« シンボリクリスエス | トップページ | 札が…ない »

2006年9月15日 (金)

ゼンノロブロイ

前回の続きになりますが、高1,2年がシンボリクリスエスなら高3はこの馬でした。

…とはいっても開花までに時間を要しましたが。クリスエス同様ダービーの時に名前を知って本命にしました。

明けて天皇賞(春)でも本命。以降ずっと追い続けました。

それが実を結んだのが天皇賞(秋)でした。メンバー的にも抜けた馬がいなくて、テレグノシスシルクフェイマスダンスインザムードアドマイヤグルーヴの順に印をつけて流しました。ワイド・馬連・馬単・3連複・3連単。かなり手広く勝負にでました。

勝ったときはほっとしました(馬券も含めて)。前から素質の高さは評価されていましたが、善戦するも勝てないもどかしさをやっとふきとばしてくれました。

つづくジャパンカップも3馬身差の完勝。前年のタップダンスシチーは重馬場も味方につけて9馬身の圧勝劇でしたが、このゼンノロブロイの勝ち方もそれに劣らないものだったと思います。この日はたしか模試の日でした(受験生なもので)が、もう試験よりもこっちの結果が気になって後半テストに手がつかなかった記憶があります。

そしてテイエムオペラオー以来の史上2頭目となる秋古馬3冠をかけた暮れの有馬記念。スタートで立ち上がるような格好になりひやっとしました。が、もっとびっくりしたのがその後の位置取り。なんと道中2番手でタップの直後を行くという戦法をとったのです。

レースの後で知ったことですが、藤沢師までもがあの先行策には驚いたそうです。

しかし、あれはベストな戦術だったんですね。実力あるタップ1頭のみに目標を定め、直線で一騎打ちに持ち込む。Peslier騎手の戦術判断は見事でした。ゴールした後の佐藤哲三騎手とのハイタッチもすごく印象に残っています。

そしてなんといっても2.29.5のスーパーレコード。シンボリクリスエスが前年に記録を更新したときにもびっくりしましたが、まさかそれをさらに0.5秒も縮めてしまうとは…

去年は勝ち星こそなかったものの、海外初挑戦の英インターナショナルSで接戦の末2着など、古馬のトップとして(ディープインパクトの陰に隠れながらも)日本競馬を引っぱってくれたと思います。

種牡馬1年目の今年はオセアニアにもシャトルされ、なかなかのスタートをきったといえるのではないでしょうか。Sunday Silence系×Mr. Prospector系という種牡馬もあまりいないですし、血を広めるにはちょうどいいですね。

…さて明日はもう土曜日。ということでウインズに行きます。

|

« シンボリクリスエス | トップページ | 札が…ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンボリクリスエス | トップページ | 札が…ない »