« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

荒れるのは配当だけで…

今週は東京・京都の開催。
やはりこの組み合わせが一番しっくりきます。

そんな第1週のダート戦。土曜は東西最終,東京8,春望S,北山Sの5つ、日曜が東西最終と根岸Sの3つ。

またまた京都にはD9.5F戦が組まれています。この開催ではもういちどどこかで4Rに組まれていたような気がします。意外と多いですね。
東京では土曜の500万下、日曜の未勝利にT12Fの王道コースがあります。

先の東京8Rではジャンバルジャンが得意のコースにお目見え。馬場を考えるとかなりの先行有利になりそう。不凍剤散布で時計はそれほどかからないかもしれないですが。
このコースが得意なメイショウゲンスイも前にいきたいタイプですし、他の有力どころもどちらかといえば前の方がいい派。ってメンバーそろってますねぇ。

今週から東西の発走順が逆になるのは気をつけておきたいですね。

 

<海外>

土曜日にドンHが行われるガルフストリームパーク。その8RにあるメイドンでNicanorがデビューを迎えます。GⅢホーリーブルSより後、メインレースの手前というレース番からしても注目度の高さがうかがえますね。

で、メインのドンH。
BCダートマイル覇者Albertus Maximusやエクリプス賞にもノミネートされたEinsteinが出てきます。

サンタアニタでは牝馬のサンタモニカH。斤量を見れば一目瞭然ですが、BCフィリー&メアスプリントの再戦。
エクリプス賞受賞馬Indian Blessingを4馬身ちぎったVenturaの方が1ポンド多く背負うことになりました。

それから日曜はガルフストリームパークターフH。今年からハンデ戦に戻った以上に、距離が2F短縮されたのが大きな変更点。
3連覇がかかるEinsteinはハンデを嫌ったのかダートのドンHの方に回りましたが、Red Rocksや今年だからこそ出てきたKip Devilleの名前がありますね。

オーストラリアではグローバル・スプリント・チャレンジ開幕戦のライトニングS。
こちらは去年の1,2着がまたまた顔合わせですね。

 

この天気…荒れるのは馬券だけにしてください。。

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

事件ですよ

犯人は「買い間違い」またの名を「マークミス」。

 

事件発生は京都7R発走直前。

ここはメイショウコレットアドマイヤミスティマチカネオイカゼの3強でやむなしの顔ぶれ。
それでは妙味がゼロなので何か1頭だけ買おう…というのが前夜の見立てでした。

直前の中山7Rでニシノテンカダイレクトパスの単勝を買って中心に据える攻めの姿勢。
なのに3連複が抜けるというあいかわらずな感じでした。そんな流れのなか…

あ、間違えた。中京8Rの予想してる場合じゃない

締め切りベルが鳴ったので慌てて「ダートに戻るサラバンドだけは買わねば」とぎりぎり購入。

なくした(おそらく感情に任せて捨てた)ので写真はありませんが、京都7が中京8になってました

道中いい感じで進むサラバンド。だんだん血の気が引いていく私。

あ…アタマだけは堪忍してくれーー!

きっちり人気3頭を従えて完封勝ちでした。単勝34.7倍を待っていたというのに。

 

…と今回の事件はこれで終わらず。

つづく中京8R。せっかくなので手元に残しておいたさっきの馬券を中心に、人気どころへ流し
(ここも人気3頭で堅いというのが前夜の見解でした)

スタートで立ち上がった馬が1頭。ジョッキーをゲートの中に置き去りにしています。

あ、あれは…

 

下線部から何が読み取れるかはもうおわかりのはず。

こういうオチになってダブルショックだったのはいうまでもありません。

 

抜けやミスがやたら多かったこの日の競馬。
長篠Sはマストビートゥルーの単勝とドリームサンデーとの馬単を持っていたのでかなり楽しめましたが…何とも言えない僅差でしたねぇ。おそるべしダウジング予想。

そしてまたもや京都最終に…

ご一緒させていただいた西川兄さんがオオヒメセントエドワードを推奨
オッズ的に後者の方が妙味がある…

ということで馬単を流し、3-3-7のフォーメーション3連複でさらに勝負をかけておくことに。

この組み合わせなら(軸3+ヒモ4)13点ということはもう頭が自然と覚えています。しかし…

投入金額が不足しています
なぜに22点??

う…またまたやってしまった…

090125 …のが幸いしました。
おそらく3列目のオオヒメがミスなんですが、上の下線部のこともあり、訂正せずにおいたのが吉と出ました。
これは兄さんさまさまです。助かりました。
(ってか何だよこの背景は

ともかく、買い間違い事件に翻弄された1日でした。

 

<海外>

アメリカは先日のサインシャインミリオンズシリーズがあったように、カリフォルニアとフロリダが冬の中心開催地。
同シリーズは先の2地区の限定戦で、州別対抗戦となっています。けっこう高額賞金なんですよね。

それで今週からGⅠ戦線が開幕。カリフォルニアでサンタモニカHが、フロリダでドンHとガルフストリームパークターフHの計3レースがあります。

今年から予想はやりませんが、間に合えば軽い展望などはしておこうと思います。

それから、Nicanorのデビュー戦も今週でしたっけ。

 

<備忘録>

新たに登場したこのコーナー。次走へのメモとして残しておくべき事項を書き留めておきます。
メモしながらそれを忘れて、激走された後に気づくんだろうなぁ。

ということで、濃尾特別からウォーターリングを。

あれが勝ちパターンのアクセルファイヤーがきれーいにマクりを炸裂させたのが印象に残りやすいですが、その一方でこんなことが。

4コーナーを向いたところでキャラメルチャンが内に切れ込んで首をあげる不利。
さらに今度はラストアローがラチから外に出そうと右に進路を取ったことでまたまた進路カット。

2度もパッチンくらって残り100mで7番手まで下がりますが…あれでよく脚が(というかやる気が)残っていたものです。

一度交わされた馬たちの間を縫うようにぐいぐいと伸びて2着。

トラウマになる可能性があるのが気がかりですが、あんなレースぶりができるなら牡馬と混じってもやれそうかも。

 

あれ?

今週の東京・京都開催から発走時刻が西→東になってる…

これはある意味事件だ。。

マーチSって最終レースになるんですね。

 

それではみなさん、川崎競馬場での健闘をお祈りします。

| | コメント (2)

2009年1月25日 (日)

扉が開くまで

目の前に扉があります。その前で立っています。

その扉が開く気配はありません。
でも、その扉に触れることはできません。扉が開くのを待つしかないのです。

必ずしもその扉が開かなければ先に進めないというワケではありません。ほかに歩む選択肢はたくさんあります。

もしこんなシチュエーションにおかれているならばどう行動しますか?

いつまでたっても変わらないのであればその場にこだわる必要はないでしょう。
もしかしたらふいに開くかもしれません。

 

私なら――その向こう側にあるものが必要なものだと感じれば――あちこち寄り道をするかもしれないですが、ずっと待ち続けるでしょう。

もし一生開くことがなくても、待ち続けたことには後悔しないと思います。

 

 

…とたまにはたとえ話でも書いてみました。なんのこっちゃ。
久しぶりのカテゴリなので、ちょっとはブログっぽくなったかな?

次回は日曜に起こった「事件」について。

| | コメント (4)

2009年1月24日 (土)

発見×2

今週はダート戦8クラ。
土曜は中山・京都の最終にメインのアレキサンドライトS,羅生門S。
日曜は中山・京都の最終と、中京も最終の牝馬限定・濃尾特別がダート。平安Sから4レースすべてダート戦になるのはうれしい話。
今週で京都以外は開催終了になりますね。

その平安S。馬体重が気になってしょうがなかったクリーンの名前こそないですが、GⅢではもったいない顔ぶれとなっていますね。

ちなみに有力どころで主戦を務める哲ちゃんですが、エスポワールシチーダークメッセージサンライズバッカスとぜいたくな選択肢からエスポワールで続戦。

今後のことを考えて時計勝負でのガチンコ勝負を見たいのですが、さすがに冬場にそれを望むのはムリか…。

 

若駒S、やはりここに出てきたキクノアポロ

自身の配合やロジータのいとこということもあって、ダート馬だろうと思われて今回も人気しないはず。
わざわざ関西馬の同馬に脩くんが乗りにくるという強気っぷりも気になります。勝てばちょうど200勝達成ですね。

…いや、やっぱりダート向きだよなぁ。

 

平安Sに戻して。
出走馬からダークメッセージについてある発見が。

別館にてあれこれ書いたのでここではあまり書かないでおきますが、母エヴリウィスパーの産駒についてこんな偶然がありました。

産駒がコンスタントに活躍しているすばらしいお母さんですが、とくに最近はダークメッセージミッキーウィスパートーセンジョーダンがここ2ヶ月の8走すべてで連対。
この3頭のローテーションが…

11.16 トーセンジョーダン 未勝利
11.24 ダークメッセージ トパーズS2着
↓(中1週)
12.06 トーセンジョーダン 葉牡丹賞
12.13 ダークメッセージ ベテルギウスS2着
↓(中1週)
12.27 ミッキーウィスパー 500万下
12.28 トーセンジョーダン ホープフルS
01.04 ダークメッセージ 門松S
↓(中1週)
01.18 ミッキーウィスパー 1000万下
01.25 ダークメッセージ 平安S?着

偶然こういう出走間隔になったとはいえ、ここまで規則的になるとは。
2頭の弟ががんばった翌週に、兄も負けじと勝っていますね。

…やっぱり今回は2着なんでしょうか(笑)

 

おや、日曜中山2Rでも発見。

アポロドルチェのアーリントンCで一時期関係が冷え切っていた後藤ちゃんと堀井師・アポロTC。
数ヶ月たって堀井師の管理馬には騎乗しているのを再び見かけるようになったんですが、ついにアポロの馬にまたがるときが来たようで。

おそらく隼人くんの代打でしょうが、ここで結果が出ると復縁もあるかも。

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

3ケタ勝利巴戦

この時期は2,3勝固めるとすぐにリーディングで浮上できることもあって、ふだんはお目にかかれない人の名前があるなどなかなかおもしろいものです。

そんななか、通算100勝に近い有望株が3名。

今週から騎乗解禁になる浜中くんが95勝、いわずもがなの三浦くんが98勝、そしてここ最近の成長が著しい大野くんも98勝。

チェレブリタで一瞬「やっと重賞に手が届いた…」と思わせた大野くんは今年の5勝のうち2つが単勝万馬券。
天才・大庭、エダテルさん、勝浦さんにならぶ穴男になりつつあります。

この3人、最初に100勝の大台に乗るのは誰になるでしょうか。

 

次回の土曜日は(別館にてすでに書きましたが)エヴリウィスパー産駒についてあれこれと。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

あ…今週もある

身辺に何が起こっても週末には変わらず競馬があるということで今週のダート戦をチェック。

土曜は京都最終,初茜賞,雅S,ジャニュアリーSの4レース。
日曜は京都8・最終,初凪賞,天白川特別,遠州灘Sの5レース。

天白川特別にはホワイトベッセルが出走。
雅Sはハードシーキングが取り消して8頭ですが密度は濃いですね。
個人的にははこべら賞なんかも気になるんですが…

あと土曜中山8RはD12Fの長丁場。
そして日曜京都8RはD9.5F。年に1度かと思いきや今週もあるんですね。

 

前エントリで名前をあげたのがちらほら出走してくる今週の競馬。さて今年も活躍してくれるかな…?

日経新春杯はアドマイヤモナークダイワテキサスアメリカンボスタイプなのか、それともタップダンスシチータイプなのかを見極める一戦になりそうです。

いずれも高齢&有馬で激走したのが記憶に新しいですが、アメリカンボスは有馬でしっかり取らせてもらった→次走大敗、タップダンスシチーは有馬ではイマイチお世話になりきれなかった→次走勝利できっちり返してもらったパターンでした。

今回は有馬で取らせてもらった→??
はたしてどうなるやら。

 

余談ですが、尾張S→淀短距離Sのローテの多いことといったら…

日没の関係で先月から中山→中京→阪神/京都の順番に発走でしたが、今週から元に戻ってますね。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

遅ればせながら表彰

「私的JRA賞2008」をようやくここで。
去年お世話になった馬をあげてみましょう。

 

<2歳>

あれだけ応援しているブレイクランアウトが新馬戦しかお世話になっていないので腹いせに該当なしに…。

惜しかった、という点ではキクノアポロでしょうか。いかにも勝っても人気しないタイプなので穴党は重宝しそうな馬です。…えっ、次は芝なの?

牝馬の次点はイナズマアマリリス。ファンタジーSの単勝はかなり威力がありました。

 

<3歳>

昨年も3歳馬にはそれほどお世話になってないなぁ…

あ。いた、例のアレが…

ということで買い間違いがとんだケガの功名となったスーパーミッション。同馬の回収率は21800%ですが、その後の骨折は悔やまれますね。

鮮やかなレースぶりからはブイチャレンジを次点に。また府中で前が飛ばしあえば…道中しごきまくりながら伸びてくるシーンを見られるかも。

 

<古馬・短>

無難にヘイローフジでいいかな…と思ったものの、最高配当が出たのはこのカテゴリの初風特別。
なので立役者になったアイオブザキングにその座を譲ってあげましょう。500万下から気に入ったのを追いかけると非常にうれしいリターンをもたらす好例でした。

複勝記録を更新したのはヤマニンパンテール。これもかなり買い続けたことで手にした的中でした。

 

<古馬・中>

たまにはGⅠから選んでおきましょうか(笑)

ウオッカで乾杯、となった安田記念。前日では切る予定だったのに直前で追加したら…の的中でした。
あのArmada相手にあんなぶっちぎりができるなんて、やっぱりマイルが一番なんでしょうね(天皇賞も勝ちましたが)。

いや、ちがう。主役はエイシンドーバーです。
配合から7Fより9Fが向くと信じていた通りだった中山記念など上半期はお世話になったなぁ(秋がふがいなかったのは減点ですが)。

 

<古馬・長>

6歳でようやく成長するとみこんでいたら重賞2勝・グランプリ2着と予想以上に活躍したアドマイヤモナーク
重賞がニガテな私が1年に3度も万馬券を取らせてもらっている非常に貴重な存在でした。さて今年はいかに…

同馬が完勝したレーザーズエッジも忘れてはいけないところ。その後の悲劇が悲劇だっただけに…。
大野くんは今年こそ重賞とってくれるはず。

 

<ダート>

うわ、これはめちゃくちゃ難しい(笑)
私の主戦場であるダートだけに候補も…

やはりもっとも貢献度の高いキングブレーヴということで。
500万下で本命にして勝ち上がってからは、大須特別のダブル万馬券、皐月賞の日の阪神最終、(間の桃山特別も、)同馬は飛んだものの三陸特別とこの馬関連の万馬券を立て続けにいただいたのが印象的。

ギンギラギントムトップなどもお世話になったので名前を挙げておきましょう。
プレシャスピクセルはもうちょっと走る気にならないとね…。

 

<年度代表馬>

これは「一年間通してもっとも印象に残った馬」をあげるのがベター…ということで、はじめて馬体をナマで見られたダイワスカーレットは年3走(じっさいのJRA賞で無冠に終わったのはこの影響なんでしょうね)ということで残念ながら。

斑鳩Sでようやく同馬関連の万馬券を手にしてから、すぐに突破できるだろうと思っていた準OPで苦戦。
(これによっていつも人気が出なかったのですが)

なんで芝で連闘…と思った長岡京Sで勝ち上がると、鬼門の大外を引いたターコイズSで凡走。そしてまたオッズを下げた尾張Sで差しきり勝ち。

思えば兄はキョウワロアリング、本命にした北九州記念で帯封を取り損ねたあの馬の下ということで地道に追いかけ続け…ついにOP勝ち馬になったヘイローフジを選出。

今週の淀短距離Sはメンバーから人気しそうですねぇ…ここは心を鬼にすべきか…。

 

では海外の方にも。

まずはすでに発表されている欧州のカルティエ賞。

ほとんど異論はないのですが、2歳牡馬はCrouded Houseの方が(とくに将来性という点で)上だと見ました。レーシングポストTの勝ち方は荒削りながらスケールのある印象的なものでした。Mastercraftsmanははっきりギニー向きでダービーは出ないでしょうし、かんじんのジャンリュックラガルデール賞で土がついちゃってますからねぇ。
3歳牡馬はヘンリーかRaven's Passだとばかり思っていました。Conduitはスターダムにのし上がるのがもう少し早ければ…。

 

あと10日ほどで発表されるのがアメリカのエクリプス賞。こちらは予想形式にしておきましょう。ジャンプレースはさすがに割愛します。
(ファイナリスト選出馬はBloodhorseを参照)

・年度代表馬…Curlin 
・2歳牡馬…Midshipman 
・2歳牝馬…Stardom Bound 
・3歳牡馬…Big Brown 
・3歳牝馬…Proud Spell 
・古馬牡馬…Curlin 
・古馬牝馬…Zenyatta 
・芝牡馬…Conduit 
・芝牝馬…Goldikova 
・短牡馬…Midnight Lute 
・短牝馬…Indian Blessing 

まあ当たるだろう…と妥当なところをあげましたが、印が薄めのところはちょっと難しいところ。

3歳牝馬はInian Blessingの名前がなかったですが、それでもProud SpellMusic Noteがしのぎを削る接戦。

短距離牡馬も鮮やかなBC連覇で復活したMidnight LuteStreet BossBenny the Bullが差なく追随していますね。

層の薄さが気になる芝はヨーロッパ勢が持って行きそうでは。いずれも勝ち方が強かったですし。

ここでも評価の分かれ目となりそうなのがオールウェザーの存在。
短距離でMidnight Luteを上にとった(Street Bossを一枚下げた)のはダートもオールウェザーもこなしたうえでの偉業だということです。これは前にも書きましたね。

 

…まとめて土曜にアップしようと思いましたが、前倒しであげておきます。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

それ見たことか

予告通りの極端な結果にはなりませんでしたが…

090110 最近ローカル中京でがんばってます。
いい的中がきたので、「もしやここから…」というところでしたが、ここで調子に乗らない私の痛い性格が。

09_tobiume_sho 穴を狙いすぎた感があったので控えめに点数を減らしてフォーメーションに。
BOXから削った3点で決まり、その配当の大きさに愕然としたのは言うまでもありません。

ボロ負けまではいかずとも、それ以上にダメージの残る取り逃がしとなりました。
そう簡単にお年玉はもらえませんね。

| | コメント (4)

2009年1月10日 (土)

テンション&モチベーションがあがらない

…ので今回はダート戦のチェックだけに。

土曜は中山8R,京都最終,大須特別の3つ。
日曜は全体的にダートが多めで、京都最終,成田特別,招福S,大和S,名鉄杯の5つ。

3歳特別戦の両レースも楽しみです。

成田特別はレアなD12F戦、名鉄杯は条件がかなり変わってOP戦になりました。あの独特のファンファーレが流れるレースですね。

こういう日は勝つか負けるか極端なのが通例。ボロ負けすれば(いろいろと)あきらめがつくものを…

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

さすがに飽きたので

先週は瞑想修行にはげんできました…おそらく最後なのでもうイヤというくらい。

予想通り最終日の日曜には(当たりがこない不快感もあって)「もういいです」な気持ちに。
収支計算はしていませんが、どうやらトータルでプラスだったみたいでなんとなく満足感もあります。

これでパチンコからは足が洗えそう…

 

で、競馬の方は…

できるだけ自分と競馬を遠ざけようとの心づもりのもと、手始めの先週はできるかぎり出馬表を知らないようにすることに。
年末年始独特の慌ただしさとパチンコで、出馬表をしっかり確認できたのは当日紙面で見たとき。つまりギリギリまで見ませんでした。

うん、やっぱりきちんとやらないと結果は出ないな(苦笑)

初日と月曜の前半は電話投票でやっていたのですが、あまりの外れっぷりに「さすがに怒られる…」危機感を感じたので急遽myゆうちょ口座からイーバンクへいくらかを資金移動。
そしてPATに振り替えて…

じつはイーバンク・UFJの2つも投票用口座を持ちながら、PATを利用したのは数えるほどもありません。
ハナ差で万馬券を逃がしたことはありましたが、おそらく的中はいまだゼロ。

二重の意味で初当たりはまだかな…と京都7RにつづくPAT投票2レース目が福寿草特別。

09_fukujuso_tokubetsu_2 PATでついに的中&今年の初当たり。
プロスアンドコンズを切るバクチに成功したのが大きかったです。

09_kyoto_kinpai 去年思いの外お世話になったJRAプレミアム。
これのおかげで万馬券になりました。

電話投票でボウズだったぶん父には迷惑をかけましたが、きっちり自分の口座にはJRAからお年玉をいただくことができました。

 

…しまった。この冬は地元のいろんなところにでかけるために帰ってきたはずなのに…どこにも行ってなかった…

ということで翌日は日帰り旅行に行くことに。この話は気が向いたときにでも。

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

競馬のない土曜日

2年前の12/29以来となる競馬のない土曜。
そのかわり日月の開催となりますね。

開催表を見ると月曜日は無難なスケジュール。
が、日曜は…中山4,京都3,京都4の3レースがメイドン戦よりも先におこなわれますねぇ。

で、恒例のダート戦チェックは継続していきます。さすがに狙い目…と感じたものはスポット参戦していくと思いますので備忘録的に。
日曜が中山8,京都9,初日の出S,門松Sの4レース、京都8,初春賞,初夢Sの3レース。
月曜京都にはD1900mが組まれていますね。

今年は初日の出Sと初夢Sの施行距離が入れ替わってますが、後者のメンバーは少ないながら濃密ですね。

5日はふだんなら平日ということもあり、今のところスケジュールはフリー。実家からどこかのウインズに行くのはあまりにも遠すぎることもありますが、PATに手が伸びそうで怖い…。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

人生の岐路となるであろう1年

今年も年越しの瞬間は眠りについていました
これはもう4年連続になります。とくに起きていても何かあるワケでもないですし。

今年はおそらく人生の大きなターニングポイントを迎える年になるだろうと思っています。

春に社会人となることもあり、公私ともに変化を求められる時期が近づいてきました。

 

その一環として?さらに競馬から距離を遠くしていこうと考えています。
去年からその段階をひとつずつ進めてきましたが、春までにかなり競馬とは遠い距離にいるぐらいにはいておきたいです。

なので更新を週2回をめやすに落とし、海外予想もやめておおまかな展望のみにするつもりです。
あとは今まで通り万馬券の備忘録として(笑)

 

それでは今年が私をふくめみなさまにとって幸多きものとなりますように。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »