« 外国馬 | トップページ | はっ »

2006年9月28日 (木)

さて

フランス・ガロの凱旋門賞特設ページを見たところ、出走メンバーがのっていました。どうやらこれで確定しそうです。(アルファベット順で馬名、産国、毛色、性別、年齢、予定騎手の順)

  • Best Name (GB) b, c, 3, O.Peslier
  • Deep Impact (JPN) b, c, 4, Y.Take
  • Hurricane Run (IRE) b, c, 4, K.Fallon
  • Irish Wells (FR) b, c, 3, D. Boeuf
  • Pride (FR) b, m, 6, C.Lemaire
  • Rail Link (GB) b, c, 3, S.Pasquier
  • Shirocco (GER) b, h, 5, C.Soumillon
  • Sixties Icon (GB) b, c, 3, L.Dettori

…あれ?Fable勢のペースメーカーは?まだなのでしょうか…。Hurricane Runはペースメーカーが必要ですからねー。逃げる馬がいなければShiroccoが先手をとりそうです。去年のBCターフは3コーナーから押し出されるように先頭に立つと、直線入り口でつめられたものの逆に開き返して完勝しています。うまくスローに落とせば長い直線でも押し切れるでしょう。

それよりも追い風になったのがMandeshaの回避。これでSoumillonJKを確保できました。しかも回避の理由が柔らかい馬場を避けるため、ということで渋った馬場好きなShiroccoには願ったりかなったりではありませんか(笑)

以上の点から◎ShiroccoディープインパクトHurricane RunRail LinkPrideと印を打っておきましょうか。いっそ3頭だけでいいかな…。

とはいえディープが多くの不安材料をはねかえして勝つ、ということも大いにありえますし大快挙もじゅうぶん期待できます。

 

さて同日に行われるオペラ賞はOuija Boardの名前はなく、登録も6頭のもののIrridescence(南アフリカの馬ながら香港のQE2CでOuija Boardなどを抑えて優勝)Dionisia(吉田照哉氏が購入した伊オークス馬)Nannina(現在GⅠ・2勝)Mandesha(凱旋門賞を回避してこちらにやってきたヴェルメイユ賞馬)そしてAlexandorova(英愛オークス3冠馬)とかなり質の高い構成となりました。

その2レース前になるカドラン賞にはメルボルンCを回避したYeatsの名前が。ここはReefscapeShamdalaの3頭ですんなりおさまってほしいところです。

|

« 外国馬 | トップページ | はっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国馬 | トップページ | はっ »