« 読書の秋ということで | トップページ | 早起きは◯◯の得 »

2007年11月17日 (土)

おもしろいコンビ

凱旋門賞で健在なら勝っていたであろうManduroは本番での騎乗予定ではPeslierさんになっていました。主戦のPasquier騎手はAbdullah殿下と主戦契約を結んだためいずれの場合でもZambezi Sunを優先…ということだからです。

結局レースを前にManduroはケガで引退、悲願を達成したかったUllmann男爵はせっかく騎乗予定を確保してくれたPeslierさんのため、そして自分の無念を晴らすためにGetawayを出走させ、溜飲を下げる結果となりました(差のない4着)。

このようにPeslier・Pasquierの両者がセットになる場面がありましたが…今度は日本でも。

シンボリクリスエスゼンノロブロイという名馬で藤沢・Peslierコンビは崩れないと思っていたら仲違いしてしまいました。
そんな藤沢さんはアメリカからDesormeaux騎手を招いて世話役になっていましたが…今回迎え入れるのはPasquier騎手。来月に短期免許を取得するようですが、Pasquierの世話役になった藤沢さんの意図がなんとなくわかる気がします。

Pasquierさんといえば去年の凱旋門賞でディープインパクトを退けて制覇したRail Linkの鞍上(もともとの主戦はSoumillonですが、Shiroccoに騎乗で出番が回ってきました。これに応えたことによりAbdullah殿下から主戦契約のオファーが来たのです)。
3年前のジャパンCでPolicy Makerを人気薄ながら見せ場のある4着に持ってきたのは記憶に新しいところ。WJSでも2年前に来ていますが、まだ未勝利。
今年は仏リーディングが当確だけに注目の人が来日することになります。

 

昨日は眠くてしょうがなかったので先に睡眠。めずらしく土曜日の7時起きです。
有馬記念のファン投票が今日から始まったのでさっそく投票。馬番なしの馬が3頭ぐらい出てきました。

今日の重賞は東スポ杯2歳S。札幌2歳Sでは半信半疑で複勝だけ買ったら10倍以上もつけてくれたホウザンはなにげに掲示板を外していません。勝ち味に遠そうなのは兄のせいかもしれませんが…。新種牡馬産駒の2頭とどれにしようか考えましたが、やはり当初の通りで。まったく人気がなければマイネルエルマスという穴も。

8枠に因縁の2人が。こうなったら共倒れという想定で(笑)

Tokyo Sports Hai 2sai S. (JPN-R, T1800m, Tokyo)
◎ ホウザン
○ ダンツキッスイ
▲ タケミカヅチ
△ スマイルジャック
☆ ジェントルホーク
注 シングンリターンズ

2歳の特別条件戦でダート中距離は初めて?のもちの木賞。ダート適性の有無を見極めないといけない難しいレースですね。ぱっと見た感じ前走勝ち上がった4頭がよく見えるんですが。マイハートマイラブは本邦初登場のHold That Tiger産駒ですね。

後半500万下。
京都はまた番組編成で最終に回ってきました。とはいえ500万下は(あまり欲が出ない分)少ない点数で3連単を狙ういい勉強にもなりますが…。ようやく勝ち上がれたザサンデーフサイチが3着以降になることを期待してオートドラゴンシゲルタックから。

福島9Rはユークロニアサンエンタティナーエフテーララーヤを。ユークロニアの兄はロゴス。…といえば園田で「チン」事件がありましたねぇ。
あまり高配当を狙えそうにない準メインの霊山特別。ニチリンタカラは前走出遅れながら経済コースを通って2着。今度こそ。
最終の岩谷特別は赤湯特別上位にマーシャルソング…ってこれも堅いかも。

福島メインは秋保特別。上位人気でしかたなさそうですが、あまりの割れ具合を見ると案外おいしい配当になるかも。前残りだけは勘弁。

Akiu Tokubetsu (Allowance, D1150m, Fukushima)
◎ カシノエスケイプ
○ ポートラヴ
▲ ミキノモナコ
△ テイエムシップウ
☆ ローレルウェルシュ
× サオヒメ
注 トワイニングイモン

東京最終はD7F戦。ひさしぶりもありますがゼンノスカイブルーの人気のなさはいったい?調教がひどかったとか…?難しいのはチョウカイ2騎ですが、妙味や脚質を考えるとモンドの方を上に取りたいですね。ラオムフェーレは6Fに戻ったら買い。

(Allowance, D1400m, Tokyo)
◎ ゼンノスカイブルー
○ ケイアイハクスイ
▲ ビクトリーテツニー
△ チョウカイモンド
☆ カネスラファール
× チョウカイキセキ
× クリアエンデバー
注 イチライタッチ

銀メダリストことウォーターダッシュが帰ってくる京都8R。また中距離戦ですが、7Fぐらいを試してほしいですね。あるいは控えてみるとか。
人気は間違いなくアグネスネクタルですが…上でもやれる力はあるんだし(配当妙味を考えても)ここは卒業してください。
いちおうGⅠ馬なのでマルカラスカルの応援馬券は買います(笑)

(Allowance, D1800m, Kyoto)
◎ アグネスネクタル
○ ユースフルデイズ
▲ ウォーターダッシュ
△ テンザンメダリスト
☆ ストラディヴァリオ
× プログレスエバー
× インプレスゴールド
× クラリオンコール

京都準メインは八瀬特別。ここはミヤビランベリでしかたなさそう。あとはダブルティンパニーが飛んでくれれば…

Yase Tokubetsu (Allowance, T2400m, Kyoto)
◎ ミヤビランベリ
○ ラッキーリップス
▲ デンコウミサイル
△ ダイシンハーバー
☆ マイネルアンサー

東京9Rは相模湖特別。なかなかの割れっぷりですね。懸念材料はセイウンワキタツのトップハンデとレッドビームシチーの大外枠。。狙いは後藤ちゃんかな?

Sagamiko Tokubetsu (Allowance, T1400m, Tokyo)
◎ レッドビームシチー
○ ダノンムロー
▲ セイウンワキタツ
△ ナリタバクシン
× アドマイヤプルート
× バルバレスコ
注 トウショウアタック

おととい書いたようにすごく楽しみだったのが愕然とするメンバーになってしまった白嶺S。それでも準オープンらしいメンバーになりましたね。
人気をもっていってくれそうなオヤマハリケーンの取り消しは痛いですが…それでも人気にならないなんて。ノリちゃん、香港JCT以上の結果を。

Hakurei S. (Allowance, D1600m, Tokyo)
◎ セレスクラブ
○ タイキヴァンベール
▲ ウインルーセント
× マルターズマッシブ
× シーサンダー
× サテライトキャノン
× リスキーアフェア
× ガブリン

裏JCダートともいえるトパーズS。ポートアイランドSのときもそうでしたが、上位は重賞なみのメンバーが顔をそろえてきましたね。
…驚きはラッキーブレイクの人気。展開次第というのが難点ですが…今回は後ろからの馬たちを狙いたいので本命はやめておきます。
「早めのイブロン」で1頭だけ残っているところに差してくる、が理想の展開。

Topaz S. (JPN-L, D1800m, Kyoto)
◎ イブロン
○ ラッキーブレイク
▲ ドンクール
△ ロングプライド
☆ メイショウシャフト
× ホワイトメロディー
× マーブルチーフ
注 サヨウナラ

 

へぇ~。朝のDylan Thomasの調教つけてたの日本人のスタッフなんだ。

なにげにその人のブログをお気に入りに入れてのぞかせてもらってますが、O'Brien師のもとで働いているんですね。勢司師も昔あの大御所O'Brien師(Vincentの方)のもとで働いていたそうですが、なんだか世界競馬がぐっと身近になったみたいでうれしいものです。

|

« 読書の秋ということで | トップページ | 早起きは◯◯の得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書の秋ということで | トップページ | 早起きは◯◯の得 »