« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

回顧という名の

恥さらし…ということで今年も1年を振り返ってみることに。

今年は就職活動や卒業論文など、ほんとならそんな時間ないはずなのにきっちり土日だけスケジュールを空けるしたたかぶり。
日単位というより週単位でスケジュールを決めるようになってしまってました(笑)

大きな転換点はちょうどバースデー宮記念だった3月の終わり。
来春から社会人となり(資金上やりくりできないので)競馬から距離をじょじょに置いていこう…という一連の第一歩として国内予想から撤退しました。

ま、さすがに急にぜーんぶやめてしまうことは不可能だったのでまた下半期はフル参戦しちゃってましたが、それでも競馬に割く時間は大幅に減らすことに成功しています。

 

●京都金杯(1/5 1回京都1日11R)

今年から導入されたJRAプレミアム。第1弾の舞台は東西金杯。
この日は後楽園に行ってたんですよねぇ。あれから一度も訪れてないなあ。
で、ちゃっかり者の私はカネトシツヨシオーからワイド流しで上乗せの恩恵にあずかることができましたとさ。

●小倉大賞典(2/9 1回小倉7日11R)

予想は抜群、馬券が…という鬼門レース健在。
マルカシェンクさえ来なければ…

●白富士S(2/9 1回東京3日11R)

小倉大賞典の直後、まだ引きずった状態での東京メイン。予算600円で買ったのがこれ
これなら3連単BOXでよかったの?3着同着でもかなりついてましたっけ。自画自賛しておきたいレースではありますが…

●共同通信杯(2/11 1回東京4日11R・代替開催)

この冬は雪に左右された開催でしたが、府中は開幕から2週連続で開催延期になりました。
サダムイダテンが楽に勝つようなら競馬やめる!と友人に言っていたぐらいメイチで消しましたが、読み通りの結果になって一安心。それから津村くんグッジョブ。

●フェブラリーS(2/24 1回東京8日11R)

これは回顧エントリを見た方が早いですね。
ほんとに楽しかったです。ってこの時期モロに就職活動の真っ最中だ。。

●潮来特別(3/1 2回中山1日10R)

三浦くんのデビュー日。長距離はジョッキーの技量が問われ、しかも減量のない特別戦。
リスキーではありましたが、なにかしら魅かれるものがあってあえて本命に。結果は…

●4歳上1000万下(3/16 1回阪神6日12R)

中山牝馬SやらサンシャインSで悔しい外し方をしたオーラスでトドメを刺されました。フォグキャスケードからは1ヶ月後リターンがくるワケですが…それ以上に…帰りの電車でのできごとの方がショッキングでした。

●高松宮記念(3/30 1回中京10日11R)

華麗に散った…はずが生き残ってしまった。
3ヶ月後、今度はほんとに身をもって知ることになるんですが、人間そう簡単には死なないものです。
とりあえずこれで国内予想のコーナーは終了。じっさいに前日から予想エントリ記事を書くことはなくなりました。

●桜花賞(4/13 2回阪神6日11R)

曜日の配列上とはいえ、11年前の同じ日が競馬を始めた日。
あのときは28日(有馬記念)の競馬開催が許可されていなかったため、あの日は皐月賞が行われてましたね。

●皐月賞(4/20 3回中山8日11R)

「見に行こう」と強く誘われたのでたまには…と2度目の訪問となった中山競馬場。
未勝利戦をパドックだけ見て本線的中するなど3週間のブランクがあってもしみついた感性は健在。
これが思わぬ収支につながってしまい…

●3歳500万下(6/14 3回東京7日7R)

よくある買い間違いというやつです。
厳密にはちょっと怖いな…と思っていたので完全ノーマークではありませんでしたが、でもアタマはないだろうと思ってました。
ケガの功名というかたちで単勝の記録更新。

●ジューンS(6/15 3回東京8日10R)

前日ので運を使い果たしたのか、9Rの日吉特別で17万を取り損ね。
そして…本命馬が1位入線かと思いきや、ヤネがいないという想定外の結果。源平合戦の富士川の戦いみたいになってたんですねぇ。

●道新スポーツ杯(7/26 2回函館3日9R)

ちょくちょく穴馬として買っているヤマニンパンテール。ここでもちょいと拾ってみたのですが…惜しや、ほんとにあと少しで50倍もついてたんだ。。
ともかくこれで複勝の記録更新。

●2歳新馬(7/27 2回新潟4日6R)

2月ぐらいから友人に出資を勧めまくった馬がデビュー。
結果はいかほどに…
(下につづく)

●層雲峡特別(9/6 1回札幌7日11R)

本命ケイエスシンケイト、対抗メイショウエグル。そろって除外という珍事件が発生。
この時点で返還されなかった馬券は1通りのみでした。これが的中ならすごいんだけどなあ。

●いちょうS(10/25 4回東京5日9R)
●東京スポーツ杯2歳S(11/22 5回東京5日11R)

これぞ不完全燃焼。
いずれもなんとも言えないもやもやが残る1日でした。

●3歳上1000万下(12/14 5回阪神4日8R)
●愛知杯(12/20 3回中京3日11R)
●3歳上500万下(12/28 3回中京6日2R)

ザ・締め切り。3週連続で取り逃がした額の大きいこと…

●朝日杯フューチュリティS(12/21 5回中山6日11R)

レース後のコメントにはひどく不快感を覚えたのですが…
(下につづく)

●尾張S(12/28 3回中京6日12R)

OPを勝つまでに成長したヘイローフジに感激。
有馬の余韻よりもこっちの方が印象深いです。

 

続いて今年的中させた万馬券を。
がんばって去年よりは増やした…はず。

4歳上500万下(3連単)
若潮賞(3連複)

なかなか初当たりがでなかったんですが、開催7日目にしてようやく待望の的中。
…ローカル小倉の平場でというのがいかにも私らしいですね(笑)
後者は同じ日になりますが、掲示板すべてが写真判定→すべてハナ差という大激戦を勝ち抜いた結果思わぬ配当額に。

4歳上1000万下(3連単)

一時期ダートの中距離戦がニガテになっていましたが、これはやや自信を取り戻すきっかけとなった1戦でした。

ダイヤモンドS(3連複)

今年の正月、某データベースサイトの掲示板に「晩稲が本格化しそうな今年はGⅠでも勝ち負けできそう(要約)」と書いておいたアドマイヤモナーク。万葉S,日経新春杯と馬券になりながらお世話になれなかった分を10倍返しぐらいでペイしてもらった1戦でした。
…いや、これは大野くんのおかげと言ったほうが正しいのか(笑)
もうレーザーズエッジはこの世にいないんですよね。。

斑鳩S(3連単)

上のフェブラリーSの日ですね。早朝からダート変更で大喜びしていたのをまだ覚えています。
あれからヘイローフジはOP勝ち馬になりましたねぇ。しみじみ。

大須特別(馬単・3連複)

前走きっちり勝ってくれたキングブレーヴをここでも本命にして攻めました。
1レースで2本万馬券が出たのは初めてかも。

洲本特別(3連複)

本線で決まっているのに馬単がない…。
こんな欲を言いたくなるほどあっさりとスマートギルドが最後方から突き抜けたレースでしたね。

淀屋橋S(3連単)
●4歳上1000万下(3連複)※同じ写真

皐月賞の日、中山で思わぬ的中を手にしてしまい…阪神でちゃっかり勝ちを決めてしまいました。
中山に現地観戦に行き、かつ裏開催のメインでアーバンストリートが勝つ…8ヶ月後同じことが起きるとは。

4歳上1000万下(3連複)

直線でジェイケイボストンコンゴウダイオーが落馬(×をつけた2頭)、13点のうち11点が一瞬のうちに消滅…のはずが残った2点で的中。これは奇跡でした。
そういえばこの日は府中本町で切符なくして、駅員さんに言ったら競馬場への無料入場券をもらってました。すごい運だ…

●金鯱賞(馬単)※電話投票

雨で外出する気がしなかったうえに寝過ぎて出遅れたこの日。出馬表見て5頭ほどチョイス、中心馬から流しをかけたら…という的中でした。

なでしこ賞(馬単)

メイショウボンハオのマクりにあせりましたが、ゴール前で再び先行勢が盛り返して大接戦。これをモノにできたのは大きかったです。

安田記念(3連複)

めったに的中しないGⅠですが、夢を買うだけあって希望と現実が一致したときの配当はそれなりに大きくなります。
ウオッカでこんな的中配当は最初で最後かも。

●3歳500万下(単勝)※電話投票
知多特別(馬単)

買い間違いで218倍という奇跡が起きたあと、今度は実馬券の方でも。
今は常連となった渋谷の居酒屋に初めて行ったのはこの日だったと思います。

長久手特別(3連複)

上述のように東京で悲劇を味わってテンションがた落ちの私を救ってくれたラッキーリップスの逃げ切り勝ち。
単勝オッズが予想をはるかに上回っていました。

●横手特別(3連複)※電話投票

スマートサイクロンの素質にかけてここから馬単・3連複を流しておいたら理想的な結果に。
その前の城崎特別でトムトップの激走もありがたかったです。

3歳上500万下(馬単)

2日前にとある事件が。それから今に至るまで、過去とは別人になってしまった私。
ということで右も左もわからないような状態で競馬に行き、そしてしっかり的中だけはしてくるというのがなんとも…

三陸特別(3連複)

敬意を表して1列目も、ここはキツイだろうと思ったキングブレーヴ。これが飛んでここまでオッズがつくとは。

対馬特別(馬単)
●3歳上500万下(馬単)※電話投票

いずれもオッズが100倍を超えたのですが、どちらも馬番4→3で決着。

●2歳新馬(3連単)※電話投票

上からの続きで…なんと4馬身つけて完勝!
そして相手もきっちり決まりましたが…こんなに高配当となるなんて。
ウインズに出かける直前にテレビ中継で見ていましたが、もっと早くでかけて実馬券で買っておきたかった…というブレイクランアウトのデビュー戦でした。
また、ニガテ新潟の今年唯一の万馬券でもあります(つまり実馬券ではゼロ…)。

●漁火S(3連単)※電話投票
●秋吉台特別(3連複)※電話投票

8月は実家にいたので電話投票で。
前者を勝ったサトノコクオー、骨折明けの今はどんな感じなんでしょう。

3歳上500万下(3連複)

3月にお世話になったギンギラギンをここで再びねらうことに。タイミングよくここでも穴を開けてくれました。

唐津特別(3連複)

上であげた層雲峡特別の前にも珍事が。
コオリナストーンの相手にトムトップを据えた勝負で的中も、なぜか思ったよりオッズがつかず。
後日いろいろな組み合わせを調べてみましたが、やはりこの的中票のみがかなり売れていたみたいです。

小倉2歳S(馬単)

