« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月25日 (土)

華よりダート

先週は気乗りするところがなく、土曜はひさしぶりにスルーしようと思っていたらヒヤシンスS の日付を間違っていることに気づきました。

これは見に行かねば。

20120218出だしの3歳戦を引っかけて、勝負どころの3歳戦も的中。
ヒヤシンスS を当てるときの共通点は、人気する短距離タイプを嫌って(好みの)中距離タイプが来るとき。

保険にいくつか押さえていますが、実質フリートストリートメイスンキャプテンの2頭軸でした。
相手がゲンテンでなければ、かなりはねていましたが…ともかく、なんとか復調してきました。

ようやくビスカヤも馬券になったし、少頭数でカトルズリップスさえ残ってなければさらに万馬券2つが乗っているところでした。
裏勝負レースでユーイチひとりに勝ちを阻まれてしまったのが痛い。。

 

閑話休題。

ダート3歳世代には離脱中のオーブルチェフがいますが、成長度と中距離適性でフリートストリートが逆転できる、とデビュー戦から見ています。

そう強く思った翌日、テスタマッタの勝利に肝を冷やすことになるのですが。
A.P. Indy系の取り扱いでいささか迷いが…

ちなみに日曜の新馬戦でクリティカルヒットを先物買い。
やはり使ってからという結果でしたが、坂上から最後まで伸びていました。Smart Strike産駒は瞬発力あるなぁ。

 

日曜日。フェブラリーSはガチ決着になりそうなので、早めに行ってメイン前に決めておきたい…

20120219驚異的なテンの速さでした。
小手調べが人気をすべて蹴飛ばした奇跡のワイドで。

するとメンバーがあまりそろっていなかった京都で連発。
メンバーが軽めだったのが幸いして買い目を少なくできたのもラッキーでした。

…って、2→3→4着のトーセンウィークが飛んでも当たる爆弾まで持っていたとは。

両日の的中は圧倒的にダートという、バイアスの非常に強い土日でした。

 

最後にピュアブリーゼ

まだ繁殖シーズンに間に合うはず。
だから、牧場に帰してあげましょう。

もう精神的にレースに向かう気力が残っていません。
ただでさえ気むずかしいだけに、手の施しようがない状態。

愛馬が今以上にぼろぼろになってしまう前に…もとは繁殖目的で日本にやってきたはずですから。

ターフを去っても、あのオークスの思い出をいつまでも忘れやしません。

| | コメント (0)

2012年2月18日 (土)

着外中

先週から何にも変わらず。

なにもかも投げ出していいのなら、そうしてしまいたいです。

めったにこんな心境にはならないのですが…

|

2012年2月11日 (土)

疾病"4着病"発症

先週に出走した、次にあげる面々には2つの共通点があります。

ダンツホウテイ
モンテアルベルト
テイクアベット
フミノイマージン
ヤマニンミミック

ひとつはそのレースの本命、もうひとつは…4着。

次で人気するのがイヤですねぇ。

 

2012020420120205土日ともがんばったんですけどねぇ。

すべてはフォンテーヌブローの一戦で日和見したのが運の尽き。

あれだけ自信があるなら強気に攻められないのか…自己嫌悪も甚だし。3連複で450倍ですからねぇ。

未勝利であと一歩のころ、ローカルはあってないよなぁ…と思っていたら案の定勝てずに移籍。
復帰戦も小倉とあって、もちろん半信半疑でした。

ところがまずまず善戦したことで、やはり大きなコースでこそと…いうところに満を持して登場。
展開の利があったとはいえ、あのレースぶりならと思わせる勝ち方でした。未勝利で足踏みしている間に先んじられた相手を下してますし。

冬の東京には年に1度だけのD2400mが組まれています。
ここは願ってもない舞台設定だと思いますが、岩田さんが東京に来るならナムラボルカーンとどちらを選ぶでしょうか。この馬も出戻りから味のある競馬をしています。

あれだけ売れてもやっぱり単勝だったかな。

| | コメント (0)

2012年2月 4日 (土)

味気なく一息

去年から慢性的に競馬へのモチベーションが下がってきているのですが、ふだんの生活にも倦怠感を覚えるようになってきました。

やりたいことはあるんですけどね。
なんでだろう。

 

2012_yufuin_tokubetsuそういうときはこんなのしか当たりません。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »