« いろいろ | トップページ | イケメンジョッキー »

2007年4月23日 (月)

スクデット

スコットランドではセルティックがシーズン制覇。しかも試合を劇的に決めたのが中村俊輔だけあって話題はこちらで持ちきりでしょう。たしかにあのフリーキックは世界でも5本の指に入るすばらしいものがあります。

いっぽうイタリアでもインテルが2シーズン連覇を達成。しかもまだ負けなしでユヴェントス以来の無敗優勝もありそうですね。

ちなみに…1-2で勝ったわけですが、2得点とも決めたのはアニキ。ディフェンダーにしてZ.イブラヒモヴィッチ(15)、H.クレスポ(10)に次ぐ8ゴール。ペルージャでブレイクしたときも12ゴール決めてましたが、今季もあれだけ豊富なフォワード陣を抑えて3位とは。

今シーズンはW杯もありましたが、まず予定通り(?)A.ネスタがケガ。出番が回ってきたチェコ戦で決勝点。オーストラリア戦では空気を読んだレッドカードで試合を緊迫したものに(笑)Z.ジダンを怒らせた決勝戦でも同点ゴールを決めているなど、アズーリにとってカンピオーネに輝くには不可欠な存在でした。PKもきっちり決めてましたし。

セリエAでもミラノ・ダービーでは大味になった試合でまずゴールを自ら決め、ユニフォームを脱いで(アンダーシャツに「愛する息子ダヴィデに捧ぐ」みたいなのが書いてありました)2枚目のイエローで退場。結果として4-3と試合を盛り上げる天才ぶり。

年末のメッシーナ戦ではまず小笠原のミドルシュートが股間に直撃して悶絶。次に相手監督ともめて退席させました。んで締めに美しいオーバーヘッド。ほんとにディフェンダー?

ほかにもG.デルベッキオから頭突きを食らったり(もちろん退場させました)もしてましたね。まさにゲームメーカー。

アニキがいる限りインテルは応援し続けることでしょう(すでに4年契約を延長しています)。スーパーサブの「庭師」ことJ.クルスにもがんばってほしいですし。年が明けてからすばらしいボレーシュートも決めてました(そのまえのズラタンのかかとでワンタッチもすごかったですが)。

 

ちょうどサッカーの話なのでこの話も。昨日の悔しい悔しい金峰山特別で勝ったのはリヴァプール。25日に控えるスタンフォードブリッジでのアウエー戦にいい後押しとなれば…。ってかプレミアが無理ならここで優勝しないと!

|

« いろいろ | トップページ | イケメンジョッキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろいろ | トップページ | イケメンジョッキー »