« 息のあった兄弟プレー | トップページ | 見なかったことにしたい »

2013年6月 1日 (土)

そこが当たっても

やはり兄にお鉢が回りました。

それでも先週までと比べれば前の馬が残りやすい馬場になっていましたので、あれだけ後ろから差し切れるのは脚力が相当ないとできない芸当。勝ち馬はローテもうまく組んでいました。

 

2013_tokyo_yushunさて。

デキがイマイチなのに、ベストターンドアウト賞とは。
厩務員さんの日頃の愛情こもった手入れに感謝せねば。

ちょっとこの厩舎ではつらいものがありますが、来年の飛躍に期待ということで。

 

2013_hayama_tokubetsu前日は馬場チェックもかねて現地でじっくり観戦。

前予想と返し馬がばっちり一致したので、楽しみにしていました。

思ったより配当がまったくつかない…

 

この記事をアップするころにオークスSが発走。
翌日は本家のダービーS。

2歳から圧倒的に強かったDawn Approachが、タフなエプソムの馬場で距離をこなすのかが個人的なポイント。

ライアンの乗る"マーマレイド公"の弟Ruler of the Worldとか、初めて見たジョッキーが乗るOcovangoとか、無敗でトライアルを勝ってきた面々は距離について問題なし。

同じNew Appraoch産駒でもLibertarianというオチも…

|

« 息のあった兄弟プレー | トップページ | 見なかったことにしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息のあった兄弟プレー | トップページ | 見なかったことにしたい »