« 7年の隔絶を経て | トップページ | あるいは庭いじり »

2014年5月10日 (土)

花の金曜日

先週はゴールデンウィークということで、会社も8連休。
なので毎度恒例の関西遠征(もとい帰省)となりました。

今回は早いうちに行き帰りの飛行機を予約したのですが、よりによって選んだ岡山は大雨の予報。
久しぶりに揺れまくりの中(2歳ぐらいの子どもが恐怖で泣きっぱなしでした…初フライトならトラウマになってしまうかも)、幸いなことに雨はやんでいました。

じつはヤマを張って傘を持って行かなかったのですが、こんなところで的中(苦笑)

大阪まで戻ってくると、土砂降りで屋外に出られず
奈良に入ると再びやんでいましたが…実家に帰ったすぐ後にけっこうな雨が降り出しました。

なんと悪運の強いことやら

 

滞在中はいつも通りあちこち行きまくりでしたが、金曜はちょうどいいタイミングで難波・梅田にいました。
天皇賞は気が乗らないけど、青葉賞はおもしろそう。

両ウインズでの購入は3年ぶり(このときも金曜発売)で、どちらも当たらず。
どちらでもいけるように単複を難波、ワイドを梅田と分けて買う念の入れよう。

天皇賞が当日にあたるので、混雑を避けるべく土曜に京都(琵琶湖方面へのお出かけ)、日曜に阪神(姫路方面へのお出かけ)と使い分けました。

土曜日、絶好の行楽日和もあって人の入りは上々。
ほんとうはちょっとパドックで実馬を見てみたかったのですが、ちょうど昼休みに入ってしまいあっさり退散。逆方向の新装くずはモールに行ってました(笑)

 

20140503土曜は青葉賞と直線以外にこれといった興味をそそるものはなし。
…でしたが、珍しく確実に勝てそうな馬を発見。

出戻りとはいえ相手が軽いし、この人気もやむなし。
その時点では単勝2倍しかなかったので以前にお世話になったサウスマキシムを指名して裏も返さず。

あとで結果を見ましたが、マイペースに持ち込んで完勝だったもよう。
馬単がここまでつくなんて。

距離が伸びてどうかが気になりますが、ツインプラネットは忘れないようにしておきます。

 

2014_aoba_shoずぶずぶのハイペースだった陣馬特別とは打って変わってスロー。
開幕週から芝は差しが決まる馬場とはいえ、後方じっくりでどうするんだろうなーと見ていましたが…セントポーリア賞でケツ人気らしからぬ脚を見せたのはダテではなかったようです。

ここ数レースの好走でさすがに穴人気するだろうとの見立て通り、金曜発売でもそんなオッズ傾向になっていました。
ところが当日ふたをあけると人気落ちしていたため複勝を買い足しました。

淀で初めてのプラスだけでなく、難波は初当たりが勝ち越し卒業。
ワイドが1・4着のため梅田の初当たりはお預け。今度こそ…

ショウナンラグーンは先ほどのセントポーリア賞のときにメモを残しています。
その続きになりますが、ここまでくれば夢は大きく見てみたいものです。なんとかケガなく…。

 

メモ

青葉賞で狙いをつけたのは写真の3頭とファーガソン
ヒルノダムールの下がどんなレースをしたのだろうとリプレイで見直すと…なんとみごとなジグザグ走行。

上がりタイムはショウナンラグーンと同じだけに、まっすぐ進路を確保して走ってくれればと言いたくもなります。(ワイドもあったし)
とにかく気性の成長待ちで、今は乗り役をかなり選んでしまいますね。

|

« 7年の隔絶を経て | トップページ | あるいは庭いじり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7年の隔絶を経て | トップページ | あるいは庭いじり »