« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

長距離もいいですね

今は少子化で集団登校がままならないうえ、登下校の安全確保に限界があるということで実家の小学校はスクールバスで通学をさせているようです。

この年末年始に帰省したときに歩道も整備されなくなった部分が散見されました。
私が小学生だった10年ちょっと前なんて1人や数人の下校なんてさも当然だったのですが。

そんな小学校と家との距離は2.2kmぐらい。競馬では11Fということで見慣れた距離ではありますが、小学校にあがったころはあの長さが苦痛でした。
そそくさと帰る性格だったので(みんなは放課後遅くまで遊んでました)、1人で帰るワケですが…長丁場だけに退屈でしょうがなかったです。解消法は…

とにかく走る。
重いランドセルなど負担重量つきで。

それから私は自転車がないと不便なのにずっと乗らず(そのせいで乗れなくなりました)。
よく小学校で野球をしましたが、いっしょに行く子はチャリ。そして私はそれについていくべく走る走る。

これが6年も続きましたから、しぜんと長距離走が得意になりました。
中学校が対照的に目と鼻の先(始業1分前でも間に合うぐらい)だったのでけっこう力落ちちゃいましたが、当初は陸上部と互角にマラソンを走れた思い出があります。

そういう経緯で走るなら短距離よりも断然長距離派、という前ふりでした。

 

今週から中山・阪神の開催ですが、ぱっと見て長距離が多めに感じました。
ダート戦はたしかに好きですが、長距離もいいですね。

で、ダート戦は…土曜日が千葉Sと阪神最終の2クラしかありません。前半はほとんどダートなんですけどねぇ。日曜は東西最終と伊丹S,内外タイムス杯の4クラ。

その他どんな馬が出走するのか…はこの朝までまったく知りません。
今週はあっという間に土曜まで過ぎたので。。

あ、ヘイローフジまた出てるし。

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

寒暖の差と人混みで

あちこち旅行に行ったときはまだそれほどではありませんでしたが、金~土の間に降った雨の影響で気温が下がった週末。そしてその週末は人の多い競馬場。

すでに日曜の時点で体調がヘンでした。

先生・てんちょ~・パドック軍団の方々(+ちょこっとだけいっしょだったたいがくん)、体調が優れないのであれば1.5~2.5倍のオッズで私のせいです。すみません。

年中カゼひいてるからインフルエンザにかからない不思議な体質なんですが、そんなカゼに慣れている私が日曜の夜から火曜の朝まで完全ノックアウトで寝込んでました。
1日半で回復するほど早くはないと思うのですが、やっぱりこれはインフル…

 

<海外>

今週もGⅠは中休み。

先週はブラックエンブレムが出走したバランシーンがありましたが、ドバイの方は本番への前哨戦も大詰めに近づいてきました。今週はUAEオークスがあったっけ。

あ、また忘れるところだった。
アジアマイルチャレンジの第1戦となるフューチュリティSがありますね。

 

<備忘録>

シルクダンディー…まずはこのレース。まさかあのレースよりもさらに速いタイムが出るとは。時計面で壁があると思われたコウヨウドリームも今回は1秒以上更新してましたね。またまた古馬1000万下並みの時計が出ましたが、ここも隠れた出世レースとなるのでしょうか。

ローテレジーナ…時計がきつかったかな?狙っていたアドマイヤサンサンとのワイドは皇成くんにやられちゃいました。

タイキシルバー…銀蹄Sのような7Fがぴったりなのですが、今回の感じだとマイルでもいけるみたいですね(ズブくなってシフトしたのかも)。さすが鞍上。

アンジュアイル…マイルこなしましたね。次走距離短縮なら。

ハードランナー…戸崎さんとで2-0-1-0。この馬の名前を見るたびに思い出すトーセンセイントとのマッチレースはすごかったなぁ。

メイショウゲンジ…差しが決まってきた馬場もあり、「逃げはちょっと…」でまさかのハナ。…だったとは思えないような差し返しでした。真ん中外寄りは伸びますね。

ナリタスレンダー…上のメイショウが3着のレースで大逃げを打って4着だったのが前走。打って変わって今回は差しに回って伸びてきました。

ハギノメトロポリス…前走みたいに控えていれば伸びるかも…という戦前の期待を完全に覆す先行策。それでも見所ある4着でした。

パスクア…このレース、私の本命→けんいちさんの本命→Rさんの本命で奇跡的なストレート。そしてそれをパドックでごっそり選び取ったのが西川兄さん。3連単よりもワイドを完璧に3頭BOXで的中させた方にびびりました。

