« ケガの功名とはいうけれど | トップページ | まさかの一言 »

2008年6月17日 (火)

逃げ馬泣き笑い

馬場開放の前のフリーダムホースショーがとても印象的だった日曜の府中。人馬一体とはまさにあのことを指すんでしょうが、自分もあのようなパートナーを見つけねば。

特別戦1番手の日吉特別。前走の富嶽賞でフラムドパシオンにケンカ売って一銭も買わず痛い目に遭いましたが、あのときの本命がファイトスピリッツ。激走もあって今回はなぜか1番人気。
ならばスターボイジャーカブキメークから攻めるかということで2-4-8のフォーメーション…を買うには24点で予算オーバー。5点削る代わりにその馬の複勝で、ということで削ったのが(ハマれば府中では穴を開けうる)デジデーリオだったのは言うまでもありません。

400円ケチって約17万を取り逃すとは…さすがに左海さんの件で運を使い果たしたのかも。

ジューンS。本馬場入場前に1頭先に入った馬がいました。いい感じで駆けていったので、(ガチ結果が見えていたし)思い切ってここから攻めてみました。

締め切りのブザーが鳴るころ電話が。悪友がスタンドにいるから来て、とのことで探しにいくことに。その間もちろんレースがどうなっているかは見ていませんでした。

レースを見られたのは直線に入ってから。人がいっぱいで直接芝コースは見ずスクリーンの方を見ると予想通り人気3頭の先頭争い。
やっぱり…と思ってカメラアングルがズームアウトすると、なんともう1頭前にいるではありませんか。しかもジャガーメイルを抑え切りそう。

08_june_s_2 なんでその馬を写さないのかなぁ…と一瞬思いましたが、ゴールの瞬間無人ということにやっと気づきました。
函館記念でも本命で放馬除外という過去がありますが、カラ馬で2400mきっちり走りきって1位入線って。さすがに単勝万馬券はうまくいかないものですねぇ。

後でパトロールビデオを見ると、鳥の群れがいっせいに飛び立ったのに驚き博康くんを振り落としてしまったようです。逃げ馬ならではのアクシデントですね。

続く長久手特別も人気どころで決まりそうな予感。力の差がはっきりしているメンバー構成でしたし、伏兵でも狙える馬は数頭のみ。それなら好きな馬を1頭加えても問題ないだろうと踏んで「今度は人を乗せてゴールしてくれよ…」と念じつつ購入。

08_nagakute_tokubetsu まんまとスローに落として逃げ切りました。ちゃんとアンミツさんが騎乗した状態での入線に胸をなで下ろしたのは言うまでもなく。
発走30分ほど前にオッズチェックしたときは単勝38倍くらいだったんですが、確定したら68倍にまで跳ね上がってたんですね。アタマで来るか来ないかで大違い。
かくして函館でお世話になったラッキーリップスにはまたもお世話になりました。

メイン前に手持ちを増やしながら当たりもしない重賞に購入額を増やしてしまってるので気をつけねば。

 

今週から夏競馬。大きな変更点といえば今開催・次開催の阪神競馬の発走時刻が1レース分ずれること。ようするに6月と9月はプチはくぼ競馬となります。

いかにも(なるべく多くのレースを買わせようとする)JRAの魂胆が見え見えなんですが…そのワナにひっかかってしまう一人になる可能性は非常に高そうです(苦笑)

今年のうちに函館or札幌には旅行ついでに競馬場にも行ってみたいんですが、ほんとに行けるのやら。

ちなみに函館・札幌といえば社長の24クラ全騎乗で勝ち鞍増産…なんですが、特別模範ジョッキーが12年ぶりの騎乗停止で2週間レースに出られず。
調教師としても頼れるジョッキーに騎乗を頼めなくなったのは痛いでしょうねぇ。

 

<海外>

今週はロイヤルアスコット以外GⅠはありません。来週には愛ダービーやハリウッドゴールドCなどが控えています。

それではプリンスオブウェールズS。中長距離部門のトップはいませんが、中距離路線をリードするDuke of Marmaladeなどが参戦。
前走ブリガディアジェラードS組が来ますが、かんじんの2着馬はなぜ来ない…あ、最終日にぴったりのレースがあるんでした。ハクスレーS4連覇は惜しくも逃しましたが、ハードウィックS3連覇の夢はまだ残っています。
ちなみにStotsfoldの調教師って…あの元騎手のことでしょうか。

Prince of Wales's S. (GB-Gr.1, T10F, Ascot)
◎ Duke of Marmalade
○ Pressing
▲ Sixties Icon
△ Ask
☆ Lucarno(回避)
注 Pipedreamer

それからゴールドC。もうここは鉄板勝負で行きたいところ。Yeatsの調子がイマイチな今こそ世代交代のチャンス。あとは20Fと多頭数のレースをこなせれば無敗でGⅠ制覇も。
ぎゃーーーーー!Sagaraが去勢されてる…。Literatoも引退すればいいところを現役続行ですし、この2頭に関しては殿下のミスチョイスでは。。

Gold C. (GB-Gr.1, T20F, Ascot)
◎ Coastal Path
○ Geordieland
▲ Septimus(回避)
△ Yeats
☆ Allegretto

残るコロネーションSとゴールデンジュビリーSは木曜に。

 

ユーロの話でも。

こりゃ無理だろうなぁとあきらめて昼に結果を見てびっくり。まさかトルコが決勝トーナメントに進むとは。ネームが手に入らなくてあきらめてましたが、これでずっと欲しかったニハトさんのユニフォームが買えそう…。

先週クロアチアの話を書きましたが、ここで応援している両者がほんとに直接対決することになりました。

いずれかはベスト4に行けるのですが…。複雑な気持ちです。

|

« ケガの功名とはいうけれど | トップページ | まさかの一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケガの功名とはいうけれど | トップページ | まさかの一言 »