« なんにもなし | トップページ | 手放して泣く »

2013年4月13日 (土)

暴風雨に挑む男子

年度末決算が一段落した土日。
自分へのごほうびに、どこか出かけたい。

しかしながら、天気予報やニュースを見るに大荒れの見込み。

日曜は日本海側が暴風雨マーク→新潟はダメ
土曜は太平洋沿いの雨風がひどい→静岡・名古屋もダメ
低気圧は北上する→仙台もダメ

選択肢がない…

 

1つだけ残っていたのに気づきました。

中山道(中央本線)経由の名古屋行きでFIX。

 

嵐が近づく新宿を出発。

途中、雨脚が強くなるも松本に着いたときには小降り。
はじめての松本をぶらぶらして、木曽谷を抜けました。

中津川で下車して運行状況を調べると、案の定東海道本線は見合わせになっていました。
(それより陸側の名鉄は運行していましたが)

さらに名古屋市内まで出て、金山で一泊。
ホテルで一息つくころ、土砂降りに。運良く悪天候にあわずにすみました。土曜日は。

 

寝る前に渋谷で仕込んだ馬券を確認。

2013_sanyo_tokubetsuこの1鞍だけは自信があったレース。

む、ここまで上位なら馬単を買っておけということか。
ノーブルジュエリーに間を割られたのは幸か不幸か。

今のドライな姿勢だと、これが限界でしょうね。

ちなみにアルテミスSで単勝を買いたかった(奈良公園で遊んでいて買えなかった)のがアユサン
知らない間に大きいところを勝ってる…

 

日曜は雨より風が強そうな予報で、前日よりやっかいだな~と不安を感じつつ、再び中央本線ルート。

多治見あたりから、1駅ごとに天候がめまぐるしく変わりだしました。

極めつけは、木曽谷にさしかかったころに窓の外を見ると吹雪。
そもそも4月の雪を見たことがなかったので、かなり衝撃的でした。

それでも塩尻まで遅れずにたどり着き、岡谷からあずさに乗車。
小淵沢も出たので、あと20分ほどで甲府。

…甲府到着は3時間後でした。

折からの暴風で、線路上にトタン小屋がすべて吹っ飛んできたらしく、解体撤去に手こずったようです。

さらに笛吹川でも規制値オーバーでストップ。
見合わせ中の車体が風で揺れる揺れる。

立川では日付が変わっており、終電もなくなってしまいました。

けっきょく予定の4時間遅れで帰宅。
さすがに無謀な旅程だったかも。

今週は忙しいのに仕事にならなかった(苦笑)

|

« なんにもなし | トップページ | 手放して泣く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんにもなし | トップページ | 手放して泣く »