ヤマニンウイスカー…正直10Fで勝ちきるとは思いませんでした。ラチ沿いの狭いところを開けたとたんにすぱっと抜け出しての勝利。菊までに間に合えば…がダービーに間に合うかもしれなくなりました。池江父さんですし、欲出して皐月賞に…なんてことはないと思いますが…。

カネトシソレイユ…夏の小倉から8戦連続で単勝買い続けてようやく実りました。馬体をよく見せるゼットスピールが来なければさらによかったんですけどねぇ。

ユングフラウヨシコ…あー!!出走を見落としてた。。いちおう形だけとはいえ前走名前あげておいたのを覚えていた方はいらっしゃいますでしょうか。

タイフーンルビー…東京は走りやすいみたいですが、やっぱり中山は坂がダメなのでしょうか。いずれにせよ休むにはいいタイミング。きれいに先行勢が壊滅しちゃいましたねぇ。

ヘヴンリークルーズ…勝ち馬と同じポジションにいてチャンスだと思ったのですが、ジリジリ。その割にはバテもせず4着だったみたいです。勝ち切るには詰めの甘さをなんとかしないと。

ショーファイトダダ…穴馬を狙えばことごとく4,5着だった日曜。出初めのここもそうでした。外差し馬場をうまく利したレースだったんですけどねぇ。

トムトップ…休み明けで、兄さんいわく「ゴツゴツしてる」馬体。私の素人目にもたたいてから、とも思えました。相手的にチャンスありだったのでRさんと「人気2頭飛べ~」と言い続けてたらほんとに2頭ともすっ飛び…単勝100倍台が3頭も掲示板に載りましたねぇ。

スイリンカ…この仔の名前、どっかで書いた記憶が…ってついこの前の土曜でした。これを忘れるなんて記憶力抜群の私らしくない。すでに体調を崩していたみたいです。単勝51倍…。

ナムラグローリー…この冬の中京D8.5F1000万下で前傾ラップぶりが目立った鳴海特別と天白川特別。このうち後者で2着だったのが同馬。次走ローカル競馬場で上がりのかかる差しレースになるまで条件待ち。

ファイナルコート…前走は2走ボケみたいですが、今度は鼻出血。う~ん、こりゃあ精神的にくるだろうなぁ。

オーヴェール…仲春特別が初出。それから準OP入り後も毎回のように応援馬券を買い続け…約2年たった石清水Sでついにリリース。11頭立てということもあり、思ったよりつかなかったとはいえ…ミルコよ。。

ティルフィング…年末からローカルの長距離は芝ダートともなぜか調子がいいのですが、シンプルに単勝勝負してるから?勝ち馬は休養あけをたたいてから馬が変わりましたね。

シルクアルバス…未勝利戦の「曲乗り」が超印象的だった同馬。遅めながらの成長でようやくこのクラスでも掲示板あたりを堅実に走りそうになってきました。

ドリームサンデー…21戦中11回が日曜のレース。その内訳が3-2-3-2とまさに「名は体を表す」成績ですね。土曜でも堅実ではありますが。

オシャレキング…「不良馬場」を見落とした私のミス。これなら多少距離が長くても脚抜きいい馬場を利して押し切ることができるというのに…。ちなみに一瞬ヒカリコーズウェーが抜けてきたように見えて「(マーベラスアローも買ってるし)3連複そのまま!」と思ってしまいました。勝負服似てるなぁ。

