« 今週こそダービー | トップページ | 同じ涙でも… »

2008年6月 5日 (木)

エプソム12F10Yと

メトロポリタンHのときはかなりぎりぎりまで出馬表を出し渋っていたベルモントパークでしたが、今回はあっさり7日の出馬表まで出ています。ま、今日に全部まとめるのもしんどいので分割しますが。

明日からエプソムダウンズの短い開催が始まります。
競馬場のホームページにはちゃんとドレスコードの規定が示されています。私は私服からしてスーツに近いかっこうなので多少改まった服装にすればすむのですが、たいていの人は違和感を感じながらの競馬観戦になるんじゃないでしょうか。このあたりが日英の競馬文化の違いではあるのですが。

そのエプソムでは同じコースで3つのGⅠ。コロネーションCから順に見ていきましょう。おとといのエントリで書いた通り中長距離の有力どころがこぞって参戦。今年の凱旋門にもっとも近い馬に去年のダービーS本命馬が8ヶ月ぶりの直接対決。
ただ、その8ヶ月前からの休み明けというのがねぇ。

Coronation C. (GB-Gr.1, T12F10Y, Epsom)
◎ Getaway
○ Soldier of Fortune
▲ Youmzain
注 Papal Bull

オークスSはやや混戦。ミュジドラSを5馬身圧勝したのがLush Lashes。どこかで名前を出したような…と思ったら1000ギニーSで特注を打ったのが同馬でした(勝ち馬Natagoraから2馬身差ぐらいの6着)。距離伸びてこそ…のタイプに見えますし、1番人気予想も納得。実績からもやや抜けてる存在。
気になるのはTaborさんの勝負服のSail。成績に表れていますがこちらも距離伸びてよさそうなタイプ。ちなみにプーラン勝ち馬Falcoとは近親で、いとこはキンシャサノキセキ
異色の存在がオークストライアルを勝ったMiracle Seeker。兄は障害でかなり活躍しているという血統が目を引きます。

Oaks S. (GB-Gr.1, T12F10Y, Epsom)
◎ Lush Lashes
○ Sail
▲ Clowance
△ Chinese White
☆ Adored
× Katiyra
注 Miracle Seeker

それではダービーSですが、気になっていたヘンリーはやはり姿を見せず。やはり中2週→中1週のローテはさすがにきついですからねぇ。
1番人気予想のCasual Conquestはジョッケクルブ賞をパスし追加登録料を支払ってまでこちらに。…前にも書いたのですが、やはり距離は影響しそうな気がします。
Maidstone Mixtureは平地で勝てず障害で初勝利をあげてきた変わり種。これはびっくり。
かなり前から予想は決まっていましたが、やはりあらためて見返すと重賞勝ち馬ばっかり。そりゃ人気するよなぁ。

Derby S. (GB-Gr.1, T12F10Y, Epsom)
◎ Tartan Bearer
○ Doctor Fremantle
▲ Curtain Call
△ Tajaaweed
☆ Casual Conquest
× Alessandro Volta
注 Washington Irving

プラスアルファとしてハリウッドパークのチャールズウィッティンガムメモリアルH。
往年の力にかげりがあるような気がする西海岸の英雄Lava Manは121ポンドと軽めのハンデ。去年はこのレースでAfter Marketに敗れるまで西海岸で9連勝だったんですが、そこから地元でも精彩を欠きぎみ。
ならば今度こそChamps Elyseesにきょうだい5頭目の戴冠を。
それにしてもさみしいメンバー構成…。

Charles Wittingham Memorial H. (USA-Gr.1, T10F, Hollywood Park)
◎ Champs Elysees
○ Warining Zone
☆ Artiste Royal
× Lava Man

土曜はベルモントSをはじめとするベルモントの4GⅠとディアヌ賞を。

 

ちょいと宣伝を。

かれこれ2年お世話になっているblandfordさんの「ケイバライフ!」にてブログコーナーを持たせていただくことになりました。こっちでは専門化してきてわかりにくい内容が多いと思われますので、あちらではわかりやすく、なかばミーハーなエントリをつづっていこうと考えています。

 

あ、また変なカテゴリが混ざってる(笑)

今年もこの日がやってきましたか。

|

« 今週こそダービー | トップページ | 同じ涙でも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週こそダービー | トップページ | 同じ涙でも… »