ずらっとならんだ小倉の的中票の一番下。
この夏、新潟がこれでもかというくらい絶不調だったのとは対照的でした。
あっ、ここでユウガのお世話になってるじゃん。

浦安特別(3連複)

3日開催初日。
軸馬ハードランナーがスタートで後手を踏んで万事休すと思いきや、直線で奇跡的なほどの巻き返し。

初風特別(3連複)

3日開催中日、今年の最高記録。
本線決着の3番手にシンガリ人気だったアイオブザキングが差してきました。1頭追加できる点数的余裕があったこと、好みで買い続けてきたことが実を結ぶ結果となりました。

鳥取特別(3連複)

3日開催最終日、こちらも大好きなプレシャスピクセルを買い続けた結果。
いつくるかわからないけど、きたら確実に高配当になるというまさに諸刃の剣。

積丹特別(3連複)
おおぞら特別(3連複)
4歳上1000万下(3連複)

3連複はこういうことがよく起こりますね。

京都大賞典(3連複)

フジは穴を開けて馬券を外されたこともあり、ジュピタは逆に人気に応えて妙味をなくしてしまうんだろうな…と思ったレース直前。
利一さんの馬はもう1頭出ていました。
今は亡きアイポッパーとステイヤーどうしから流す勝負に出たら人気2頭がそろってコケましたね。

昇仙峡特別(3連複)

この日はこれと写真にあるもう1つの2レースしか的中しなかった(デイリー杯がもったいない抜けだったこともありますが)ものの、これも配当の大きさに助けられました。

スワンS(3連複)

1が3つもならぶ日に偶然にも7番を狙うと…やたら来ましたねぇ。

●くるみ賞(3連複)※電話投票

電話投票では3連複フォーメーションが購入できません。でもこれでないと…というときは時間がかかりますがフォーメーションを分解して投票という手段に。アタマ差での的中は大きかったです。

銀嶺S(3連複)

今秋の東京開催、ダート準OPはほとんど3歳牡馬のもの。
これに気づいて勝負に出たら…やっぱりその通りでした。

キャピタルS(馬単)

勝負レースがなくって困った日。
シンプルに信頼できる馬から流す…という策がうまくハマったレースでした。

3歳上500万下(3連複)
揖斐川特別(3連複)

8ヶ月ぶりに行った中山で3週間ぶりの万馬券。
この日のローカル中京メインでアーバンストリートが勝利。もちろん皐月賞と同じく友人といっしょに行ってました。ゲン担ぎにしようかな…

有馬記念(馬単)

今年はまだまだGⅠでの連対はムリか…と半ばあきらめつつも流しの相手に。
ファン投票で名前を入れた身としてはシンガリ人気はあまりにもかわいそうでしたし。
こうしてインパクトある1年のフィナーレを飾ることができました。

去年から大幅に的中数が増えているというのに…。

 

それから今年の私的エクリプス・カルティエ賞は年をまたいで来年どこかのエントリで。

みなさま、よいお年を。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

1人でいるよりも

(今回は臨時更新となります)

 

前夜。PAT口座に入金しようかやめようかで悩んでいました。

理由は中京が1Rからアロウワンス戦だということ。PATで入金&振替しておけば前日投票で寝坊しても問題なし。でも寝坊せず早く起きたら問題ないやということでけっきょくパスすることに。

起きたら10時15分を過ぎてました。早くも中京1Rは確定。これは外れだったので一安心。

で、もうひとつ買えなかった中京2R。どうせこれも…

081228 こちらが前夜に決めておいた買い目のメモ。
赤線の通り的中票がきっちりふくまれていました。しかも8点しか買う予定がなかったレースで。
こういうときにかぎって136倍もつくなんて…最近こういう取り逃がしが目立ちますねぇ。

ちなみに一番上は中山5R。ここでもきっちり単勝13を買えといってるのに買ってないし…けっきょく24.1倍もついてるし(泣)

と、朝起きてから流れが非常に悪かったのですが…日課のブログチェックをしていると、どうやらてんちょ~が府中にいるようす。
フェブラリーS前夜の麻雀から10ヶ月も会ってないなあ。

で、中山6Rから怒濤のアロウワンス連戦(10分間隔)をなんとか早めにこなしながら人捜しをすることに。

ようやく時間に余裕ができたのはグッドラックHのころでしたが、そこでようやくてんちょ~発見。
あ、あおぞらさんに西川兄さんまでいらっしゃる。兄さんとは1年2ヶ月ぶりではないですか。ほんとにごぶさたしておりました。

 

前回タイトルにあげたように特別戦はすべてプレミアム対象レース。さあはりきって…

グッドラックHはコーリンヴァリウスからでタテ目。

フェアウェルSは私にしては珍しい馬番塗り間違え。

馬単的中…と思ったら阪神9Rは対象外の平場でした。

 

有馬記念は前日買いですでに2000円近く買ってあったのでほとんど買い足さないことに。

人気どころで決まりそうで妙味がなさそう…ということで原点に立ち返り、「有馬記念はファン投票で出走馬の顔ぶれが決まってくるんだから、自分が投票した馬を応援することにしようっと。」と思い至りました。

で、ファン投票時に10頭投票したなかで出走してきたのが4頭。

08_arima_kinen 「ユウガ差せえっ!」と思わず連呼。
ケンカを売りに来た馬がどんどん脱落していくなか、道中最後方にいたのが幸いしたようです。とはいえ、勝ち馬との差は数字以上に決定的でしたね。
3連複はダイワ・マツリダの2頭軸でしたが、上の4頭がワンツースリー(と12着)だからBOXにしてもよかったかもしれません。

