« じっくり返し馬を見つめてみる | トップページ | 楽しかった2ヶ月半も »

2009年6月 6日 (土)

かなりレアな馬券になりそう

Pedigree Queryで馬名を検索にかけると30頭近くまで引っかかる同名馬の扱いについて。

今の3歳未勝利クラスにいる馬がデビューしたころ、もうすでに「来年の安田記念はどうなるんだろうなー」と考えていたのですが、今回JRAはこんな対応策をとりました

ということで今年も外国馬の所見を。

Sight Winnerはここを勝てばボーナスが加算されるのですが、その前走チャンピオンズマイルはシンガリ人気でのアップセット。後続が伸びないなかを前につけて勝ったのですが、人気の薄さなどもふくめてAble Oneと重なるところがちらほら。
個人的には買いづらいところがありますね。大外からすんなり先行できて、番手で自分のペースを守れれれば、が条件になりそう。…かなりきついような。

冒頭でふれたもう1頭のArmada。去年はうまく人気の盲点になってくれたおかげでびっくりするような配当がきたのがなつかしいです。

去年は仕上げがパーフェクトでない状態で2着。地力があることを証明しましたが…それ以降が去年とは雲泥の差。一時は香港マイル界の看板を背負っていくと期待されていただけに、この現況には物足りなさを感じます。
やはりこの馬には2年前に出てきてほしかったのが正直なところ。順調なら出走してきたはずですが、拒食症のような症状になってしまったのが返す返す悔やまれます。

今年は国内組のいいところが集まってきます。GⅠらしい顔ぶれになりますが、先週でぼこぼこに荒れた芝を真っ先に回ってくるのは…
馬場のバイアスは当日までじっくり見てみる必要がありますが、先週の四位ちゃんの暴れっぷりは際だってましたね。メインの前後もタカオセンチュリートーセンモナークといい馬が回ってきてるし…。

あとは3歳時からマイル適性を評価している(同世代では1,2を争うとどこかでラッパを吹いたぐらい;苦笑)馬が無念のNHKマイル出走かなわずから2年越しのGⅠ出走。
アサクサデンエンが似た感じで本番を制したような(前走勝ちながら人気を落とすパターン)。

 

<海外>

ダービーSでもっとも気になっていた点である「Murtaghさんはどの馬に?」でしたが、チョイスしたのはRip Van Winkle。そして希望通りFame and GloryはHeffernanさんに。

馬場の状態によっては回避も…とにおわせていたOxx師ですが、いまのところSea the Starsは出走しそう。現在1番人気ですし、もちろん打倒O'Brien勢の筆頭。

そのO'Brien勢は6頭がスタンバイ。
なかでも良血Black Bear IslandはMooreさんを確保と色気を持っているのがよくわかります。裏を返せばStoute師の出走がないんですよねぇ。

ほかにも連覇がかかるBolger師のGan Amhrasが人気しているように、今年は完全アイルランド有利。この前までは地元イギリスがリードしていたのに。
ということでCrowded Houseはかなり人気を落としました。レーシングポストTの鬼脚が戻ってくればあっと言わせても不思議ないですが…。

 

母系のスタミナが濃いとはいえ、Pivotal産駒とOasis Dream産駒のワンツーが12Fで起こるとは。

なによりもハナ差で定位置2着ってあたりYoumzainらしさはまだまだ健在ですね(笑)

|

« じっくり返し馬を見つめてみる | トップページ | 楽しかった2ヶ月半も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じっくり返し馬を見つめてみる | トップページ | 楽しかった2ヶ月半も »