« コトはそううまくいくものでは | トップページ | 赤と白の元禄模様 »

2008年6月10日 (火)

悔しさとひらめき

日曜。起きてまず気になるのがやっぱりベルモントS。

1つ前のエントリでふれましたが、Big Brownの3冠達成はまずないだろうと見ていました。
ただ、3冠を阻止するのは誰なのか…と考えたところで思考がストップ。

そういえば金曜にどこかで「別路線組のDa' Taraぐらいしか3番手(このときはカジノドライヴのアクシデントを知らず)が見あたらない…」とつぶやいたのですが、フロリダダービーでBig Brownに負けているのが引っかかりました。

けっきょくここでの予想を手直ししないまま。
まず目に入ったのが「3冠ならず」の文字。やっぱり。

そしてニュース本文を読まずにレース映像を見て…絶句。

よりによって最低人気だったとは(たしかにあの戦績では人気になるはずもありません)。
それをあざ笑うかのような逃げ切り&圧勝でした。

 

ちなみに3冠阻止で一番印象深いのがVictory GallopReal Quiet(あの馬もDesormeauxさん騎乗でした)の夢をわずかハナ差で差し切ったベルモントSは有名ですね。

そんなとりとめもないことを考えつつ出馬表を見ると…「的場文男」の文字が。ポンちゃん見たさに府中へ行こうと思い立って10Rあたりに到着。

安田記念については前日にワイドのみを買っておきましたが、「500kg前後で出てくるだろう」と思っていたGood Ba Baがまさかの大幅減。これは買えないと代わりに1頭拾い直し…

08_yasuda_kinen その「拾い直した1頭」が完勝。あんなに強い立ち回りができるんだと感心しました。秋に海外いくのもいいですが、それならマイルあたりでお願いしたいものです。
Armadaは調教メニューの軽さであまり人気になっていませんでした。たしかに強い調教を課しづらい面がありますが、かえって馬体がガレなかったのが幸い。あとは地力で2着にもってきましたね。これは来年も楽しみ。

で、さっきのVictory Gallop。そういえば安田出走馬の誰かがその産駒だったような…。
それがエイシンドーバーなのはいうまでもありません。
これをひらめいた時点ではもうワイドと3連複は買ってあったので単複を駆け込みで。

最近また競馬にのめりこみつつあるので自戒せねば…

 

今週は夏競馬の中継ぎのような開催。エプソムCもCBC賞も両サマーシリーズの前哨戦みたいな位置づけになってる気がします。

むしろ土曜メインの両ダートの方がおもしろいかも。

 

<海外>

今週はアメリカでオグデンフィップスHとスティーヴンフォスターH。それからイタリアではミラノ大賞が行われます。また、GⅡですがオークスディターリアも日曜にあります。

来週はロイヤルアスコットですので変則更新になりそうです。去年のように毎日更新となるかまではわかりませんが。

|

« コトはそううまくいくものでは | トップページ | 赤と白の元禄模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コトはそううまくいくものでは | トップページ | 赤と白の元禄模様 »