« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

あなめずらしや

オークスではGⅠで同着というレアな事象が発生。

今年も2回ほどありましたが、同着といえばたいていよくない思い出の方が多い私。
それでも今回はいいものを見せてもらったなと思いました。

…馬券の的中から離れたところでの出来事だったのでそう思うのかもしれません。
着拾いはあり得るだろうと単複1点だけにしておいたら、、不利を食らってるなんて。

 

その前日にはフラグ的できごとがありました。

大船の美容院に行ったついでに、(個人的に好きな街なので)藤沢にも出かけた土曜の夜。

さて湘南新宿ラインで帰ろうと思ったら、駅のコンコースに人だかり。
運転見合わせ?小田急ならかなり遠回りでイヤだな~と思ったんですが、そうではないよう。

次の湘南新宿ラインって何分ですか?
今日はありません。

…やっぱり運行していないのか。
そしたら間髪入れずに駅員さんが、

あっちの東京行きに乗ってください。

あっち?東京行き??
いつもとは違うホームを案内されました。

来た電車に乗ってようやく事情が分かりました。
工事で運行経路が変わってたみたいです。

びっくりしたのは次の停車駅。
まさか1駅で藤沢から帰れるとはまったくの予想外でした。

なるほど、どっちの駅でも人だかりができていましたが…よく見てみるとほとんどシャッターを構えていたような。

 

藤沢といえば…そろそろこの人にダービートレーナーの称号が与えられてもいい頃合いだと思うのですが。

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

浅草さんじゃもんじゃ

お好み焼きにすっかり慣れきってしまうと、もんじゃ焼きの魅力が分からなくなってしまうみたいです。

 

さて。

先週金曜の仕事の終わり際、明日はどこに行こうかな?浅草にしようかな…と思いながらニュースサイトを見ると…

長年事情を知らなかったので不思議に思っていたことが一気に氷解する記事を発見。

…よし、土曜は府中だ。

Board 本町の駅のそばにはイトーヨーカ堂があり、道の向かい側には立体駐車場がありました。
それがいつの間にか解体されて、その奥に仮設の平面駐車場ができたのがもう数年前になります。
ずっと府中には来ていたので一連の変化も知っていますし、「あの空いたスペースは何に使うんだろう?」という疑問もずっと持っていました。

Sight 記事を見た時点では江戸期のものが出てきたんだろう…と思っていましたが、なんと奈良時代のものまで。
「府中」という名は大昔から国府があったことに由来しますが、その歴史の深さを改めて学べました。
発掘現場のそのはるか向こうにJRAのロゴマークが見えますね。

 

で、あらためて日曜は浅草へ。
今週行っておかないと三社祭は来年まで待たねばならなくなってしまう…

Wins ウインズの入り口にいたとき、ちょうど六区ブロードウェイを御輿が練り歩いてきました。
帰りには逆方向から御輿が…これがちょうどウインズから帰る時間帯と重なって大渋滞。
競馬で負けた下町のおっさんたちがかなり殺気立っていました。あれはさすがに怖かったです。。

あれだけ混雑が容易に予想されるにもかかわらず、道路への立ち入り禁止など交通規制をやらないというのは興味深いですね。

ちなみにその後はつくばにまで足を伸ばしてみました。

 

20100515 こんな感じでお出かけついでに競馬という土日でしたが、意外なものが釣れました。

ちょうど発掘現場経由で到着したときに本馬場入場。
そこで気になった馬を妙味でフォーメーション組んだら配当が予想の倍以上でした。
万馬券はもう狙わなくなりましたが、たまにはこういう的中があっても。

 

<海外>

久しぶりにこのコーナーが登場。

今年もオークスとダービーが目前までせまりましたが、欧米でもクラシックたけなわです。

毎年恒例の「ケンタッキーダービーはどの馬が勝つ?」のアンケートで「その他」が1番人気だった通りアメリカは混戦模様。
実力1番だったLookin at LuckyがプリークネスSを制しましたが、ベルモントSにはSuper Saverともども出走しないようです。

一方ヨーロッパでは、先週プールデセがありました。
そのうち牝馬のプーリッシュ(1000ギニー)はSpecial Dutyが勝ち馬に。
先日イギリスで繰り上がり優勝したばかりでしたが、またしても1位馬の降着で勝利が転がり込むという珍しい2冠となりました。

この後アイリッシュギニーをはさんでエプソムと続きますが…こちらも大混戦となっています。
St Nichoras Abbeyの前走は度外視していいと思います。それよりもCape Blancoがケガしたというウワサの方が気になりますねぇ。

今年のダービーは有力候補がほとんど脱落せず一堂に会することができそうで、レベル面でも楽しみなものがあります。
この中から果敢に秋には遠征する馬が出るとして…立ちはだかるライバルの品定めをするのも一興です。

残念ながらサンライズプリンスはJRAの犠牲になってしまいましたね。。
あんなカチコチ馬場では海外馬がますます消極的になります。パートⅠ国として門戸開放とうたいながら鎖国を敷くとはなんと恥ずかしい。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

「厄除け」大師のはずでは?

今使っている定期券は、区間を欲張りすぎたため予想以上の高額となってしまいました。
あと1ヶ月後に期限を迎えますが、そのときには大幅に区間を削る予定です。

なので、今のうちに定期で行ける川崎駅周辺に最近意識して行くようになりました。

そして今まで行ってそうで行ってなかった川崎大師に行ったのが土曜日。

夜の7時前ということもあって境内は自転車の通り抜けやペットの散歩で来ているだけと人影はほとんどありませんでした。
昼間に行っても逆に人だらけでしんどかったでしょうから、むしろこの時間帯でよかったかも。

ところで川崎大師こと平間寺といえば厄除けでも有名。
関東では先週行った佐野や西新井もそうですね。

日曜の競馬は今までの単複中心スタイルがぶれて久しぶりに完敗。
決算期間中だというのにカゼもひいてしまいました。たまってる仕事が手につかないのはかなりきついですね。。

因果関係を求めるのは正しくないでしょうが、他人がすすいだ厄をもらってしまったような気がしてなりません。

 

いや、これで底を脱したと考えた方がいいかもしれませんね。

むしろ固めて災厄が訪れたおかげでこれからはよくなる…そんな思考で週末を過ごしてみます。

じゃあ気分転換に浅草に行こう…と思ったら三社祭なんですよねぇ。
スカイツリーを間近で見たことがありますが、やっぱりこれが高くなるにつれて人が多く訪れるようになってます。

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

旅の合間の一息

ゴールデンウィークは30日が会社の休日ということもあり7連休。

この間ずっとどこかに出かけてました。あっという間に過ぎたなぁ。
出かけた距離はおそらく700kmに及びそうですが、土産物を買う時間がほとんど皆無の強行スケジュールでした。

 

29日から1泊2日で実家に帰りましたが、翌日に大阪経由で帰ったこともあり…

ウインズ難波に行き着いていました。

その1時間後、ウインズ梅田にいました。

この2カ所で青葉賞の前売りを買いましたが…3頭の複勝だけにしようと決めてその通りにしたものの、人気3頭の4,5,6着。
とくにヨシトミ先生のには期待を寄せていたのですが…。

 

前半が西への旅なら、後半は北関東の旅。
そしてその間に一息入れる形で、土日の競馬。

20100501 前日の前売りの流れを引っ張ってしまったか、すごく消化不良な1日でした。
サクラロミオにはもうどれだけ単勝に回したか…あの相手なら勝っても何ら不思議ではありませんが、それだけ人気もしてしまっていましたね。
あやめ賞は返し馬時点でけっこう自信があったレースでした。少頭数ながらもかなりな配当になりましたが、ワイドも1点で持ってるよ~。。

 

日曜はさらに消化不良。
勝負レースが早い時間帯にあったのがまず不運でしたが、それ以上に大寝坊したのが痛恨。

京都6Rは内枠の2頭しかない!と前予想で確定していたのですが、どっちもアタマのイメージが浮かばず…

こりゃ2,3着だな、と。

もちろん複勝とワイドは駆け込み電話投票でしっかり買いましたが…きっちりワンツーで馬単が200倍というオチにはさすがに脱力。

落ちたテンションで準メインころに府中に行きましたが…スイートピー以外は全滅。
残すレースは最終のみ。

前走の借りがある馬が1頭いましたが、それにしてもどの馬も消しづらい大混戦。
あれも買いたい、これも買いたい…

…初心に立ち返ろう。

2010_kyoto_golden_premium さすがにラスト1Fでは「うちだぁ!!」と思わず連呼。
前回「アウトレット価格」で非常に悔しい思いをしましたが、これで去年からの分を一気にペイしてもらえました。
相手が決まらない、ということで総流しをかけたことで一番妙味のある相手が来たのもラッキーでした。

先月から方針転換した馬券スタイルですが、すっかり定着してきたようです。
毎回こういう勝負所で理想的な結果が出ればいいのですが。

 

この後はタイトルの通り、また旅に。

ゆっくりできたのは餃子で有名なある町だけでしたが、1週間で20以上の都市に立ち寄れたのは大きな収穫でした。
いろんなところの空気に触れてみる、というのはたくさんの付加価値がついてくるものでとても勉強になりました。

| | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

勝負レースで「◯◯!」と叫ぶ

もうすっかり単複中心の馬券スタイルが定着してきました。
競馬歴もまた新たに1年上乗せとなりましたが、スタイル変化を行うにはちょうどいい時期だったのかもしれません。

20100425 先週もこんなヒットが。
このスタイルにしてから、単勝20~30倍の馬に狙いを打つようになったのはもちろん、ちゃんと結果もついてくるようになりました。
でも、どうやって狙い撃てたのかはよく思い出せません(苦笑)

 

こんなふうに単複馬券では力を抜いて気楽に買えますが、それでも前日にしっかりアロウワンス以上の全レースを見渡していると、ここで勝負をかけたいというのが出現してきます(皆無というさみしい日もありますが)。
なので、単複・ワイドを主力にして、いくつかは勝負レースとして金額を寄せる…こういうスタンスをとり始めるようになりました。

で、再び先週の話。
土曜はあまり得意でない東京の開幕日でしたが、ダートはまた話が別。
後半戦は狙い目のレースが…

…スタートで終了して馬券がすぐ行方不明になってしまいましたが、あの内容を見る限りヒシパーフェクトは次ふつうにレースできそうだったら相手が強くても鉄板で買おうと思います。
いつになく予算を寄せまくったのでショッキングなスタートでした。。

単複が不発&勝負レースで終了…ということもあってメインからは流すていどの軽いのばかり。流れが悪すぎるのでボウズもありえる。。

 

だからといってもう1つあった狙い目まで流してしまうのは大失策でした。

前走が秀逸だったサクラヒストリーはしかたないとして、鉄板評価するには危なっかしく見えた断然人気のマジカルブリットが出てきた最終。

前日に馬柱を見た段階でも、これは伏兵もけっこう台頭できそうなイメージでした。
で、とりあえず単勝オッズを先に確認して穴馬の精査をすることに。

…。

…なぜ??
シーダーラックの2~4着が人気面でこんなに差が出る理由が解せませんでした。いくら鞍上が…とはいえあれはさすがにやりすぎ。

あとは500万下から買い続けているひいきどころ&返し馬がしっかりしている馬でクラス慣れが感じ取れたところを拾いましょうか。

…流れが悪いしワイドで引っかけて1頭でも来てくれたら御の字かな。

 

20100424 2-6-4でフォーメーションを組めば16点であっさり3連複が…という結果に。しかもよりによって一番跳ね上がる組み合わせで決まってしまうとは…。
せめてワイドBOXでも買っておくべきでした。200倍だから余裕で記録更新かい。
負け分は一気に取り返してやる!!というハングリーさが私には決定的に欠けているので、こういうオチになってしまうケースがけっこうあります。

それでも、「大波乱」の結果を「順当」な予想でとらえることができていたのには自分でも納得。
オッズに潜む盲点をほぼ完璧に見切れたのでよしとしましょう。38万か…。

ちなみにこのレースで競馬史上初、「ごーはらぁ!」と思いっきり叫ぶ珍事が起きました。

鞍上で割り引きましたが、違う騎手ならもう少し単勝買っていたかも。
ハイリスク・ハイリターンの具体例にできそうですね(笑)

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »