« 無断出勤 | トップページ | ひな祭り »

2007年3月 2日 (金)

誤算連発

土曜日から2重賞。なんだかわくわくしますね。

ところが…チューリップ賞の出走メンバーを見るとカネトシリベルテの名前が…ない!まだ3日目、ダートを走れるだけに今の芝コースもこなせると見ていたのですが…。おじにハットトリックもいますし。

そして…オーシャンSの出走メンバーを見るとスピニングノアールの名前が…ある!前走の敗戦で人気を落として宮で巻き返し…と思っていたのに。。ここで本命つけて走るともちろんうれしいわけですが…本番でも人気になりそう…複雑です。

前回花見小路特別の話をしましたが、アースクリスハーンが中京メイン中京スポーツ杯に出走しますね。ヤネはテキの息子さんに戻るようですが、仮説を証明するためにもここは勝ってちょうだいな。もちろん中京記念の本命もこれで確定。
◎ アースクリスハーン
○ アグネストレジャー
▲ ノットユアビジネス
△ ピースオブラヴ
☆ マイネルポライト

阪神9Rの淡路特別は1,4,5着馬を高評価している許波多特別からディープウイングアグネスヨジゲン、さらにトロフィーディールサクラキングダムが中心になりそうです。

中山準メイン両国特別はアサクサゼットキキングルーキーマチカネゲンジの勝ちきれなくてもどかしい馬たち、どれが勝ち抜けするでしょうか。

阪神準メイン仲春特別はオーヴェール、阪神最終はハスフェルと堅実な馬を中心に。

中山、中京の最終はどれが勝ってもおかしくないので遊び程度に。

チューリップ賞は…やはり妙味ある馬が抜けた時点でこちらが抜け殻に。考えれば考えるほど荒れそうにないな…荒れても完敗だろうから問題ないか。。
◎ ウオッカ
○ ダイワスカーレット
▲ ローブデコルテ
△ タガノグラマラス
応援 クロコレーヌ
応援 レインダンス
微妙 ミルクトーレル

オーシャンSで連覇を狙うネイティヴハートは9歳馬。ということはこんな現象が。

ダイワスカーレット(以下D)「おとうさん、現役時代ってどんな活躍したの?」
アグネスタキオン(以下A)「それは強かったぞ。一度も負けてないからな。」
D「すごいね!」
A「でもこれからって時にパキッとやってしまったからライバルとほとんど戦えなかったな…。」
D「そうなんだ。それでライバルたちってどんな人がいたの?」
A「左回りが大好きだったジャングルポケット、マラソンなら誰にも負けなかったマンハッタンカフェ、砂の上では満点だったクロフネとか…もうみんなパパになってるけどね。」
D「他には?」
A「明日いっしょに走るタガノグラマラスちゃんのおじさんにタガノテイオーって人がいたんだけど、…直接いっしょに走ったことはなかったけどそうとう強かったらしいな。」
D「そんなに強かったの?」
A「何しろひどい骨折をしながら大レースで2着になったぐらいだからね。ただ…」
D「ただ…どうなったの?」
A「ケガがひどすぎて…命を落としてしまったんだ…」
D「それは…かわいそう…。ところで今でも現役の人っているの?」
A「もちろんいるさ。去年の今ごろあっとみんなを驚かせたネイティヴハート、砂ではむしろ強くなってきたニホンピロサート、オカマだけど父さんよりすごい脚をもってるアサカディフィート…みんな同い年だよ。」
D「オカマって(笑)」

…最後はよくわからないことになってますが(アサカディフィートを最後に挙げておきたかったからです)、この世代、かなりすごい馬たちが集まっていたんですね。あらためて列挙するとそのすごさがわかります。98年と言えばこの年の3歳馬もめちゃくちゃ強かったですね。ああなつかしや。

本題のオーシャンSに戻りましょう。もう本命はどうしようもないですが、そのあとの馬の取捨も難しいところ。4番手以降には最後の坂がだいじょうぶなのか…という馬も。
◎ スピニングノアール
○ アンバージャック
▲ アイルラヴァゲイン
△ シルクトゥルーパー
× タマモホットプレイ(切るかも)
× ビーナスライン(切るかも)
× サチノスイーティー(切るかも)
? コパノフウジン(たぶん買わない)
注 ネイティヴハート(こちらの方が妙味あり)

明日の夜にはサンタアニタHとフランクE.キルローマイルHの予想をする予定です。

|

« 無断出勤 | トップページ | ひな祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無断出勤 | トップページ | ひな祭り »