« 間近で見るべきか | トップページ | 3頭よりも2頭かも »

2007年10月20日 (土)

悔いはなし

ウマニティでの予想を規模縮小したおかげで時間の余裕ができたせいか1時間ほど早く府中へ。重賞がある日なのにスタンドで空席を確保できました。ということで京都6Rから打ち始め。

07_1020_1 出だしは上々でした。
締め切り2分前に急いで新聞開いて目がいったのはニッシンテーストコウエイノホシアドミラビリス。この馬、未勝利ながらがんばってますね。しかも4連闘ですか…。
東京6Rではマサミが落馬させてしまったために失格。これは心理的にショックが大きいだろうと8Rではベルグミサイルを切ったらビンゴでしたね。直線向いたときは特注のハギノセレクションがもしやと思わせる展開でしたが。

07_gintei_s こうして増やした資金を準オープンへ。
ウインカーディナル2列目に塗らなかったっけなぁ。府中D10.5Fが得意なデイフラッシュを拾い直しただけに痛いミス。

そして富士Sへ全力。すべてトウショウヴォイスがらみで買いました。単勝けっこう買ったのは夏のエイシンルンナ以来。

結果は0.2秒差の7着でしたが、悔いはありません。また懲りずに買い続けることでしょう(笑)

収支的には大きな穴が開いてしまいましたが、東京最終の馬単でイーブンに。じつは今日ボウズなら明日の馬券購入がほとんどできなかっただけにかなり助かりました。

 

今年のクラシックもフィナーレとなる菊花賞。以前のエントリーで牝馬のすごさにふれましたが、牡馬は一番権威があるダービーを勝っていないこともあり未だに頂点が誰なのかわからない混戦状態。この戦国時代に長距離の覇者となるのはいったい…。

神戸新聞杯の時点でこのレースの本命・対抗をそのままスライドしようかと思っていましたが、やっぱりロックドゥカンブだけはどうしようもないですね。Red Ransom×Fairy Kingだけを見ればマイルあたりが得意そうに見えますが、牝系はスタミナもあります。Pilsudskiファインモーション兄妹やYoumzainなどのGⅠ馬が近い牝系にいますし、ファミリーの活力も後押し。

イケメンが黒帽をかぶるとさらにカッコよくなる(先週のパドックでの感想)柴山さんにもGⅠの勲章を。
印は少なめにしておきます。たぶん直前まで入れ替えしまくると思うので確定しているのだけを。2枠から枠連もありかなぁ。

Kikuka Sho -Japanese St. Leger- (JPN-R, T3000m, Kyoto)
◎2-4 ロックドゥカンブ
○5-10 アサクサキングス
▲8-17 ホクトスルタン
△1-1 ヒラボクロイヤル
注2-3 ブルーマーテル

2歳条件戦のかえで賞から。ここはレッツゴーキリシマが負けられないところ。すんなり勝ち抜けを。

次に500万下特別を福島の2レースから。
9Rの土湯温泉特別。本来なら準メインですが頭数の関係で繰り上がってますね。…見れば納得。500万下にしてはいい馬が集合しました。これは悩みそう。
最終の小名浜特別は前でもレースができるキクカラヴリイを。コスモリリーユキノマーヴェラスに、前走非常によけいなことをしてくれたマジックビクトリアを拾っておきましょう。

3連単発売対象となる2レースも見ておきましょう。
福島準メインはフィアリアストライテイエムフウウンジが良さそうですが、開幕週を考えるとナイスヴァレーもいいかも。
東京最終は現級勝ちもありアドマイヤミラクルが人気でしょうね。ダンシングクリスや新馬でアサクサキングスの2着だったモハチビスティーが続けるか。

残りのレースは書き終わってアップしようとしたらエラーが出て消えたのでもう書きません。。最近インターネットがクソ調子悪い…。
いちおう後で自分で確認するための印だけ。

Kinshu Tokubetsu (Allowance, T1400m, Tokyo)
◎ ゲイルスパーキー
○ ノーザンスター
▲ ミラクルハニー
△ トーヨーエーピー
☆ スーパーキャノン
注 フサイチバルドル

Nambu Tokubetsu (Allowance, T2400m, Tokyo)
◎ レーザーズエッジ
○ ラムタラプリンス
▲ ダイワグラム
△ サンデーコバン
☆ コスモグルミット

Kitano Tokubetsu (Allowance, T2000m, Kyoto)
◎ サンライズマックス
○ リメインオブザサン
▲ シルクダッシュ
△ マルイチハミング
☆ シンゲン
× ケージーフジキセキ

Atago Tokubetsu (Allowance, D1800m, Kyoto)
◎ マルブツセンター
○ ノワールシチー
▲ マコトスペリオル
△ ピサノフィリップ
☆ アグネスネクタル
× バンブーライカルト
× ロリンザーユーザー
注 スリーベイダー

Hakushu S. (Allowance, T1400m, Tokyo)
◎ サンクスアロット
○ ラッシュライフ
▲ マイネルクラッチ
△ ブルーメンブラット
☆ イースター
× ポイントセブン
× トーセンテンショウ

Hiei S. (Allowance, T2400m, Kyoto)
◎ ダークメッセージ
○ ハイパーレスポンス
▲ マイハッピークロス
△ アグネストレジャー
☆ アラタマサモンズ

Fukushima Min'yu C. (JPN-L, T1200m, Fukushima)
◎ ワイルドシャウト
○ スピニングノアール
▲ クーヴェルチュール
△ サープラスシンガー
注 ナリタシークレット

 

<海外>

イタリアもサンシーロのGⅠはこれがクライマックス。イタリアのマイル路線最強馬を争うヴィットーリオディカプア賞が行われます。去年はここで初めてGⅠを制して殿下にスカウトされ、今年は世界トップマイラーとして君臨しているRamontiが制したこのレース、今年もここから羽ばたく馬が出るんでしょうか。

出馬表を見るとどうも国外勢が圧倒的に有利。Apollo Starはおそらくドイツからの遠征でしょうが、上半期の伊マイル路線の重要レースであるエミリオトゥラティ賞を制していますね。Echo of Lightとの争いかな。

Premio Vittorio di Capua (ITY-Gr.1, T1600m, San Siro)
◎ Apollo Star
○ Echo of Light
× Aspectus
注 Linngari 

 

トウショウヴォイスに関しては悔いはないのですが、もったいない取りこぼしを2件やってしまいました。
一つは富士Sでお金を回せなかったオパールS。私の好みといつも買ってる馬からすれば本来は本線で取っているはずの馬単が取れず。。しかもずっと応援してきたホッコーソレソレーが今日勝つなんて…。うれしくもありショックでした。。

07_1020_2_2 もう一つは京都8R。ここはあわよくば3着で次に勝ってほしいと思っていたカネトシリベルテがまさかの激走。
菊花賞に出るコートユーフォリアヒラボクロイヤルの3着だったつばき賞で素質を感じ、次のフィリーズレビューでもしっかり買いました。それ以来の実戦でさすがに叩き台だろうと思ってしまったのが痛かったです。

明日はこういう取りこぼしがないようにしないと…

|

« 間近で見るべきか | トップページ | 3頭よりも2頭かも »

コメント

菊は同じくロックドゥカンブ本命でしたが、柴山騎手の騎乗が少し消極的だったかな。
バテテないだけにもう少し前目につけてほしかったです。

英チャンピオンS予想お見事でした。
Literatoの今後が気になります。

投稿: wick | 2007年10月21日 (日) 20時27分

1ヶ月前からアサクサキングス本命だっただけにもったいない方針転換でした。。

柴山さんとしては勝ち馬はともかく2着馬に負けたのには納得しているかもしれませんね。
ヴィクトリアダービーでここを使わなかったら柴山さんは(彼が注目している)アルナスラインに乗っていたでしょうし。

Literatoはけっこう数をこなしていますよね。
来年も走るのでしょうか。

投稿: MARU | 2007年10月21日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間近で見るべきか | トップページ | 3頭よりも2頭かも »