最後に「おうま」特別。

兄さんと狙いが4頭オールビンゴだったこのレース。
09_oma_tokubetsu ローカルの芝短距離らしくオッズが割れに割れていたこともあって、配当はけっこうなものになりました。
あれ?この週万馬券2本だし…

 

とりあえず体調を整えねば。

| | コメント (2)

2009年2月22日 (日)

まだまだ先の話と言えど

ついこの前、路線変換中ということを書きました。

大きな意識の変化点は、「配当を捨てる」ようになったこと。
ようするに「万馬券を狙いに行かなくなった」というのがここ最近での変化なのです。

とはいえ、やはり好きなダート戦は狙いたくなるもの。
そんなことしてるからタイキシルバーの複勝取り逃がしました。(3連複6頭チョイスで2~7着)

色気出すとこうなるのはわかっているのに…でも、もう一度だけやらせて…と東京最終。

090221 てんちょ~やパドック軍団はこぞってパドック・返し馬が1番だったシベリアンバードから攻めていたので、「戸崎さん差して」とは声に出せず心の中で。
浦安特別でも取らせてもらいましたが、ハードランナーの鞍上は(スケジュールさえ合えば)このまま固定で…。

 

で、タイトルは帰り際に思ったことから。

今年は函館が改装に入り開催がありませんが、来年の春開催からは中京が改装に入ります。

なので2010年はまだ工事前ですが、2011年は工事中。
この年の高松宮記念は代替地で開催ということになりますが、それはどこになるんでしょう?

こういうときこそ新潟直1000の存在意義があるものなんですが…

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

旅巡り

ヒマなのはいまのうちだから…と今週はあちこち旅に行ってきました。

先々週、手始めとして成田へ。
そして今回は北関東を攻略すべく、3日にわたり群馬・栃木・茨城の3県に。

そのうち祖父の故郷である雪国にまで足を伸ばしそうな予感…

 

で、今年はほんとに雪が降らない冬になりましたねぇ。金曜も雪ではなく雨でしたし。

去年のフェブラリーS週はこんな感じでした(就活まっただなかなのに打ちまくりじゃん私;笑)が、昨シーズンは雪が3度ほど開催に影響してこの日の京都はダート変更でしたね。

ということで今週のダート戦。
土曜…東西最終,白嶺S,河原町Sの4つ。
日曜…東京7,京都最終,和布刈特別,大津特別,フェブラリーSの5つ。

フェブラリーS以上に目を引くのが日曜東京7R。だって年に1度の東京D12F戦ですから。

あと土曜京都6Rの3歳500万下も気になります。
あの500万下から再びぶつかるハギノリベラローレルレガリスラターシュコウヨウドリームにやはり応援したくなるワンダーアキュートが一堂に会しますね。
(ほかにもスタッドジェルランは東京にユタカさんで出走)

あすなろ賞ではヤマニンウイスカーデルフォイが。
前者は距離足りないよなぁ。

名前では新馬戦のパチョレック。初出走というより初打席ですね(笑)
あ、こないだ新馬勝ちしたスイリンカと同じ馬主さんですか。

人という面では4週連続重賞制覇がかかっているユタカさん。
あと4週間で不惑を迎えますが、ちょうどフィリーズレビュー(中山牝馬S)が誕生日。まさかのここまで連続記録を伸ばすことも…

 

旅…次にこんなに時間をたっぷり取れるのはいつになるのだろう。。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

路線転換中

なんとしてでも競馬から距離を置いていかねばならないと年初にも書きましたが、まもなく13年目に入るだけに染みついた習慣から抜け出すのは容易ならざるのも事実。

なので、まずは予算を削ることからスタート。

週末にあげるダート戦はともかく、特に芝のレースに関しては購入額を半分に落としています。
券種も単複が中心。狙い目のワイド、たまにバラ買いで馬単など…という感じにしています。

先週はようやくそれが型になってきました。路線転換もたいへんだなぁ。

 

<海外>

今週と来週はGⅠの中休み。
そうしている間にヨーロッパの平地シーズン開幕が近づいてきました。

 

<備忘録>

いちおう土曜東京→土曜京都→土曜小倉→日曜東京→日曜京都→日曜小倉の順ですが、一部最初または最後にもってきたものもあります。

コレデイイノダ…9歳になって33秒台を連発。2番手にあがってきたとき、自然と「ノリ、それでいいのだ!」と口から出ました(笑)

マルタカエンペラー…こんなに人気しないなら買わないと。。これで次も木幡さんに期待したのですが。

サラトガ…う~ん、、これはナゾ。同馬自体はハナにこだわらなくてもやれるのに、なぜスリーセブンスピンにつっかかっていくかたちをとったのか。。そこまで速いペースではありませんでしたが、みごとにつぶれちゃいました。

マルターズマゼル…末脚はしっかりしたものを持っているのですが。もう少し距離のばしてもいいような。

ナスノマツカゼ…ルメよ。。後ろでタメた方がいいのに。前走とは意味合いが違う4着でした。

キングオブロマネ…1000万下にいたころ、「中距離じゃ頭打ちだろうし短いところに戻らないかな…」と思っていたのをすっかり忘れてました。締め切り直前に出馬表で名前を見つけて大急ぎで追加。現状短い方がいいのかも。

ファミッリア…促音が気になる馬名。藤田オーナーが現地で交配してのマル外ですが、Holy Bullとの配合が多いですね。全兄のインオラリオはどうしているのだろうか…

トムウィンズ…あ~あせった。。見送ったときに限り来られては困る…。太宰府特別に太宰とはなかなか粋な組み合わせになりましたね。小倉の太宰は狙い目だったなぁと気づくも時すでに遅…(どこかに続く)

トレジャーバトル…同厩タイフーンルビーみたいに逃げないといけないのかなぁ。人気3頭以外には譲らなかったように根性はあるみたいですが、控えるレースも見てみたいです。

アプローズヒーロー…直線に賭けられる府中ならしっかり伸びてきますね。

エイダイセルリア…以前とりあげたゲイルカフェと出会った未勝利戦で本命にしたのが同馬(じつはこの時点ではマンハッタンカフェエイダイクインという好きな馬どうしの配合という点には気づいていませんでした)。前走タイムオーバーシンガリで「お先真っ暗」と思ったし、なにより今回大外で出走を見落としたときにかぎってこうなるか…。

メガトレンド…一時期のスランプがウソのような安定した成績を残すようになりました。後方一気のスタイルはやはり父がなせるワザですが、上がりのかからない切れ味がいきる馬場ならしっかり追い込んできますね。

スノークラッシャー…直線やや行き場がなかったようにも見えましたが3着に。この父系だけに大成してほしいなぁ。

リックチョモランマ…去年のちょうどいまごろ、「やっぱり府中は走るな」と思ったことをレース中に思い出すチョンボ。最後にボーナスレースがあったのを見落としてしまうとは。。

グロッキーバルボア…はじめ「ロッキーバルボア」で登録しようとしたら申請がはねられたそうで、「グ」をつけたとのこと。1文字違いでイメージがまったく違いますよねぇ。レースの方は楽に勝ちましたね。

ケイアイガーベラ…牝馬限定ではありますが、今回も楽に勝ちましたね。芝はどうなのかなーと思いますが、距離はもう少し伸ばす分にはいけるでしょう。

マッハジュウクン…見ていておもしろいレースになりましたね。そういえば2年前のこのレースも逃げて3着でしたっけ。

エンブリオ…手当の額が桁違いの中央と地方。一つでも上の着順を…という執念が垣間見られるのが地方ジョッキーの騎乗ですが、ここでもそれが見て取れました。ベストメンバーが外にヨレた幸運もあり、その隙間につっこんで3着。アベコーさんの追い込み炸裂と言えばマーメイドSのソリッドプラチナムを思い出します。

ツルマルビビッド…数字よりしっかり乗れているという印象の田村くん。先週のアグネスハッピーみたいにやられるワケにはいかないので期待込みでしたが、展開に左右されやすいものの力はある同馬に対してしっかり乗っていましたね。土日全滅だった京都で唯一の的中レース。

コウセイグレイト…いかにも三浦くんを意識したような名前。勝ち馬には7馬身もちぎられましたが、2005年10月以来勝ちから遠ざかっている荻野要JKの46勝目はこの馬だったりして。

クレアシオン…京都8Rの方がよかった気がします。未勝利は勝ったものの、小回りよりも大回り、距離も6,7Fあたりがいいのでは…。

ハーバーブリッジ…このタイミングでの激走はびっくり。ってか内ラチがら空きじゃないですか。

エースデヨバン…前日の教訓から、小倉が得意な同馬と鞍上が一致したここはこっそりでもいいから狙ってみようということに。締め切り直前にもオッズを確認しましたが、最終的にその倍近くまで跳ね上がっていました。

スマートサイクロン…1000万下の内容からこのクラスでも期待しているのですが、やや頭打ち気味。ここも見送るか…という耳元で(1年ぶりにごいっしょした)誠さんの「来るかもしれないよぉ」というささやき。しっかり単勝を握っての応援でしたが、このクラスでもやれそうなメドがたったのではないでしょうか。

マルターズロビン…この馬も小倉は走るんだった…。思ったより人気で単勝をやめたのが痛かったです。

スズノハミルトン…なんかヘンだなーとレースを見ていて思ったのですが、想像以上に馬上は修羅場だったみたいですね。右にササりまくる馬の左手綱を両腕で懸命に持ちこたえようとするアニキ。ユタカさんも「むしろ好騎乗」と評するように、他のジョッキーなら大斜行になっていたかもしれないぐらいのバカつき加減でした。なんで騎手経験者を裁決委員にいれないんでしょうね。馬上でのことは素人なのに。

シルクメビウス…なにかと共通点のある美男子たいがくんの注目あって気にとめていましたが、前走が古馬より速いタイムで走って3着。先行して踏ん張ったことから、ここならあっさりも…とけっこう自信を持って見ていました。ほんとにあっさり突き抜けましたね。それからもう1頭…

カネトシコウショウ…前述のシルクと先頭争いを演じていたのが同馬。平場の500万下ということで見落としがちになりますが、こういうところをきっちり覚えておくことが大切だと再認識。追い込みの競馬になるとはまったく予想していませんでしたが、上々のキレでアタマまで突き抜けてくれてありがとうカッチーさん。

ウォータクティクス…一見ひやひやの勝ちにも見えますが、道中12秒後半が出ておらず、残り3,4Fでスパートをかけ、結果ラストのみ13秒と大幅に時計がかかっています。ガチンコ勝負に持ち込んだユタカさんのしたたかさに脱帽。乗れてますねぇ。

ダイワスカーレットがリタイアで滑り込めたはずが、ロールオブザダイスの賞金加算、そしてカフェオリンポスが見所ある内容での好走。カジノドライヴの夢への道のりはなかなか険しいようです。

 

で、オチにはスプリングピット

ゲートが開いて17頭はスタートを切って走り出しましたが、1頭だけとことこ。
完走したみたいで、いちおう13.0秒差で入線していますね。

が、戦績をよく見れば前走の走破タイムが1:54.9。D5.75Fでこのタイム(着差は45.5秒)はありえないだろうとパトロールビデオを見ると…

前科やってたんですね。2走連続でこれでは…

かたくなにゲートから出ようとしなかったベルジュールとも遜色ないですねぇ。

 

ダイワスカーレットが出ない時点で見る気がほぼゼロまで落ちたフェブラリーS。

実家に一度帰っておきたいし、あえて現地で見ずに向こうに戻るのもアリか…
ま、相性いいレースでもあるんですが。

脚質転換が大成功した馬の一気差しが見られるのなら、考えておきます。

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

奇跡の組み合わせ

聖ヴァレンティヌスの殉教が270年の2/14。
これがバレンタインデーのもとになっていますが、東京メインのバレンタインSがみごとこの日と重なりました。

ま、1/1が木曜の年は必ずこうなるんですけどね。

それからハマノバレンタインが土曜にデビュー。マサノウイズキッドよりもさらに形がはっきりした流星が特徴的でしたが、偶然にも名前の通りのデビュー日となりました。
うまいぐあいにお父さんがマイネルラヴなんですよね。。

 

そんな今週のダート戦。
土曜は東西最終と銀蹄S,アルデバランS。
日曜は東西最終と門司S,ヒヤシンスS。

いずれも1000万下2,1600万下,OP特別が4つずつになっています。
それから京都D9.5Fがなんと今週も組まれました。
小倉のくすのき賞もおもしろそうですね。

アルデバランSにはここでしっかり賞金を取りたいウォータクティクスが出てきます。が、相手に期待していたタガノマーシャルの名前がありません。
除外になるような順位ではありませんでした(gallopの出走順位より)し、白旗をあげるような相手でもないし…どうしたんでしょうねぇ。

 

<海外>

サンタマリアHの出走馬を見て目についたのがVisit。ハンデは2番目の118ポンド。

BCフィリー&メアターフで4着に来てびっくりしましたが、父Oasis Dreamでよく距離がもつなぁ…と思って牝系を見れば母がArrive
姉といとこ6頭がGⅠウィナーという現在もっとも活躍が目立つ牝系なのです。

いとこの1頭Leroidesanimaux以外はすべてAbdullah氏の所有するファミリー。
オールウェザーの馬場も問題ないでしょうし、またまたこの牝系からGⅠ馬が生まれるのかが気になっています。

 

それから、これは備忘録として。

私が予想の対象としていたヨーロッパ5カ国でイタリアだけオークスがGⅠではありませんでしたが、ついにダービー(デルビー)も降格となるようです。
去年から1ハロン短縮するなど工夫をしたものの、やはりローテーションの関係からメンバーがそろいづらいのがネックでした。

Gentlewaveは愛ダービー2着と気を吐いていましたね。
Awelmardukはどうしてるんでしょう?あの末脚は鮮やかだったんだけどなぁ。

 

金曜は春一番が吹きましたが、その影響で2月とは思えない気温に。

天気予報を見ましたが、バレンタインデーは気温の高い日が多いなぁ。こういう日は寒い方がムードがあるんですけどねぇ…

あ、ってことで早めのアップ。

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

ひとまず感無量

一言、これにつきます。

かくして重賞制覇となったわけですが、まだここは通過点。
春の府中で大仕事が待っていますから…

 

<海外>

ケンタッキーダービー・オークスまで10週間ちょっととなったアメリカ。
西海岸では3歳重賞が毎週のように行われています。彼の地はオールウェザーしかないですが、ダートもしっかり走る馬はいるはず。

今週は古馬牝馬のサンタマリアHがあります。
サンタモニカ→サンタマリア→サンタマルガリータとこのカテゴリは似た名前が続くので毎年混乱しやすいです(苦笑)

 

<備忘録>

今週は小出しにいくつか。そのかわり多くなります。

ユングフラウヨシコ…「ユングフラウヨッホ」じゃないのね(笑)
単に名前がひっかかっただけですが、郷原の調子がいいなあ。

カカロット…ダートに戻った前走が案外だったので、ここまで粘るとは。

マッハヴェロシティ…一言で言えば「不運」。パトロールビデオを見れば動きたくないところで動かざるを得なかったのがよく分かります。成長待ちもふくめ長い目で見てみます。

ヤマニンウイスカー…ミルコマジックにしてやられました。血統もそうですが、いかにもステイヤーな走りですねぇ。未勝利のときから「菊花賞には間に合って」と思っているんですが、まだ距離が足りないような。

カルカソンヌ…(キリスト教異端のカタリ派ならびにアルビジョワ十字軍の歴史に興味があったので)「ほんといい名前つけたなぁ」とデビュー前から密かに馬名で気になっていた1頭。こちらもゆっくりよくなっていくタイプみたいですね。

レッドディザイア…反応がビビッドでないですが、あれで差し切ってしまうとは。新馬戦もハナ差勝ちでしたが、抜群のキレで勝ったレースでした。桜花賞はやっぱり忙しく、オークスでどこまでやれるか見てみたいです。

ヤマカツジェット…これはお父さんがすごいというか。OP初戦はどこになるのでしょう。

コパノオーシャンズ…馬体重を見て「あちゃー…」と思いましたが、シモ・ゲンリさんがうまく乗ってくれました。51kgもききましたが、とりあえず馬体重を戻さねば。

スリーアリスト…勝ち方が圧巻だった1000万下からここもあっさりか…と思いきや、サンエムパームにうまく乗られましたね。いい脚使うなぁ。

アナモリ…いい脚といえばこちらも。おっつけ通しからよく追い上げましたが、どうも京都限定なのかも。。

イリューシブネス…切れば来る、買えば来ない。今回もひやひやでしたが、6FがOKで7Fは長いということでよろしいでしょうか。

オシャレキング…前走の中京の止まり方で思ったことがほぼ確信に変わりました。クラスがあがると中距離はきついみたいです。

チョップチョップ…わ、びっくりした(笑) この名前ですから…

グランドカラー…荒れ馬場で時計がかかればお手の物ですが、それでも今回は健闘しました。530kgぎりぎりだったらなぁ。それよりフサローさんが手放していないザサンデーフサイチ、こんなにあっさり勝つとは。

ゲバルトステイヤー…武親子にしてやられたレースでしたが、忙しいと思えたこの距離&昇級戦でメドの立つ内容。

シャトヤンシー…3着だった妹ラヴドシャンクシーとは好対照な近走成績。社台の勝負服で一瞬妹の方に見えました。今までの凡走は何だったのやら。

メイショウナイト…骨折で2年も休んでいましたが、帰ってきてからのレースぶりが毎回目を引きます。昇級初戦も外から伸びての3着。シゲルタックを超えて父の暫定代表産駒にまではいってほしいですね。

ヘイローフジ…ラストはこれ(笑) 一瞬2着はあるかと思わせましたが、前を交わすよりゴール板が先に来てしまいました。とはいえ初重賞でここまでやれるとは。

 

09_kyodo_tsushin_hai デビューから恒例となっている単勝応援ですが、これは払い戻すべきなのか保存しておくべきなのか…
例のごとくまた何かにやられるだろうと思っていたので、これはうれしい誤算です。

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

ザ・少数精鋭

土日のレース一覧で目を引くのが土曜の京都6R。
去年はたしか梅花賞がこのコース設定に該当します。

7頭立てとはいえかなり楽しみなメンバーとなりました。
強い相手とやってきたヤマニンウイスカーもようやく適距離に出てこられたと思ったら、なかなかの相手…。

そんな土曜日は東京7,京都最終,早鞆特別,金蹄S,すばるSの5レース、日曜は東西最終と橿原Sの3レースがダート戦。

 

<海外>

これはいつものことですが、数も多くGⅠでもかなり格差があるアメリカ。

ラスヴァージネスSも9頭立てですが、抜けて重い122ポンドを背負うのがStardom Bound
5戦3勝の3つがいずれもGⅠで、エクリプス賞に輝いた昨シーズン。
差しがききやすいオールウェザーですが、あれほど鮮やかにマクり差しを連続して決めるのはそうできるものでもありません。

今回もサンタアニタですが、いずれダートにも挑むときがくるはず。
ケンタッキーオークスに向かうなら、この次で初ダートになるんでしょうか。ただ、ダートであのレースぶりができるかは…

 

ユタカさんがあれだけ強気になるとは…期待していいんですよね?
偶然にも東西とも3枠5番を引いてるな。。

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

ネーミングライツ募集

今週は小倉大賞典で3連覇をめざすアサカディフィートが。
このレースに限れば4→4→出走せず→1→1なんですね。さすがに年齢は隠せない部分が見えてきていますが…

共同通信杯は先週きれいにインを抜けたあの人が乗るあの馬で(笑)
さて友人は口取りを申し込んだのだろうか…

 

<海外>

今週は3歳牝馬のラスヴァージネスSがあります。

先週名前をあげたNicanorは2ケタ着順。話はそううまくいきませんねぇ。

 

<備忘録>

土日いずれも単勝オンリーで勝負をかければ余裕でプラスだった悔しい結果。

なかでも京都で出た2つの7ケタ配当、どちらも勝ち馬の単勝を見送って連系に手を出したばかりに…(泣)

京都6Rで応援しているSilver Charm産駒のためにがんばれ馬券を。前走ちぎられながら追い込んできたハギノリベラがよさげ。シルバーキングは…来るのかなぁ。

…で、二択を間違えました。そういえば未勝利でハギノが勝ったレースと着順が入れ替わってましたね。ハギノも5着には来てたのか。。

京都7,8といずれも3連複で高配当を狙うも2,3,4着。これは流れが悪い…

水路閣特別。ほんとはメイショウカーターリキアイダンディの単勝を買ってもいいんだけど…どうせこんな流れだし、よくて片方が来て3着だろうな…

持ち前の慎重な性格が災いする典型例でした。あれだけ差しが向く展開になるとは予想外でしたが。
それにしても、馬連とくらべて馬単がつかなかったみたいですね。

馬券=勝馬投票券、つまり馬券の基本はこれ単勝。

根岸Sでちゃっかり馬単を取りましたが、東京最終はこの基本に立ち返ることに。

 

ようやく次走メモになりますが、今週はさっきのシルバーキング(時計も速く前が止まらない流れを差しきった)ともう1頭、その東京最終を制したゲイルカフェ
あと根岸Sで本命にしたヒシカツリーダーの成長も見逃せませんね。

んで同馬との出会いは皐月賞の日。

パドックだけで馬単本線的中だったうれしい未勝利でのこと。1番人気だったゲイルカフェはどうもピンと来ませんでした。
「う~ん、、芝って感じじゃないよな…」

そのうち芝で未勝利を勝ち上がり、芝の500万下でもあと少しのところまでいきました。

年をまたいで新春競馬。待ちに待ったダート初出走。これは期待して購入…

…をパチンコでみすみす逃す大失策。ハナ差勝利で33倍だったみたいですね。

数週間後、府中で西川兄さんとごいっしょしたさいに同馬の話題に。やはりダート向きでしたか。
これで次走も狙えるお墨付きがえられました。

そして1000万下初戦。前走が8番人気で辛勝だったこともあり、それほど人気はありません。しめしめ。
同じぐらいのオッズだったギンゲイメイクアダッシュの単勝をあわせて「先に」(根岸Sといっしょに)購入して観戦。

道中ゲイルカフェは後方に。ヒシカツリーダーじゃないし、あんまり後ろ過ぎると困る…
3,4コーナーで外からマクりをかけていったのが2頭。それがよりによってギンゲイメイクアダッシュ
ここは小回りローカルじゃないですって。。

一瞬どちらかがやってくれるかと思いましたが、やはり甘くはありませんでした。ラチ沿いのシャドウストライプも力上位だけあってさすがの粘り。
で、後ろを見やるとゲイルカフェが伸びてきていました。

これでダートは2戦2勝。一発はさすがに…ですが、そのうち準OPも勝ち負けしてくれるとうれしいですね。

…で、単勝馬券は前もって購入したのでよかったのですが、、もう一つ仕込んでおくつもりだった3連複はフォーメーションのヒモに迷って締め切り。

えてしてこういうときはきっちり当たるものです。301倍かよ。

馬のことより悔しさの備忘録に近くなってしまいました(笑)

 

私のポリシーに、「何回も使い回しできるようなありふれたタイトルにはしない」というものがあります。

なので、毎回エントリ内容に見合ったタイトルをつけるようにしてきましたが…今回はそれっぽいものが思い浮かばず。
タイトルのネーミングって難しいものです。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »