。
なんとなくそんな予感がしてたから、別のことに時間とお金を費やすべきでした。

|

2018年6月 9日 (土)

反動で取って負け

クラス編成で谷間になるダービー翌週。
土曜は勝負にならないと見て完全スルー。日曜に回そう。

2018_yasuda_kinen豪快にトリガミ。
ほかにも馬単流しやら3連複2頭軸流しやらすべて戸崎さんに破壊されてしまいました。。
阪神は全的中させたのに、東京の穴が大きすぎて回復しきれず。

返し馬を見て、高速馬場の傾向から馬券内をほぼ確信。
ただ、準・全流しまでしないと当てられなかったのも事実。

モズアスコットを下のクラスの勝ち抜け方から者としては、信じられないような単勝だっただけに集中させるべきだったかと後悔。
写真で見ると目立つ独特のフォーム。やはりそれは脚が短いから?
距離ももう少し短い良さそうですね。…それはキャンベルジュニアにこそ言いたいですが。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

運の使いどころ

今シーズンは値下がりせずほとんど手に入らなかったJR東の株主優待券。
ひとつは6月に置いておき、もうひとつで山梨方面に出て佐久から帰ってくるきっぷを作りました。途中でウインズ石和に寄ります。

第一の関門が「立川から大月まで臨時電車に乗れるか」。指定席の埋まる早さから苦戦が予測されましたが…やはり乗れず。
車両が特急タイプ=出入り口が少ないのとデッキに人がたまってしまうため、通勤電車顔負けの乗れない人続出でした。

もともと大月から乗るはずだった特急に乗るべく、特急料金の節約をすべく普通列車で八王子まで到着。
しかし、高尾行きの先行列車が発車待ちでなかなか進みません。

放送もないし、掲示板を見ると「中央線運転見合わせ」「再開は10時30分ごろ」と。
いま9時なんですけど…あきらめよう。

改札を出て、窓口で払い戻すことに。
特殊な割引きっぷということもあって、事務手続きに時間がかかっている様子。
5分ほどして、「出発駅まで戻れば全額払い戻せます」といったん返却してもらいました。

再び改札を入って中央線ホームを見に行ってみると…特急がやってきました。
定刻30分遅れながら、石和温泉までたどり着けました。

ちなみに、直接関係しないはずの高尾~甲府間も運転見合わせになってしまい、この日は韮崎まで行ってついに旅程をあきらめました。
そのとき、特急列車が通過していったのですが…私が乗った次の便。3時間半の遅れになっていました。

 

2018_derby運使いすぎ。

くだんの土曜日はぐだぐだの惨敗、淡い希望を持っていた前売りも…ごらんの通り。

こりゃあ石和はどうやっても勝てなさそう。。

 

いろいろありながら手元に残ったきっぷは火曜日まで。
そういえば有給取っていた。

数年ぶりに小淵沢駅で降りると、見間違えるようにリニューアルされていました。ここで乗り換え。
同じく3年ぶりとなる清里駅で下車。前回は真夏の土曜日ということもあって人だらけでしたが、この日は人の気配がないくらい。

駅そばのパン屋さんで買い物して身支度をしていると、お店の人が「どちらへ行かれますか?
となりの野辺山です
えっ?!(そのボードで)上りっぱなしですよ…」覚悟はできてますけどね。

Jr_highest_point_akadake清里~野辺山間はおよそ6km。
前半の3kmで標高差100mを登り切るとまず県境、それからまもなく写真の場所にたどり着きます。

小海線は本数が少ないこと、この地点は駅から離れていることもあって、ツアー客は観光バス(5台はいた)で訪問してきているようです。

最高地点があるということはここからは下り坂。
勾配も緩く、舗装が良好なこともあってノーブレーキで一気に駅近くまで進めました。

このあとは小海駅で再び下車、次の列車までの2時間で佐久穂町にも立ち寄るため約10km飛ばしました。
今年まだの都道府県が15も残っているのに、早くも長野は4回目で訪問市町村も一気に16増えました。

 

野辺山~小海とまさかの羽黒下~臼田駅間で、車内でロケ番組の撮影が行われていました。出演していたっぽい芸人さん検索にかけると、私と同じ時間にさっきの写真と同じ場所で撮影した画像が。その人で間違いない。

映像がカットや編集されていなければ、私が複数場面で出てきてしまいます。
誰かスカパー!チェックしておいて(笑)

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

異業種の勉強

土曜日は仕事をお手伝い。
いろいろ考えることがあって、ちょうどよい気分転換でした。

 

2018_heian_s仕事前に仕込んだ馬券を、仕事あがりに二人で結果確認。

駆け足で買い込んだせいで、まともに考えた馬券にできなかったのが痛恨。
配当めちゃくちゃはねあがってるし…

サンライズソアは勝ち切れなさが解消してきた反面、勝つか負けるかが二極化してきました。
デビュー戦からチェックを入れているだけに、かなりお世話になっていますが。

20180520なにこれ。

最終日に新潟かなり読めてるじゃん。

実はカネトシプレスタイムトリップも単複を買っていて、前者は穴決着になりすぎて馬単もワイドもとれず、後者はワイド最高配当がもう少しで夢と散りました。

ノットフォーマル直千あうんじゃないですかねーというのは上記の帰り道での話。外有利もありましたが、開催通じて直千は読めていた感じ。

シュエッヌーベルって小倉の初芝を見て適性あるかもとチェックしようとしてやめた馬でした。
返し馬で動いているのを見つけて、何か記憶に引っかかったので拾ってみましたが…チェック入っていたら買い方が変わっていたかも。

 

手伝った仕事はふだんの生活だと当たり前すぎて関わることがない分野だけど、いざというときに間違いなく役に立つ、そんな数時間でした。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

空疎で多忙

5月なのに珍しく忙しい平日。
充実していればいいのだけれど、そんなことはない。

土日にきちんと休みがとれるだけいいか。

2018_keio_hai_spring_c2年半ぶりの阿見での勝利がするり。
単勝だったらなぁ。

これでキャンベルジュニアの進路は決定したでしょう。
血統の通り、スプリント適性は高いはず。

…進路か。
自分の人生のそれこそよく考えないとな。。

| | コメント (0)

«風を読む力