« 人知れずこっそりと | トップページ | 大口投票と »

2008年10月11日 (土)

プレップ重賞2クラ

京都大賞典・後藤ちゃんファンとすれば7年前の苦い思い出を忘れることはありません。

高校入試を目前に控え勉強に…まったく打ち込まず遊びほうけていた時期でしたが(笑)、あの日もドリーム競馬を見ていました。メインレースで悪夢が起こることを知らずに。

繰り上がって勝ったのがテイエムオペラオーでしたが、竹園オーナーはこの件で怒ったらしく、今年の川越特別でテイエムアタックに乗るまでほとんどこのコンビはなかったはずです。

有名な木刀事件とともに苦い記憶ではありますが、その次の年にふたたび手綱が回ってくるのがアドマイヤコジーン。あの安田記念も忘れることはありません。

 

一方の毎日王冠といえば、昨日Gallopを立ち読みしたときの表紙を飾っていたサイレンススズカ

ということでもう10年前になりますか。あのときは…小学生か(笑)
記憶力は飛び抜けていいとの自負がありますが、このレースも印象強く焼き付いています。

ちなみに競馬を始めた年の2歳世代が95年生まれ。いわゆる平成の最強世代です。

競馬を始めてからでは国内外を問わずパーフェクト連対だったエルコンドルパサーがもっとも強い馬だなと思っているんですが、その同馬を一度引き寄せてから再び突き放す完勝でしたね。

 

今週から東京・京都のもっとも華やかな組み合わせが始まります。2連続開催の初週ということもあって中盤の500万下戦はほとんどダートばかりですね。

土日の東西最終、太秦S、ペルセウスSと7F中心の6レースありますが…土曜の10.5Fにはプレシャスピクセルの名前が。今日は雨で砂をかぶりにくいし機嫌良く走ればここ2戦のような走り方ができるはず。ってさすがに人気してる…

そしてこの季節から始まるのが若手騎手限定戦。これは三浦くんにとっては馬しだいでタダもらいなんじゃ…と思ったらファルカタリアで完全に一本かぶり。勝てるところは確実にモノにしておきましょう。今週いくつ勝てるかな?

 

<海外>

ヴィットーリオディカプア賞…はまだ出馬表がでていません。
分かり次第(というか今夜)追記しますが、イタリア競馬はなかなか情報が入らないのでどんな馬が出るのかするら把握していません…。

 

格式あるステップ重賞といえばやはりフォワ・ニエル賞が思い浮かびます。国内のGⅠシーズンもいよいよすぐそこまできてるんですね。
でもアメリカってステップレースからGⅠだよなぁ。

|

« 人知れずこっそりと | トップページ | 大口投票と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人知れずこっそりと | トップページ | 大口投票と »