« 夏競馬序盤戦と向き合う | トップページ | 梅雨というより »

2010年7月 3日 (土)

ラーメン博物館の裏手に

今週は予算と決算が重なる1年でもかなりしんどい時期。

土日の「ダブルワーク」はやはりきつい(苦笑)

 

なので先週をちょっとだけフラッシュバック。

手強い序盤の夏競馬に例によって悪戦苦闘していた土曜日。
一発目だけは満足いく的中だったものの、そこからが…。

メインを過ぎても変わらず、はくぼの時間帯を迎えました。
これだけさっぱりだとおなかがすいてくるころ。

初手でつくった分があるので予算の枯渇は心配しなくていいし、レース間隔があくなら食事でもはさもうと思い立ちました。

どうにも当てられそうにない福島の最終をてきとーに買って、函館の返し馬を見ながら(さらに先に見ておいた)阪神最終も同時に購入。

新横浜の地下1階、一度は行ってみたかったところだったのでいそいそと下へ。

20100626 場所がタイトルの通りでもあるので、とりあえずラーメンをすすりながら先のレースを見ることに。

奥尻特別では思わず箸休め。
着差を考えても、10回やって同じ結果が何回出るだろう…という接戦を一番いい形で的中。

阪神最終は穴馬に目移りする玄人好みの顔ぶれで、先に予想を始めたものの結論が出ず。
けっきょく穴でワイドを買うという苦肉の策でしたが、一番望ましいところが入ってくれました。

間にあるのが一発目。
降雨がひどく、返し馬をしっかり見ればあの馬場に不向きだというのがよく実感できる日でした。
ここでもイタリアンレッドがそうだったので、とりあえず来たらおもしろそうなところを選び…まさかの複勝11.5倍。

2010_tsurugajo_tokubetsu_3 日曜は調子があがらず。
それでも、ちょっとひねってみようと買ってみたら100倍に届くあたりが夏競馬らしいですね。

小倉で1000万下以上の該当番組がないだけに、ダート短距離馬はつらい時期が続きますねぇ。
それだけに限られたレースでメンバーがそろうとこういう結果も出てきそうで楽しみです。

 

おまけ。

さっきの阪神最終ですが、金曜夜の前予想で思わず笑ってしまいました。

20100626_article これを書きたいがために本命にしたんでしょうか。
自信度を見てもそんな気がしなくもないですね(笑)

|

« 夏競馬序盤戦と向き合う | トップページ | 梅雨というより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏競馬序盤戦と向き合う | トップページ | 梅雨というより »