« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

春の前倒し遠征

通常の週では初めてかもしれない金土日開催。
が、3日ともほとんど魅力のない番組ばかりでした。残念。

Sekigahara_kambanなので旅ばかり。

夜行バスで名古屋まで行き、さらに岐阜の西の端まで。

驚いたことに早い時間にも関わらず、おそらくは終点の米原まで座席が空きそうにありませんでした。

Nakatsugawa_ekimae中京に行ったあと、今度は岐阜の東の端まで。

さすがに馬籠宿には行きませんでしたが、朝にいた場所を考えるとかなりの移動距離。

宿をとったのは武豊ということで、競馬場以外の移動にはJRを使いまくり。
あの早い時間帯に窓口に並んでフリーきっぷを買っておいて正解でした。

 

今週はライトウインズ阿見がオープン。
モニターも窓口もない機械だけの空間、気になります。

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

南の島の

2月末、連休がとれたのでスカイマーク便でフライトを予約。
さ、明日は早いからしっかり寝よう。

ぐっすり睡眠。Zzz...

時計を見たら7:50。
成田9:45のフライトなのに!

そもそもこの時点で通勤時間にも間に合っていないのですが。

旅行バッグを手に猛ダッシュで駅に向かい、スカイライナーへぎりぎりに飛び乗り、空港でも一目散にチケットカウンターへ。
(ANAかJALならマイレージカードですぐなのに)

奇跡的に滑り込めて成田を離陸。

 

Naha_interchange46番目の都道府県訪問となった沖縄。

こちらの写真はなぜか那覇インターでのものですが、距離もさほど遠くない首里城には行かず。

初日はおもろまちなど新都心エリアへ。

ここから那覇を離れることになりますが、国道58号が大渋滞。10km弱を1時間かけさせたその原因は米軍車両の立ち往生でした。

 

Okinawa_city_monument那覇市よりも行きたかったのは沖縄市。
米軍由来の名称であるコザの街を訪れてみました。

嘉手納基地の出入り口がそばにあるため、通りは日本なのかアメリカなのかわからないぐらい英語の看板が目を引きました。
彫り師のお店も多かったような。

ちょっとお店に入ってみると、米ドルも普通に使えるそうで「本日のレート」と手書きの表示が。

ちなみに沖縄市界隈はチェーン系が進出しておらず宿探しに難航。
地元のホテルになんとか予約できましたが、アメリカ統治時代から営業している(米軍認証マークが飾ってありました)だけあってアメリカ仕様。
とにかくベッドがでかい、バスルームが広い。調度品もアンティークで驚きの連続でした。

2日ながら他よりも色濃い国際文化を楽しめました。

 

話は競馬。

土曜は白子中里海岸に遊びに行っていましたが、日曜はひさしぶりに新横浜。

20140316ようやくフレデフォートが馬券になった…
これも買い続けていた苦労がようやく実ったレース。

個人的に北村くんと大野くんの馬を狙うことが多いのですが、最近とれた馬券も彼らがことごとく関係しているのは気のせいでもないと思います。

たしかにフレデフォートも両者で穴をあけたことがあるんだった。

 

今回の変則開催はどう過ごそうか…

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

少頭数を楽しむ

沖縄の件はまた先延ばし。

 

金曜日に仕事がなぜか遅くなり、土曜の予定を思案しているうちに夜が明けてしまいました。

今行ってみたいリストで一番ピンと来たのが長野方面だったので、お風呂だけ入ってそのまま始発電車へ。

Otomeko_koen寒いよ~

とても3月に入ったと思えないくらいの冷え込み。
軽井沢ほど風は強くありませんでしたが、写真の乙女湖周辺もまだまだ雪が健在。

帰りは小諸からバスでしたが、練馬までずっと寝っぱなし。
行き当たりばったりで行きたい場所が直前まで決まらないと、こうなってしまいます。

 

20140308信越方面へ出かける=必ず高崎を通るということで、途中下車でウインズへ。
まもなく見納めになりますので、また来月も。きっと。

またも少頭数で波乱。
もともと勝ち負けできる馬ですし、この相手でちょっと人気がなさすぎた感もします。

複勝2着払の威力がすごい…これが「荒れる少頭数」の醍醐味ですね。

 

ちなみにスマートオリオンはかなり自信があったので1000円にしたつもりでした。
いわゆるマークミス。

上述の電車で寝るため高崎まで裸眼で行きました。
その電車が遅れたこともあり、その後の長野でのスケジュールがかつかつ。

高崎でまずコンタクトの装着をしたかったですが、その時間もなくウインズへ。
購入箇所は事前に固めてあったので大急ぎで記入、購入、退散。

つまり裸眼で何をどこに塗ったかよくわからないまま馬券を買っていました。
で、隣同士の500円と1000円がずれたという…

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

追っかけのごほうび

先週、休みをとって沖縄へゲリラ旅行。
土曜の競馬がネタなしだったのでこの話を取り上げようと思いましたが、先送り。

日曜昼に、急に曽我の梅を見たくなって2週連続の小田原行きを決定。
その時点で渋谷にいたのですが、一気にまとめ買いして出発。

足柄エリアはあいにくの雨でしたが、梅が満開でなかなかの壮観でした。
そして家に帰ってからレースをチェック。

20140302デンコウスカイの複勝があっさり当てられたのでこれはもしや…という感触があったのですが、自信のあったところはことごとく壊滅。

一方で、思いもよらない的中が。
しかも単勝までついてきたので、予想以上にプラス転換。

どちらも共通していたのは、いつかは走るだろうけどそれがいつなのかわからないという箇所。
買い続けていた人だけが受け取れる、とっておきのごほうびでした。

ちなみにWIN5は関門橋Sが少頭数になったため入れ替えとなりましたが、そのままにしたところでキャリーオーバーまではいかなくともかなりの配当だったでしょうね。

その関門橋Sは写真の1点のみ。
非常に流れが向いたとはいえ、やはり気持ちのよいものです。

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

駅前事件

とはいっても先日のモトスミの話でも川崎の話でもありません。
後者は小田原からの帰りに現場も見ましたが、ちょうど脱線しなかった車両を移動させている途中でした。

 

3歳ダートはまだまだタレント不足。

毎年のようにヒヤシンスSは1200・1400組が流れを作って1600・1800組がおいしいところをかっさらう…という持論があります。
実際においしい配当を何度ももらっているボーナスレース。

2014_hyacinth_s今年はさみしい顔ぶれではありましたが、前予想と映像を見た感じメイショウボーラー産駒が上記の理論に当てはまりそうでした。

どっちか来ればいいなぁ。

う、不完全燃焼の極み…。

 

余談ですが、翌日にも同じようなレースがありました。
前日に展開を引っ張った当事者側で、なぜ同じことができなかったのか…

 

メモ

前走は重賞の壁に跳ね返されたショウナンラグーン
今回も骨っぽいメンバーでさすがにシンガリ人気、少しでも見所があればとの見解でしたが、想定以上の内容でした。

メジロシャレードはその血統とデビュー戦(誰が勝ったかは言わずもがな)から期待していたのでしたが、その血統だけに体質が弱く軌道に乗る前にリタイア。
夢は子どもで見てみたいものです。

 

今年は日付の関係でいつもより早めの引退到来。
ラストランは関係者だけでなく、馬にも思いが伝わるようで激走が見られます。

じつはそれに気づかずタマモマーブルの単複を持っていたのですが、レース後に鼻出血が判明。

直線は両側から挟まれながらも何かが乗り移ったかのような追い込みでした。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »