« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

更新がまともにできないかわりに

火曜日に引っ越しました。都民じゃなくなったのか…。

一人暮らしにしてはみかん箱25箱強相当とかなりな荷物の量でした。業者さんに「これは入らないかも…」と言われてどうしようかあせったぐらい(けっきょくすべて積むことができました)

そして荷物の搬送が完了したのが夜遅く。
ガスの開栓が間に合わなかったのでお風呂に入れません。しかもルームライトも用意しておらず半分真っ暗。

…ということで5駅ほどに近くなった友人(ブレイクランアウト出資)宅に夜中~早朝だけ居候という生活が今夜で3日目になります。

インターネットが自宅に引かれるのが早くて来週で、更新がまともにできないのですが…そのかわり友人の部屋にはグリーンチャンネルが導入済み。
おそらく土曜の夜はドバイミーティングをほぼライヴで見られそうです。

 

そんな今週のダート戦。
土曜は富里特別と陽春Sの2レースだけですが、日曜はマーチSに中山9,阪神11,中京最終、それから四国新聞杯と桶狭間Sの6レースも。
サービスデーの日曜は最終に重賞をもってきてますが、マーチSは個人的に鬼門のレース。去年も思いっきりタテ目だったなぁ。

 

<海外>

ネット環境が制限つきなのでGⅠ4レースだけですが、出馬表を入手できました。

なんとなくチャンスがありそうな気がしないでもないバンブーエールが出てくるゴールデンシャヒーン。ちょうど大外のIndian Blessing(Gallopの文面ではGⅠ3勝と誤読されそうですが、じっさいは5勝しています)を隣に見る枠となりました。
相手には手薄感があるだけに、上位進出があってもおかしくないはず。

16頭とそろったのがデューティーフリー。ウオッカが参戦ですが、これは相手もなかなかいいところがお目見え。距離面ではぴったりだとは思います。
距離をこなせばの条件つきで気になるのがPaco Boy。この前3着だったムーラン賞が薬物違反で失格になったばかりですが、次のフォレ賞の勝ちは鮮やかでした。
GodolphinはCreachadoirが10ヶ月ぶりというだけに、トレードで獲得したばかりのLady Marianを出してきてますね。

ひいき馬が一騎打ちしそうなのがシーマクラシック。
天皇賞に選出されたDoctor Dinoと今年も現役のYoumzainですが、堅実な反面スキもけっこうあるだけに多彩な伏兵陣の出番にも注意。

カジノドライヴが挑むワールドカップ。
ひそかに期待していたHonour Devilはいませんが、同厩Asiatic Boyは去年の2着馬として今年も有力ですし、一発が出たらデカいRibot系のAlbertus Maximusは(前年には想像しえなかったぐらい)4歳になってからぐんぐん力をつけてきました。
カジノに話を戻すと厳しい流れのレースはまだGⅠの2度だけなので、素質の高さと血統のよさでどこまで力を出せるかでしょうね。

 

ちなみに引っ越した次の日が卒業式。

あいにくの雨のなか人だらけの式場…に私はいませんでした(新居の整理のため)。
これでもう自由な時間は指を折って数えられるぐらいに。

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

ネット使用不可

タイトルの件があるので、足早に。

090322_2 今週は珍しく土日ともいい結果に。
トーセンルーチェヴィーヴァヴォドカシゲルエスペレの単複もさることながら、土曜のフラワーCや写真にある日曜のように固め取りできたレースがあったのが要因。(裏返せば日曜は他に的中がほとんどなかったのですが

万馬券狙いはやらなくなりましたが、日曜に2発。岡崎特別はあれで馬単万馬券までいくんですねぇ。

 

<備忘録>

3週間ぶりに実馬券復帰ということでこちらも復活。4月も続くかは分かりませんが…

ハシルペンチャン…「これだけは買っておきたい…間に合うか?」…ダメでした。あと少しで複勝20倍を初っぱなから取り逃がすところでした。ふぅ、危ない。

ヴィーヴァミラコロ…鞍上と馬主がここで伏線になっているとは。馬単スイチがきれいにハマりましたが、まさかの51倍でした。

トーセンルーチェ…西川兄さんに「どうですか?」とたずねたのが同馬。パドックでは特筆するものはなかったですが、返し馬で急変したようです。おそらく次は人気になるでしょうし、いいタイミングで買えました。

ウェディングフジコ…芝ダート問わず着実に力をつけて階段を上ってきているのがよくわかる成績。マイネルファルケに迫っての価値ある2着ですし、牝馬重賞でも期待できそう。

ヴィーヴァヴォドカ…妙に人気がなかったのは距離のせい?しっかり最後まで粘りきってくれました。ただ…こちらの単勝的中がよかったのか、ディアジーナに交わされて3連単的中がよかったのかは微妙なところ。欲を言うとナリタシリカが2着なら…

ボクノタイヨウ…なにげに入線したレースでは掲示板を外していません。東京での勝ちっぷりが鮮やかでしたが、1000万下もあっさり勝ち抜けましたね。

ユウターダーツ…まともに走っても掲示板までだった感じでしたが、それにしてももったいない騎乗でしたねぇ。

タガノシャンハイ…頼むからまともにスタート切ってください。

エックスダンス…骨折休養明けから初めての芝で一変。鳴り物入りで中央に来た素材が一年遅れでスタートを切りましたね。

コウヨウサンデー…同馬を本命、イコピコ対抗でなぜかワイドがない失態。唯一の救いであった単勝もクビの上げ下げに泣きました。乗り替わりでチャンスが来ましたが、今年の後藤ちゃんは2着が多いなぁ。

マイネルエルフ…道中ずっとかかりっぱなしで津村くんがなだめどうしでした。最後も内から出ようとしますが、伸びないのは当然。あれで6着にふんばったのでむしろよくやった方ですね。

サクラアビリティー…展開利もありましたが、シルバーキングの500万下組がここでも好走してました。

ワンダーアキュート…兄をよく知るジョッキーに乗り替わり。スタートで後手を踏みながらじょじょにポジションをあげ、ナリタカービンとの叩き合いを制しました。晩成に近いタイプだろうし、勝つのはまだ先かと思い単勝は控えめにしましたが…勝ちきったのは騎手の腕でしょうか。

ナリタカービン…成績が示すとおりの安定感。3着以下をちぎったので疲れさえなければそろそろ勝ち上がってもおかしくはありません。ただ、さすがに妙味はなくなりますね。

シゲルハスラット…去年のシンザン記念での本命馬&追いかけ馬。今回も様子見にしたんですが…得意のコースで急変しちゃいました。

タニノディキディキ…一瞬勝負服が海老茶に見えて誰の馬か分かりませんでした(苦笑)それくらい強い雨で馬場悪化してましたね。

エーティーボス…淡い期待を抱いていましたが、やはり馬場の影響が。見せ場はあったんですけどねぇ。

ホワイトピルグリム…こちらも馬場の影響はあったでしょうが、直線通ったところが…。消化不良のレースとなりました。

ナムラクレセント…今日もかかり気味。かなりの底力勝負となったレースだったのに、あれで3着に来るのか…。ベールを脱ぐのはいつになるんでしょう。

キャプテンマジン…近藤夫妻の勝負服とは微妙に違うなーと思ったら大魔神のでしたか。いい勢いで伸びてきた今回は復調してきたと見てよいのでしょうか。

サクラロミオ…不気味な存在でしたが見送り…するんじゃなかった。。意外と売れてましたが、けっきょく25倍もついてたなんて。

ローテレジーナ…前走の東京で狙うも4着。備忘録に名前だけ挙げてきましたが、牝馬限定のここで一変しました。

スマートレディー…前走は外から差し脚を伸ばすも悔しい4着。今度は内ラチがきれいに開けて2着。未完のまま引退した姉カスタムを超えてほしいものです。

シゲルエスペレ…上のスマートレディーといっしょに前走で狙ったのが同馬。今度は備忘録でもちゃんとメモしていました。脚質転換をはかってから成績が急によくなりましたが、正直前走は展開と馬場が向いたような気もしてやや弱気でした。返し馬もさほど悪くなかったし、もっと強くいってもよかったなぁ。

ピンクマラコイデスウインマーベラス産駒というのもさることながら、「馬名をどう区切るか」がもっとも気になるところ。ほんとは「ピンク色の西洋桜草」なんですけどね。

 

以前に東と西の発走順が入れ替わったということを書きましたが、そのミソがようやく分かりました。

今週の開催から西のメインが10Rになる変則開催が続きます(去年の6,9月の阪神がそうでした)。
そして東のメインの発走時刻はそのままということを踏まえると、この変則開催に備えての変更だったんですね。

 

で、今週はいろいろなエントリを書く予定でしたが…引っ越し先でインターネットが使えるようになるのが来週以降。

この時期にこれは痛い…。

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

引っ越し&卒業カウントダウン

カウントダウン、まずはこちらの話題から。

気がつけば今回の中山・阪神開催はこれがラスト週。引き続き同じ開催となるのでそういう実感はあまりありませんが、決定的な違いは新馬戦のあるなし。今週で「メイクデビュー」からはしばしさよなら。

そんな今週の土曜は東西最終と阪神8,なにわSの4つ。日曜は東西最終と下総Sの3つのみ。
今年の瀬戸特別は芝なんですね。3場所開催にしては少なめのダート戦。

安田師が亡くなりましたが、ヴァンクルタテヤマは休み明けもあってふるわず。
ファルコンSとスプリングSにも送り出しますが、弔い合戦となるでしょうか。

 

<海外>

今週はGⅠの中休み。来週はドバイでのミーティングが行われます。

いっぽう欧州では平地シーズンが開幕しました。ここからゴールデンウィークに開催のクラシックまではあっという間ですね。

 

来週はタイトルのほかにも用事が盛りだくさん。

卒業式が多忙で出席できなさそうな気配です…。

で、今月中にここ数ヶ月でのいろんなことを記事にまとめきってしまおうと思います。モラトリアムもカウントダウン入ってますから。。

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

MOTTAINAI

(水曜エントリを間違って日曜にアップしてました

昔どこかで見たことがあるフレーズですね。

さて土曜は家で1年半ぶりに「たかじんの胸いっぱい」と地元ケーブル放送の「暴れん坊将軍」などを見ながらまったり(ってか半分やる気ナシ)で競馬してけっこうなマイナスをくらってました。もっと集中していれば…いや、テレビだけ見ていれば…いずれにしてもお金がもったいないことになりました。

変わって日曜競馬はばたばたしながらで、そのうえ前日の損失のため資金が枯渇気味。

そういう流れで順調に残高が減りレッドゾーンにさしかかりました。
わずかな残金でどう立ち回るか…

09_konan_s ようやく的中がきたのが甲南S。前回メモで名前をあげたスマートサイクロンが3着に踏ん張ってワイドが2つとも。

…じつはこのレースを買う時点で残高がたいへんなことになっていて、残りレースを考えるとあと2点ぐらいは削らないといけない状態でした。
そこで削ろうとしたのが8-13のワイド。これは残しておこうと決めたのが吉と出ました。
そしてもう1つ、こっちは削ったのですが…4-8流しの3連複・相手13。せっかくいい配当を的中したのに悔いが残るレースとなりました。

その後、フィリーズレビューを購入する時間になりますが…そのときさっきの甲南Sの配当がいくらだったのかはおろか的中すら知らなかったのです。
そして刻々とせまる締め切り…

09_fillies_revue ワイドや3連複でフォーメーションを活用するので点数シミュレートはけっこうすばやくできる方です。なのでこの馬券もワイドでフォーメーションを組もうと思ったのですが、点数が多いことに気がつき、とりあえずアンジュアイルだけ流し。
少しの逡巡の末、こいつらも買い足そうと新たに投票しようとして…締め切り。

レディルージュがまさかのブービー人気&ミクロコスモスの着外で思わぬ複勝になりましたが、やはりもったいない取りこぼしでした。

090315 この時点で土曜の損失はけっこう補填できていたみたいですが、当の本人はそれを知らず。ということでローリスクミドルリターンを狙ったのが中山最終。うまくいってくれました。

 

ナイトスクープ、みなさんはごらんになりましたか?

始まってることに気づかず最初の30分を見逃してしまったのがもったいない…

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

全国ネットでゴールデンタイム

関西人で知らない人はいない深夜番組といえば即答できますよね。
「おばけ番組」といわれるように、深夜にして視聴率20%に上る驚異の番組。

実家に帰って週末必ず笑わせてもらって土日を迎える…この流れがほんとにかかせません。

東京に住んでから一度だけ見たことがありますが、やはり知名度は今ひとつのようでした。
今回は日曜日の夜7時からの2時間、全国ネットで放送。関西のレベルの高さをぜひとも体感してもらいたいものです。

 

今週から今年2回目の中京開催が始まります。この開催が始まるということは、新馬戦のシーズンもまもなく終了。

そんな今週は土曜に阪神8,中山最終と伊勢特別,新設のポラリスSの4つ、日曜に東西最終と甲南Sの3つがダート戦。

沈丁花賞やゆきやなぎ賞も気になる一戦です。

今週は三春駒特別からセラフィックロンプブラボーデイジーが重賞に出走。
同レースの1,3着馬はすでに重賞勝ち、そして馬体を最近よく見せる2着馬は今回どうなんでしょう。

 

<海外>

古馬牝馬がオールウェザー中距離で戦うサンタマルガリータ招待H。頭数は少ないですが、ここは実績からLife Is SweetSanta Teresitaがリード。
前者は2004年の2歳牝馬チャンピオンSweet Catomineの全妹になりますが、今年に入って早くも重賞2勝と本格化の兆しを見せています。

 

冒頭のナイトスクープに話を戻して。

前回カーネルおじさんにちょっとふれましたが、あれを一種の都市伝説にまで仕立て上げたのがこの番組の影響といっていいでしょう。
初回放送で取り上げたらしいですが、それから21年もたつんですね。

「過去の名作が2本」とありましたが、あと1つは何なんでしょう。

もう1つの「爆発タマゴ」にはほんとにやられました(笑)
ああいう「しょーもない息抜き」が人生には必要です。

それにしても「なるトモ!」が終わってしまうのはショックです。

| | コメント (2)

2009年3月11日 (水)

やっぱり似てるなあ

まずはマークシートの話題。

通常のグリーン、ボックス・フォーメーションのレッド、流しのブルーがありますが、そのうちグリーンについては新しく「ライトカード」が導入されるとのこと。

視認性の向上…ということで今までは[13]のようにカッコ内を直接マークするかたちで、人によっては見づらいという意見があっても不思議ではありません。

ライトカードはマークしたいものの下にマーク欄があるという形になりました。

しかし…いままで8点までいけたのが今度は5点まで。
そして表と裏で別の券種を選択できたのが不可能になっています。これは使いづらい…

気になってしょうがないことが記載されていませんが、ライトカードの導入でいままでの「緑の基本カード」はなくなるんでしょうか。それは不便きわまりないなぁ。

 

<海外>

今週はサンタマルガリータ招待Hの1レースのみ。

その次のGⅠは…もうドバイになりますね。

 

<備忘録>

今週はレース映像を見られたのが競馬終了後に特別レースのみ。
月曜のお昼頃にGallopを買いに行ったら…先週のでした。田舎は遅いなぁ。まだコンビニがあるだけマシか。

あえて1頭あげるとするならサトノコクオー。骨折休み明けとは思えないくらいきっちり仕上がっていたのが映像越しにも見て取れました。
4コーナーから直線に向いたときは勝った…と思ったのですが、右回りで少々モタついていたエスケーカントリーがそこからぐんと伸びましたね。馬券面ではいちばんおいしい的中となったワケですが…。

 

で、競馬をライヴで見られなかったのは実家に帰っていたから。

関西はテレビ番組が充実しているので(テレビもおっきいし)テレビを見るのですが、CMを見ていて…

カメラのナニワ
ビックカメラ

この2社のCM曲、なんでこんなに似てるんでしょう。

…といつもそう思いながら書き忘れていたので、今ここで書いておきます(笑)

 

24年前って…まだ生まれる前か。
「速報」としてニュースになるあたりがいかにも関西らしいですね。

あのカーネルおじさん、店は10年も前に閉店してますし次の就職先は甲子園(球場にKFCのお店がありますが)だったりして。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

重賞の代わりにOP特別2クラ

今週は3重賞ですが、珍しく土曜に重賞が2つ。いつもとは逆の番組構成で、日曜の阪神には重賞はありません。

いつもならこの日のメインは仁川Sですが、今年は大阪城SとOP特別2本立てとちょっとグレードアップしてきましたね。ポラリスSや六甲SができたからOPがやや余り気味になったからなのでしょうか。

豪華な構成ではありますが、メンバーを考えれば順番が完全に逆。
名前からして仁川Sの方をメインに据えるべきなのですが。。

そんな今週のダート戦は、土曜が東西最終と中山8の平場3レース。日曜は仁川S,ブラッドストーンS,阪神最終とこちらも3クラ。

仁川Sですが、クリーンの馬体重もさることながらサトノコクオーが骨折明けからどんなレースをするのかも気になっています。
休養明けといえばアロンダイトもいますね。

 

<海外>

サンタアニタの3GⅠ、やはり最注目はオークスのStardom Bound。ダービーにも出る話がありましたが、ここは無難に5連勝(初勝利がDMデビュータントなのですべてGⅠ)を狙ってきましたね。相手関係もあまり変わらないのでここも勝ち自体より内容を重視。

サンタアニタHは小粒なメンバー。どうりでフルゲートになってますね。

 

あれ、弥生賞の出走馬にはオール連対が7頭(+オール複勝圏内1頭)も出てくる予定でしたが…ナカヤマフェスタフィフスペトルは出走しないんですね。

いずれも調教が思わしくなかったようで。

「オール13の予定なのに遅すぎた」という加藤師のコメントを見た感じでは、今後の加藤征-三浦ラインの行方が気になります。

 

明日は…そのために実家に急いで帰ってきたんだった。
(完全なひとりごとです)

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

単勝オッズと人間心理

単複中心に切り換えてようやく形になってきたのが日曜。

早めにお昼過ぎに出かけ、中山5,阪神6,中山6,小倉8,阪神9,中山9,阪神11と単勝10倍以上の単勝をペイ。

1レースあたりの予算からして、「買いたい馬の単勝が10倍つくなら必ず買え」がうまくいくとこうなるみたいです。

後半さっぱりだったのはダート戦で狙いすぎたから…。
ポルカマズルカを今回リリースして買わなかったのも痛かったといえばその通りです。

 

<海外>

今週は西海岸でサンタアニタH,サンタアニタオークス,フランクE. キルローマイルSの3レースがあります。

サンタアニタHはドバイへ行く馬と今シーズン始動の有力馬が出てくる春の風物詩的存在のイメージがあります。

 

<備忘録>

カルカソンヌ…ゲートを出るときに隣からぶつけられたのかスタートで後手。早くからムチが入りましたが、最後は外を回して4着まで。長い目で見るのがベターですね。

ナムラクレセント…同馬を表するとき私がよく使う表現が「荒削り」。今日も休み明けとあって行きたがり鞍上とケンカしてましたが、それでもあの着順にまとめてしまうんですね。

ケンブリッジレーザタイキシャトル産駒にしてはけっこう長い距離を走るタイプ。1度たたいた今回は多少変わってもいいだろうと単勝を買い、3連複も…あれ?フォーメーションから同馬が抜けてるし。

マイネルエルフ…よくわからないからケンしようとしたアーリントンC。が、どうも納得がいかないくらい人気がなかった同馬が気になり…。連戦疲れが出たいちょうSこそ大敗したものの堅実さが持ち味なだけに、人気落としてた理由がよく分かりません。あともうちょっとで単勝までついてきたのになぁ。

アイアンルック…まともに走れたら突き抜けそうな勢い。苦しいところを通った経験がいつかはいきるはずですが、スタートがよくならないとねぇ。

セイカアレグロ…展開次第ですが、しまいはしっかりしている同馬。今回も目立つ末脚でしたので、あとは差しが決まりやすい相手になれば。

シゲルエスペレ…すっかりメモ抜けでしたが、先週の一戦で後方待機から差しに回るという脚質転換で見所あるレースをしてました。外差し馬場も手伝ってよく伸びましたね。スマートレディーを連れてきてくれたらもっと…

ビーボタンダッシュ…休み明け&出遅れた前走はノリちゃんがレースをムリにさせてません。今回はスタートも決まり、いい感じで運べましたが…いるべき位置をティグフォルテに取られたのが痛かったです。

ミスターシーザ…つきあいの長い同馬ですが、1000万下の成績は5→7→6→5→(500万下)→6→6→5→6→4で今日も6着。もどかしいなぁ。

サニーサンデー…日曜1発目は西川兄さんに乗ってみました。2冠に輝いた伯父さんを超えられるでしょうか。

デリキットピースヒシパーフェクトの相手探しをしていたらこっちの方が妙味あることに気がついて単勝へシフト。デビュー戦にしては落ち着いたレース運びでしたね。

ダノンマスターズ…藤沢さんの去勢作戦その1。よく馬っ気が指摘された同馬ですが、今日は集中して走っていたように見えました。これを踏まえて…

ムーンレスナイト…藤沢さんの去勢作戦その2。前走でその力のほどを確認してあったのでここで単勝へ。ホームストレッチで「そのまま!」逃げ切ったワケですが、ベストオーカンが2着なら最高でした。

キモンホワイト…名前通り1枠を引いたのでコパさんが大量に買ったのか…と思わせるほど単勝売れてましたね。次の中京で狙おうと思ってたのですが。

ユウターダーツ…叩き3走目で掲示板まで来ました。小倉の方が向いているのでしょうが、これでこのクラスでやれるメドはたってきたような。

サンタナイト…前走が意味不明のハナでやはりタレてしまいました。今回は先行集団につけて3着。ふたたび穴を開けました。

アップグレーデッド…ここ1年勝ち負けから遠ざかる成績でしたが、今回は馬体がよくなっていました。上位4頭勝負でこの馬だけ抜いていて(パドック軍団は推奨してましたが)危ないところでした。

トップクリフォード…「とりあえず人気のなさを不思議に思ったら買え」がドンピシャだったすみれS。少頭数の長距離、スローペース必至でハナを取りに行った藤田さんに感謝。

タガノシャンハイ…とにかくスタートをまともに切らないと。馬群を縫って追い込んできただけにもったいなかったですねぇ。

ビービーガルダン…馬単流しの軸をファイングレインとで悩みましたが、返し馬の段階でよく動いてました。こちらもスタート後まもなく「そのまま!」とか冗談半分で言ってましたが、馬場やペースもあってほんとに3頭そのままで決まりましたね。

クレバージェフリー…2着馬にうまく乗られました。シャウトラインとの馬単はかなりついてたのですが。それにしても最終週の小倉はすごいコーナリングになってましたね。

ヘイローフジ…ま、こんなものでしょう。さすがに次は休ませないと。

 

前にも書きましたが、馬券=「勝馬」投票券。基本中の基本は単勝。

単複オッズはモニターなどでもっとも目に触れられる機会が多いです。大量に買いが入ったときもすぐにわかりますよね。
そしてファンの大衆心理をもっともつかみやすい券種でもあります。

で、単勝10倍を超えるということは人気の盲点になっているということ。
要は大衆心理の裏をついて好配当をいただく…という算段なのです。

これは私の得意ワザである「人の裏をかく」ことに他なりません。
麻雀ではこれを多彩に使っていますが、卓上で磨き上げたスキルがこういうところでいかされているとは。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »