« 週末天気が荒れるなら… | トップページ | 節制…節制せねば… »

2008年9月20日 (土)

屈指のスタミナサイアーライン

サクラバクシンオー産駒は原則8F以下の短距離馬が出ます。ダートなら中距離もこなせるんですが、10Fを超えるとさすがに出番は回ってきません。
指折りのスピード種牡馬の代表例。

ただし、重賞勝ち馬でもっとも長い距離を制しているのはブランディス(障害ですが)。

逆に、これが入ると原則スタミナ型にシフトするのがBlandford系。このサイアーライン直系で短距離で活躍した馬を見つけるのは簡単ではないはず。
反対に12F前後の長い舞台での活躍馬はいとも簡単に見つけられます。

かつては欧米であるていどの勢力をもっていましたが、現在このサイアーラインはかなりシェアを落としてしまっています。
スタミナ系を好むドイツが例外で、Monsunは名種牡馬として君臨中。Ullmann男爵の持ち馬ShiroccoManduroの活躍は記憶に新しいですね。

で、このBlandford系を母父として持っているのがセントライト記念に出走のキングオブカルト。8,9Fでは着外ですが、10~12Fと距離を伸ばして現在3勝しています。
その母父Mtotoはキングジョージを勝ち、凱旋門賞がおなじみTony Binの2着。父Kingmamboはどちらかといえば配合相手のよさを引き出す種牡馬なので、同馬も成績の通りスタミナが生かされているようです。

ということで気になる存在ではあるんですが、別の意味で気になるのがフジヤマラムセス。冠名で気づくでしょうが、馬主はこの前逮捕されて現在はその奥さんらしき方に名義が変更されています。
どこかで菊花賞には間に合って…みたいなことを書いた記憶があるので、本番に出られるかはここ次第。

ちなみにサクラバクシンオーを枕に出したのはシゲルフセルトのことがあるから。500万下2戦目からずっと高い評価をこっそりしてきたんですが、現在連勝中。ここでトライアルに向かわず西宮Sの方に向かわせた意図は…

2歳戦といえど中距離戦なので気になるのが野路菊S。これは一騎打ちになるんでしょうか。

 

<海外>

今日も予想はナシ。打って変わって来週はGⅠラッシュか…。

 

今回台風は日本列島を沿うようにして通過。思ったより速度を上げていきました。

これでほっとしたのもつかの間。次の台風は今のコースのまま進んで発達すればもしかして…

|

« 週末天気が荒れるなら… | トップページ | 節制…節制せねば… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末天気が荒れるなら… | トップページ | 節制…節制せねば… »