« 穴馬の狙い時 | トップページ | 報道写真の百見は実物の一見にしかず »

2011年7月30日 (土)

オッズの魔法使い

スタイルとして、昔から基本的に妙味を狙うのが前提です。オッズの盲点を突く、それがうまくいったときは気分がいいですからね。

ちなみにoddsに近い単語、oddの意味のひとつが「奇妙な」。
そんな奇妙なオッズが発生していたことに、配当を知るまで気づかないことがありました。

20110723それが写真の下の方。

逃げ先行が圧倒的に有利な福島1150のフルーツラインCで、スタート直後ものすごい不利を食らいながら最後にワープするような脚で猛然と追い込んだトシキャンディ
それまでは逃げないと味が出ませんでしたが、新しい面を見せました。

その後は反動が出たかいいところなし。
リフレッシュした休み明けを待つことに。

貸し服にて出走だったので、どの馬かわかりづらかったのですが実況にて同馬と確認。
さすがに逃げ切りは厳しかったですが、3着に残しました。

 

で、肝心のオッズ。
レース中の期待値が大きかったのはライコウテンユウ(単勝50.9倍)とのワイドでした。レース直後、オッズはどれくらいあったのかPATで調べると、60倍弱。他の馬との比較でもそれなりに妥当な数値でした。

それじゃあ単勝25.0倍のヤマノサファイアならそんなにつかないな、とPAT画面をスクロールすると…

いわゆるインサイダーのようにやたら売れることはありますが、ここまで極端に配当がつくのも珍しいですね。
もっともワイドの万馬券はこうした幸運がないととれないですが。

|

« 穴馬の狙い時 | トップページ | 報道写真の百見は実物の一見にしかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 穴馬の狙い時 | トップページ | 報道写真の百見は実物の一見にしかず »