« うまさぎっしり春の新潟 | トップページ | 7年の隔絶を経て »

2014年4月26日 (土)

桜前線いまここ

新潟とセットにしている中京遠征を先月へ前倒ししたので東北旅。

あいかわらず仙台は手頃な宿が予約できないので(前回はあきらめて大崎市)いろいろ悩みましたが、思いついたのが山を越えた山形市という選択。

これまで山形県への訪問は3回あるのですが、すべて天気は雨でした

先週と同じく早めに起きて宇都宮へ直行。黒磯で乗り換えて新白河のウインズ到着。
できるだけ山形での滞在時間を作りたかったので新幹線に乗って一気に仙台、そしてなぜか仙台港のアウトレットへ。

 

アウトレットから出るころに仙台市内の雲行きが怪しくなってきました。
作並温泉のあたりでは微妙に雨が。山の向こうははたして…

山寺の駅に着くころにはまぶしいくらいに日差しが
山形県で見るはじめての太陽(笑)

 

Kajo_full_blossom_over_water先に荷物を置いて身軽になるためチェックイン。

そして通りがかりに気になっていた霞城公園へ。
山形はちょうど桜が満開の時期のようで、これは非常によいタイミングを引き当てられました。

お堀をはさんだ向かい側に新幹線等の線路がありますが、夜間は速度を落としてライトアップされた夜景を楽しめるように工夫していました。

翌日に大河原の千本桜も目にしたのですが、こちらはだいぶ散っていました。
けっこう気温が違うようで。

 

今回宿泊したホテル、いつもと違うと思ったのが地図で見た敷地の広さ。
渡された部屋のキーも11階。これまで6階建てぐらいまでしかなかったのに…

そしてエレベーターに向かうと待ちの行列。
見れば県内屈指の野球部の生徒も。

あらためてフロア構成を確認すると、6階までホールや宴会場。
値段を思い出して、ホテルを間違えた?とあせったぐらい。

 

話を戻して、夜は寒河江まで足を伸ばしてみました。
仙台と違い、JRの本数が少なく、終電も早い。9時を過ぎれば徒歩で行ける範囲しか動けなくなってしまいました。

翌朝は1時間寝坊
朝ご飯を楽しむ時間が10分しか残っていませんでした。

先ほどふれたように朝食は今までにない豪華なバイキングで、味も文句なし。
あと1時間余裕をもって食すはずだったのに…先週と同じくパンだけ包んで持ち帰りました。

ということで駆け足で全メニューをつまみ食いていどに食べたのですが、山形らしく芋煮(テイストはすき焼き風)が味噌汁代わりにありました。絶品。
次の東北遠征もここで早くも決まり。今度はゆっくり味わいたい…仙台までの片道1時間ロスを差し引いても魅力の方が大きかったです。

 

ぎりぎりで新幹線に乗って福島。
バス待ちの行列が妙に長い…開催中でもこれほどの人数は見たことがありません。

Fukushima_event_stage_funasshi_2入り口の掲示板に「ふなっしートークショー」。
…犯人はおまえかなっしー!

震災のあった夏以来となる馬場内に行ってみると、とにかく親子連れだらけ。
見えるだけで並びは4列はあったような。みんな見せてあげようと肩車をしたり、背伸びをしたり。

気になる福島競馬場の来場者は4割増、子どもに限れば震災後の記録更新だったそうで。
思い起こせば、バスの運転手さんが子連れのお母さんと「ふなっしー人気すごいね~」「うちの子も大好きなんです」と会話をしていたっけ。

こちらに住んでいるとなじみすぎて実感がありませんが、ふなっしー人気のものすごさを認識させられました。おそるべし。

 

引き続き旅がメインなので、あいかわらず競馬は軽め。
なんせ気乗りしないレースばっかりで…

20140419だったらここで思い切りいくべきでした。
古馬にならないと完成しないでしょうが、前走の巻き返しぶりをきちんといかしきれました。

まだ芝でも見てみたいな。

 

次回は仕事次第でありますが府中現地か首都圏のウインズ、その次は淀・仁川。
天皇賞当日なので日曜の淀現地は避けたいところ。

あ、ウインズ新宿が再オープンするんだ
200円縛りはなんとか改めてほしかったですが。

|

« うまさぎっしり春の新潟 | トップページ | 7年の隔絶を経て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うまさぎっしり春の新潟 | トップページ | 7年の隔絶を経て »