なんだかんだで重賞、とくにGⅠをニガテとする私が半年ぶりにGⅠで笑うことができました。

それよりも尾張Sでヘイローフジが勝ったことの方がうれしかったりするのですが…

 

ということで2008年の競馬は和了。

土曜は渋谷で居酒屋の店員さんや常連さんにすっかり顔を覚えてもらっているのですが、日曜の府中はたいてい一人。

今年のJRAは「CLUB KEIBA」をキャッチフレーズにしていますが、やはり見知った人と交流しながらの方が楽しいものですね。

本日はどうもありがとうございました。またお世話になります(笑)

 

次回が今年最後のエントリなので、また1年の回顧でもしてみますか。ベストレースの選定をしておかなければ…。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

プレミアムの恩恵にあずかれるか

日曜はプレミアムデーのなかでも特殊な日。特別競走すべてにまでその対象が広げられることで、条件戦で戦う身としてもこれはうれしい話。

今のところ京都金杯(カネトシツヨシオー)日本ダービー(スマイルジャック)で上乗せしてもらってますが、今回もそうなってくれれば。

で、いつものダート戦の確認。
土曜は中山8,阪神最終,サンタクロースS,師走S。
日曜は中山6,阪神8,矢作川特別,フェアウェルS,ギャラクシーSと合計9レース。

師走Sは10頭立て。フラムドパシオンのせいですね…
フェアウェルSはウォータクティクスをはじめグランプリ前に楽しみな一戦となりそうです。

ほかに後藤ちゃんにアラシヲヨブオトコという興味深い組み合わせも(笑)
なんとか関東2位を確定したいためにもジャンバルジャンは落とせない…はずですが、1000万下での足踏みっぷりは周知の通り。何かにアタマとられることも想定せねば。

あらら。マチカネニホンバレがいつまでたっても出走してこないと思ったら休養ですか。。

 

今月(というか実質先月中に)卒論を出して一段落。

することがないので2年ぶりに簿記を再開。こんどは1級ですが…会社法の施行後とあって勘定科目や分類が変更されていてそっちから覚え直さないといけなくなりました。

簿記やってると競馬してるのがむなしくなるんだよなぁ。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

今年は2日ずれて…

今日は世間ではクリスマス。ま、この話は後回しでいいや(笑)

 

<海外>

今年ラストの予想コーナー。今頃3歳戦があるというのも微妙ですが…

金曜にあるマリブSはキャッシュコールフューチュリティの1,2着が再戦。今年西海岸でレースを牽引してきた層が中心なので人気決着になりそう。
距離7Fというのがポイントかも。

Malibu S. (USA-Gr.1, AW7F, Santa Anita)
◎ Into Mischief
○ Georgie Boy
▲ Colonel John

牝馬限定のラブレアSに…なんで出てくる2歳女王。これじゃ抜けたトップハンデもやむなし…と思いきや同じくIndian Charlie産駒が123ポンドを背負うようで。実績に見合った斤量とは言えないのですが。
ともかくBCフィリー&メアスプリントは勝つことができなかったぶん、ここで箔をつけにきたようです。相手も手ごろ。

La Brea S. (USA-Gr.1, AW7F, Santa Anita)
◎ Indian Blessing
○ Never Retreat
▲ Bsharpsonata
△ Country Star
注 Ginger Pop

 

で、タイトルに戻りまして。

スケジュールの都合で私的クリスマスは2日ずれることに。

木曜から2日ずれるってことは…

各場アロウワンスは何レースからか確認しておかなければ。

日曜中京は地獄の1Rから500万下だったような。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

なんとも私らしい

日曜は予定通りに中山へ。皐月賞以来ということで8ヶ月ぶり3回目になります。

愛馬の晴れ舞台を楽しみにしていた友人(残念ながら口取りには漏れたみたいですが)が来るまで時間があるので、とりあえず中山7Rから。

阪神7Rでジョーゲルダから馬単と3連複どちらで流すか悩み後者をチョイス。
ハナ差で外れ。前者なら確実に的中だっただけに、あいかわらず流れが悪い…。

が、めずらしく中山8Rで体勢を立て直すことができ…

081221_1 中京8RでキャピタルS以来の万馬券。
ローカルレースは馬名しかないことが多く、私にとっては非常に困りもの。
今日は馬三郎(競馬新聞でレアなタブロイド判が重宝します)を持ってきてたので馬柱をチェックすることができたのが勝因でした。

メインレース前にようやくスタンドへ。レース前・レース中のいずれもユタカさんへの声援が目立ちました。
ってユタカさんが鞍上じゃなかったら1番人気にはならなかったんでしょうねぇ。

レースの方は…いちおう及第点ということで。
あの馬体からやや不安を覚えるようになりましたが、中距離の方にシフトしていってくれるはず…
Smart Strike産駒はEnglish Channelが好例ですが母系がスピード血統でも距離延長を苦にしません。ちなみにEnglish Channelの2代母は快足馬として有名なCommitted

で、あれから馬券の方は音沙汰ナシ。
もう1ヶ月半も鳴かず飛ばずだし今日もか…と敗色濃厚な中での最終レース。

08_ibigawa_tokubetsu 向こう正面での赤木さんのマクりもすごかったですが、それ以上に稔さんが競り落としての3着がすごかったです。
2走前にヨシトミさんが乗って複勝をもらったダイワオージーともども感謝せねば。
オセアニアボスがあのまま2or3着に残っていれば(馬単・3連複はあったものの)配当面で妙味が激減していたところでした。10Fはやや長いようですね。

ということでローカル開催場で地味~に勝つ、いかにも私らしい日でした。

 

ちなみに土日とも中京がメイン開催場だったのですが…土曜日に悲劇的伏線が。

土曜メインの愛知杯。実績馬より条件馬の方が狙い目だと感じ…ターゲットはチェレブリタセラフィックロンプアドマイヤスペースの外3頭。
この秋の走りを見ているとどれかは来てもいいだろう…といろいろ考えていると…

またも締め切りブザーが。
単勝・複勝の2枚だけはぎりぎり買えたんですが、それ以降の馬単やらワイドフォーメーションが買えず。

08_aichi_hai 直線オレンジの帽子がきて「しめた!」と喜んだのもつかの間。馬単を買っているはずだったもう1頭のオレンジ帽がいて絶句。
せめて大野くんがアタマで…の淡い希望もむなしく2年目・宮崎くんにアタマをさらわれてしまいました。
馬単だけでなく買いそびれたフォーメーションには3通りとも含まれていました。ワイド万馬券はほんとに近くて遠い…

今年1番の悔しいレースがこのタイミングで出るとは。
あとで着順掲示板を見て4着に16とあってなおさらびっくりでした。

 

話を日曜に戻して。

メイン後、クラブのレクチャーがあるからと一時友人と別行動を取っていました。阪神最終(まさかのここでも締め切り)が終わった後、パドック裏にいるよということでそちらに。

Dvc00007 口取りは残念ながら外れだったし、しかも勝利ならず。
それだけにゼッケン持って写真に収まることができて心なしか幸せそうでした(笑)

来春は口取り当選・大きなレースに勝利したうえで同じ写真に収まってもらいたいものです。

ちなみにバックに写っていますが、トキノミノル像ってあんなところにあったんですか。
まだまだ中山競馬場は知らないスポットがたくさん。

 

<海外>

今週はサンタアニタで金曜にマリブS、土曜にストラブSといずれも3歳限定戦。これで今年のGⅠも日程消化を完了します。

 

ともかく今週は日程がアレなだけに資金をストックできてよかったです(笑)

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

一クラ入魂

なんとなくそんな気配がしてたんですが…いざ確認してみるとほんとに1クラのみの騎乗となるユタカさん。
当日のレース前まで様子見する時間的余裕はありますが、「ユタカさんが乗る」前提で出走となったようなものなので、なんとか無事に騎乗してもらいたいです。

…もし当日騎乗アウトになったとして、もしセイウンワンダーが土曜に出走取消したら戸田師はどんな判断をくだすかも気になるところではありますが。
「ユタカが乗る前提で」出走ならば、海外ならふつうにスクラッチなんですけどね。

いちょうSで馬群に包まれる厳しい競馬となったことで、馬体をならべて追われると「お…、お先にどうぞ…(ぼく小さいし譲ります」って感じになったのが東スポ杯の直線。
それを踏まえてか調教は3頭で真ん中から抜くようなメニューをやってきました。

ここですぐに実らなくていいですから、来年の大きなところで陣営の努力が奏功してくれれば。
あ、けっこうメニューをこなしてるわりに馬体重はしっかり増えてますね。

 

今週は中山8R,阪神最終,仲冬S,大阪スポーツ杯の4クラが土曜に、中山8R,阪神最終,香嵐渓特別,千葉テレビ杯のダート戦8クラ。

ジャンバルジャンの除外?、マチカネニホンバレの来週へスライドとやや楽しみが減りましたが、セトノヒットにはようやく浮上できそうな相手関係になったなどおもしろみはたくさん。
(芝ではキタノリューオーの除外が痛いです。およびキングブレーヴがひさびさの芝ってのも…)

カペラSは重馬場に加えハナ争いが過激。これがたたって完全に先行馬総崩れ。レコードが出るのも納得。上がり35秒切るって芝じゃん。。
同じコースで行われる仲冬S。1番人気必至のスリーセブンスピンは毎回すかっとするテンの速さが持ち味ですが、トウショウガナーリボンノキシトーセンブレイクもハナにいきたい馬。有力どころがこぞって前にいって先週みたいになればおもしろいですね。

…ってサンワードラン1ヶ月半で何回走るんだよ…。先週しっかり買わなかった私がダメでしたが、だからといって今回もそううまくいくのだろうか。。

 

ユタカさんの快気祝いも見てみたいですが、北村くんのお立ち台も見てみたいなぁ。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

見るならこっち?

日曜は中山競馬場に行くのもアリなんですが…

こんな企画があるとは。

昔はかなりの高校野球好きで、スポーツ紙の選手名鑑を保管するぐらいでしたが…あの10年前のもじつは手元に残してあります。(98'夏~03'夏まで11大会分ありました)

当たり年だった1980年生まれだけあって、当時の選手名鑑を見直すと「ここにいたのかー」と名前を見つけては懐かしく思い出せる名前が続出。

「4番ピッチャー」でオーダーを組むようですが、当時は5番だったような…
Sバンク・杉内(初戦でノーヒット・ノーラン)から満塁ホームランを放ったシーンはいまだに覚えてます。

…今日書こうと思っていたことは土曜に。
とりあえず今言えるのは…外枠だけ引かないで!

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

今年もやってしまうとは

おととしの花園S、去年の御室特別。共通項は「万馬券的中で喜ぼうとしたら手元からマークシートが…」。

今年の開催もあと5日となった日曜、さすがに3度目はないだろうと油断してました。

…こ、今度は単勝万馬券かよ。。
081214 ずっと買い続けていたヴォレハクユウ。前走の内容がイマイチで購入をためらっていたところを締め切られてしまいました。
この2レース後にもコレデイイノダが勝つなど、追いかけ馬にやられてしまった日でした。

同時に単複の破壊力にも痛感。ワンコインでこれだけ期待値の高い券種もないですねぇ。

 

<海外>

今週はハリウッドでキャッシュコールフューチュリティ。2歳戦なので今週の予想はお休みです。

 

日曜日…皐月賞以来の中山も考えておこうっと。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

砂上の熱戦…のはずが

今週から中京開催が始まっていよいよ年の瀬がそこまで来ていると実感しています。

そんな今週は土曜が中山8R,阪神最終,鳴海特別,南総特別,北総S,ベテルギウスSの6レース。日曜は阪神6,8R,舞浜特別,御影S,カペラSの5レース。
なんと11レースもダート中級上条件が組まれています。

それにしても6Rから1000万下って…。
しかも土曜の中山8Rと南総特別って混合戦かどうか以外同じ条件。これは設定ミスとしか言いようがないですねぇ。せめて土日にばらけさせればいいものを。

で、土曜阪神のベテルギウスS。今年は2週前倒ししてここに持ってきたことで、JCダートに出られなかった馬たちがこぞって参戦。顔ぶれだけなら重賞クラスとなりました。
土日とも後藤ちゃんは楽しみな馬に騎乗しますが、先日年間100勝(というより通算1111勝)のインタビューから聞くに栗東トレセンにけっこう足を運んでいるみたいですね。

これは火曜からわかっていたので今も楽しみではあるんですが、もうひとつの北総Sを見てテンション降下。
マチカネニホンバレがまさか除外されるとは…この秋の府中開催でたくさんの馬の勝ち上がりを見てきましたが、もっとも印象的だったのが同馬の1000万下戦でした。
これが出てこないのはけっこう残念。

さておき今週は中山D12.5Fが500万下にあるなどダートの番組がとにかく多彩です。
年初のこの条件は天才が単勝万馬券を出してましたね。

タカオセンチュリーはいつになったら勝てるんだろうか…これだけきれいに2,3着が続くと馬主さんは喜んでいいのかかなり複雑でしょうねぇ。確実に稼げるけど上でも見たいんだよなあ。

…あ、そういえば冬の開催は中山→中京→阪神の順番でしたっけ。

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

左回りと右回り

先週のジャパンCダート、今年から阪神開催になって「右回り」に変更&距離短縮されました。

我が国の中央競馬では新潟が改修工事で左回りになり、左3右7となっています。
一方アメリカは左回りばかり。なのでアメリカ馬はコーナリングがどうなのか…ということにもふれました。

ま、結局のところ手前をうまく替えられる器用さがあれば問題ないでしょう。おそらく。
アメリカで左回りがニガテな馬がゼロだとは思えませんが、郷には入れば…ということでなんとかこなしているんでしょうね。

何を言いたいのかよく分からなくなってきたところで本題に。

 

<海外>

日本からは4頭が参戦する香港国際賽事。
今年もHKJCのサイトで確認していますが、英語と中国語(繁体字)で見比べるとおもしろいですよ。

たとえば安田記念。これは現地でも発売されているレースなんですが、こちらが中文バージョンの結果表。
どれがどの馬か分かりますか?(文字化けしてるはずなのでエンコードを「繁体字中国語」にしてください)

<香港瓶>

去年はなかなかいい予想だったと自分でも思えるヴァーズ。あの3連複は買いたかったなぁ。
その覇者Doctor Dinoが連覇に挑みますが、相手からかなりチャンスあり。

一方で網絡電郵にも勝ち負けできそうな相手関係ともいえます。
前走やられた相手はその後GⅠ馬たちをぶった切っただけにここは株を上げておきたいですね。

Hong Kong Vase (HK-Gr.1, T2400m, Sha Tin)
◎ Doctor Dino
☆ Packing Winner
× Douro Valley
× Purple Moon
× ジャガーメイル
× Poseidon Adventure

<香港短途錦標>

スプリントは6Fになって3年目になります。
去年の王者Sacred KingdomがスプリンターズSに来てくれると思っていたらけっきょく出走かなわず。それだけでなくここにも姿を現さないのが少し残念ではあります。

同じく来日を期待していたんですが…のApache Cat。この馬はなんといってもそのチャーミングな白面が特徴的。さらにメンコがホワイトだからほんとに頭全体が真っ白で目立ちます。
モーリスドゲスト賞3連覇でカルティエ賞を受賞したMarchand d'Orとレイティング通りの一騎打ちになりそう。去年は力及ばずでしたが、今年の強さは目を引きます。

南アフリカで良績を残しているMythical Flightや前哨戦を制したEnthusedが続きますが、桂冠戦士東商勇者の2頭はどこまでやれるでしょうか。
って日本馬以外ぜ~んぶ騙馬です。負けるな!(笑)

幻の無敗GⅠ馬Overdose(先月イタリアでまた楽勝してました)の実力を知るためにもAbbadjinnの走りは気にしておきたいところ。

Hong Kong Sprint (HK-Gr.1, T1200m, Sha Tin)
◎ Marchand d'Or
○ Apache Cat
▲ Enthused
△ ローレルゲレイロ
☆ Mythical Flight
× Abbadjinn

<香港一哩錦標>

マイルといえば2年前。本命ダンスインザムードこそすっ飛んだものの、代わりにアタマはあると特注を打った馬から奇跡的な印順で掲示板を独占したのが思い出されます。5着Linngariなんてシンガリ人気でしたし。
(…って去年も同じこと書いてるし。過去にすがっていてはいけませんねぇ。。)

で、今年は日本から超級黄蜂が参戦、海の向こうで初GⅠといきたいところなんですが…こんなに相手がそろうとは。国際GⅠ馬は5頭(Armadaのぞく)いますね。

前走は人の力みが馬に伝わってしまった…そうなので、今回は(難しいけれど)挑戦者の立場でリラックスして挑んでください。

Hong Kong Mile (HK-Gr.1, T1600m, Sha Tin)
◎ Pressing
○ Armada
▲ Good Ba Ba
△ Kip Deville
☆ Major Cadeaux
× Natagora
注 スーパーホーネット

<香港盃>

メインレースのカップには日本勢の選出はナシ。とはいえあちこちから6頭のGⅠ馬、相手さえ違えばGⅠ馬になっているであろうものをふくめるとかなりの顔ぶれになりました。

BCターフは早めにレースが動く展開。本命ソルジャーがしごきにしごいているなか、4コーナーを抜群の手応えで回ってきたEagle Mountain。このまま押し切ってしまうかという勢いでした。
…ですが、それ以上に鮮やかな末脚であっさり差し切ってしまったConduit(なんだかJCのマツリダゴッホみたいな感じでした)。さすがにこれは強さを認めるしかありませんね。これが出てこないここは勝ち負けしておきたいです。

地元の雄Viva Patacaも前走を勝っていい感じで臨めそうです。

そして何よりLush Lasesの参戦が盛り上げてくれます。
ナムラクレセントと同列にするつもりはありませんが、荒削りなレースっぷりがセールスポイント。本気で走ったことはまだないような気がします。来年も楽しみなんですが、ここでどんなレースをしてくれるでしょうか。

Hong Kong C. (HK-Gr.1, T2000m, Sha Tin)
◎ Eagle Mountain
○ Viva Pataca
▲ Lush Lashes
△ Linngari
☆ Out of Control

  

で、ふと思い浮かんだのですが…陸上競技のトラックって例外なく左回りのような気がします。

小中高の校庭もことごとく左回りでしたし。右回りで運動場を走った記憶がありません。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

第13回ガーネットS

今週日曜の中山メインレース。
表向きは新設重賞となっていますが、実態はタイトルの通り。

来年から3歳牝馬向けにリニューアルされるフェアリーSの方が新設重賞といってよいでしょう。あちらはマイルになるので、今までのような救済レースとは違うものになるかもしれませんし。

 

今週も土日いずれも阪神で騎乗しそうな後藤ちゃん。両日ともメイン勝利やれそうな想定になってますね。

それにしても土曜のメインレースは3場とも楽しみなものになりそう。

 

<海外>

今週は土曜にハリウッドスターレットSがありますがこれは2歳戦(牝)。
そして日曜日に香港国際競走。これが終われば残る予想レースはマリブ・ラブレアの2つのみ。

早くも今年のカウントダウンが現実味を帯びてきました。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

だんだん早くずれてくる

2歳の条件・OP特別が頻出してくる時期になりました。
つまり1000万下が前にずれて8Rどころか7Rがふつうになる季節。これは非常に困りものです。

そんな今週のダート戦。
土曜にゴールデンスパーT、東西8Rの3レース。日曜はメインにJCダートがありますが、アクアラインSに東西8Rの4つ。

 

アクアラインSにはアナモリの名前が。キレに磨きをかければ第2のブロードアピール襲名も…

管理するのは気鋭の吉田師。先日スーニで交流重賞を勝つなど世界のスミイズムを吸収して勢いのある1人。そっか、例のキクノサリーレもこの人の管理か(武蔵野Sが重賞初制覇)。

で、キクノサリーレは後藤ちゃん。スーニは内田さん。
ほかにもマイネルクラッチは博康くん、クラリオンコールがアンミツさんと関東のジョッキーをうまく使っているのが目立ちます。

そして今回アナモリにテン乗りとなるのが三浦くん。ユウガのお手馬ではありますが、ここで主戦を奪っても…

 

関東のジョッキーをうまく使う栗東の調教師で思い浮かべるのが石坂師。

中央GⅠ6勝のうち2つがヴァーミリアン・ユタカさんのコンビ。
それ以外はエダテル(ダイタクヤマト)後藤ちゃん(アロンダイト)中舘さん(アストンマーチャン)東のユタカ(ブルーメンブラット)といずれも美浦のジョッキーで制しています。

ピンチヒッターとして岩田さんが手綱をとることになりますが、ユタカさん以外の栗東のジョッキーで初めてGⅠ制覇となるでしょうか。

 

<海外>

ハリウッドターフCは去年2着だった忘れ物を今年こそ取りに来てもらいましょう。
牝馬のみのメイトリアークSをスクラッチしたBlack Mambaはここに来ますか。

Hollywood Turf C. (USA-Gr.1, T12F, Hollywood Park)
◎ Champs Elysees
○ Black Mamba
▲ Church Service
△ Obrigado

 

だんだん早くなるのは日の暮れも同じ。あと3週間で冬至になりますが、それ以上に寒さが加速してきましたねぇ。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

ワイルドなんとかスピード

またも名前をくっつけてみました(笑)

阪神D10Fで雨降って時計勝負なら片方はめっぽう強いんですけどねぇ。

では今年やってくる外国馬を。

 

今年のハリウッドゴールドCを逃げ切って勝利したMast Track。世界に名を知られるボビーが刺客を送り込んできました。

まだ成長は先だと見越してデビューも3歳、重賞戦線にもほとんど出てなかった同馬ですが、4月のアロウワンスでBrother Dereckを破ってオールウェザーで初勝利をあげると、シューメイカーマイルでGⅠ初挑戦。結果は5着でしたが、次のハリウッドゴールドCを制しました。
このレース、スローの逃げ切りという理想的な展開であったのはメモしておきたいところ。

24.41, :48.88, 1:12.98, 1:36.94, 2:01.37(HW金杯:単騎逃げ→1着)
23.40, :47.36, 1:12.20, 1:37.06, 2:01.18(PC:4番手先行→3着)
23.26, :46.81, 1:10.31, 1:34.86, 1:47.11(GWS:2頭逃げ→8着)
22.24, :45.02, 1:08.57, 1:33.41(BCDマイル:先行集団→5着)

その後のレースは上の通りです(すべてオールウェザー)。BCは全体的に際立ちましたが、ペースが速くなれば差し馬には願ってもないレースになるのがこの馬場の特徴。
ってタイトルの馬の片方がレコードを出したときは芝並みだと思ったのにこの馬場ではこれぐらいがふつうです(田村師もPコースの調教で「時計がでやすい」と言及してますね)。もはやダート成績に入れるより芝成績にカウントしたほうが…

なお同馬はチャーチルダウンズへの遠征もありますが、そのときは芝コース。西海岸中心で走っていることもあってダートは初めてになります。

 

近走成績を見たら絶対に無印だったんですが…今年一番の穴予想で対抗に抜擢したらシンガリ人気でアップセットを演じたFrost Giant。そのせいかサバーバンHは来年からGⅡに降格の憂き目にあってしまいました。

もともとはTaborさん中心の所有でBallydoyleにて調教されていて、キラヴーラン・キルターナンの両重賞を制していました。とはいえ若干頭打ちの成績で生まれ故郷のアメリカで活路を求めることに。
アロウワンスではまずまずの成績でしたが、重賞まではどうかな…というところでの番狂わせ。

レース自体は逃げ馬を早めにとらえ交わされた後に再び差し返すという根性ある勝ちではあったのですが、いかんせんメンバーが手薄。そりゃ格づけも落ちますね。
次走のノーザンダンサーターフSは競走中止扱いになっていますが、ベルモントSのBig Brownと同じで最後は追わずに入線というものでした。

 

そういえばこないだ重賞勝ってたなぁ…と調べてみるとパーフェクト連対という驚きの成績だったTin Cup Chalice
調教師が自家生産していて、かつセリが主取りだったことから調教師・馬主・生産者がすべて同じという日本ではまず見られない組み合わせになってますね。

ふるさとフィンガーレイクスでデビューし4連勝。いずれも完勝でした。
ニューヨーク州には産地限定競走でマイクリーS・NYダービー・アルバニーSの3つをスイープするとボーナスがもらえる制度がありますが、この制度ができて初めてハットトリックを達成しました。

基本的には逃げる脚質のようですが、無理にハナを取りにいかずとも前でレースを運べれば問題ないようですね。

相対的な強さはさておき、あとは相手強化でどうかという点。
前走のインディアナダービーでくだしたPyroはクラシックを嘱望される1頭でしたが、今年は期待されたほどの結果が残せていません。
アルバニーSで1番人気だったBig Truckはタンパベイダービー勝ち馬ですが、その後のGⅠで歯が立たず。同じくここに出ていたIcabad CraneはプリークネスS3着ではありますが、このレースはBig Brownに恐れをなして有力どころが出てこなかったという背景があります。

 

共通して気になる点ですが、アメリカは左回りオンリーなので右回りがどうなのかは走ってみないと分からないですね。(てきとーかつごもっともな結論;笑)

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

あと2頭…ムリそうだなぁ

月曜は昼からあちこちコンビニに出向いてGallopの立ち読みをしようとするも…どこにもない。。

先にブックを発見したので目を通すと…きれいに無印。展望記事を見ても馬名が出てきません。。
そしてようやくお目当てを発見。今度は印がずらっと並んでました。

ふむふむ…と思いつつ気になる出走順位を確認すると…18番目。フルゲートは16頭なので上位2頭が出走馬決定までに回避しなければ出走はかなわず。
回避しそうな馬も見あたりませんでした。

勢いのある今のうちに大きいところで走ってどれくらいやれるかを見たかったんですが…前走と同じコースのフェブラリーSには出走できるよう冬にもう1つ勝って、5連勝で臨んでほしいものです。

本命予定馬が出走できなさそうなのでテンションさがりますが、次回は外国馬3騎について書いておきます。

 

<海外>

今週はハリウッドターフCがあります。

来週は香港で4GⅠ、日本馬は4頭選出されているようですね。

ジャガーメイル、案外ヴァーズのメンバーが(上1頭以外)それほどでもないのでチャンスはありそう…でも脩くんじゃないだろうなぁ。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »