« 「厄除け」大師のはずでは? | トップページ | あなめずらしや »

2010年5月22日 (土)

浅草さんじゃもんじゃ

お好み焼きにすっかり慣れきってしまうと、もんじゃ焼きの魅力が分からなくなってしまうみたいです。

 

さて。

先週金曜の仕事の終わり際、明日はどこに行こうかな?浅草にしようかな…と思いながらニュースサイトを見ると…

長年事情を知らなかったので不思議に思っていたことが一気に氷解する記事を発見。

…よし、土曜は府中だ。

Board 本町の駅のそばにはイトーヨーカ堂があり、道の向かい側には立体駐車場がありました。
それがいつの間にか解体されて、その奥に仮設の平面駐車場ができたのがもう数年前になります。
ずっと府中には来ていたので一連の変化も知っていますし、「あの空いたスペースは何に使うんだろう?」という疑問もずっと持っていました。

Sight 記事を見た時点では江戸期のものが出てきたんだろう…と思っていましたが、なんと奈良時代のものまで。
「府中」という名は大昔から国府があったことに由来しますが、その歴史の深さを改めて学べました。
発掘現場のそのはるか向こうにJRAのロゴマークが見えますね。

 

で、あらためて日曜は浅草へ。
今週行っておかないと三社祭は来年まで待たねばならなくなってしまう…

Wins ウインズの入り口にいたとき、ちょうど六区ブロードウェイを御輿が練り歩いてきました。
帰りには逆方向から御輿が…これがちょうどウインズから帰る時間帯と重なって大渋滞。
競馬で負けた下町のおっさんたちがかなり殺気立っていました。あれはさすがに怖かったです。。

あれだけ混雑が容易に予想されるにもかかわらず、道路への立ち入り禁止など交通規制をやらないというのは興味深いですね。

ちなみにその後はつくばにまで足を伸ばしてみました。

 

20100515 こんな感じでお出かけついでに競馬という土日でしたが、意外なものが釣れました。

ちょうど発掘現場経由で到着したときに本馬場入場。
そこで気になった馬を妙味でフォーメーション組んだら配当が予想の倍以上でした。
万馬券はもう狙わなくなりましたが、たまにはこういう的中があっても。

 

<海外>

久しぶりにこのコーナーが登場。

今年もオークスとダービーが目前までせまりましたが、欧米でもクラシックたけなわです。

毎年恒例の「ケンタッキーダービーはどの馬が勝つ?」のアンケートで「その他」が1番人気だった通りアメリカは混戦模様。
実力1番だったLookin at LuckyがプリークネスSを制しましたが、ベルモントSにはSuper Saverともども出走しないようです。

一方ヨーロッパでは、先週プールデセがありました。
そのうち牝馬のプーリッシュ(1000ギニー)はSpecial Dutyが勝ち馬に。
先日イギリスで繰り上がり優勝したばかりでしたが、またしても1位馬の降着で勝利が転がり込むという珍しい2冠となりました。

この後アイリッシュギニーをはさんでエプソムと続きますが…こちらも大混戦となっています。
St Nichoras Abbeyの前走は度外視していいと思います。それよりもCape Blancoがケガしたというウワサの方が気になりますねぇ。

今年のダービーは有力候補がほとんど脱落せず一堂に会することができそうで、レベル面でも楽しみなものがあります。
この中から果敢に秋には遠征する馬が出るとして…立ちはだかるライバルの品定めをするのも一興です。

残念ながらサンライズプリンスはJRAの犠牲になってしまいましたね。。
あんなカチコチ馬場では海外馬がますます消極的になります。パートⅠ国として門戸開放とうたいながら鎖国を敷くとはなんと恥ずかしい。

|

« 「厄除け」大師のはずでは? | トップページ | あなめずらしや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「厄除け」大師のはずでは? | トップページ | あなめずらしや »