« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

まあ、こんなものでしょう

私生活でごたごたがあったので、衝動的に東北旅を決行。

私の知人関係は圧倒的に年上の方ばかりなのですが、既婚者で「バツ」がつく人がなぜか多いです。
あとから離婚するよりその前に…なのは不幸中の幸い?

 

話を旅に戻しましょう。

東北旅の往路はバス。
昼過ぎから5時間半かけて仙台に到着。

天気予報でも絶好の行楽日和と言われていたためか、宿の候補が品切れ状態。
14ヶ月ぶりの大崎までさらに移動して一泊。

2014_fuchu_himba_s土曜はこれ以外が全滅。
前走の負け方から府中なら勝てると自信があっただけに、全額ここに回しておけば言いたくなる結果。

まあ、メンタルのバイオリズムからしてこんなものでしょう。

 

日曜は福島現地。
早めに切り上げて郡山に行ったものの、上記の経緯で同地での目的を失念してしまい帰路に。

電車に乗ってから、B-1グランプリのパンフレットを眺める人を見てようやく思い出すも後の祭り。
たしか前日の国見SA(休憩箇所)で、郡山からの団体バスがやたら多いなという記憶があったのですが、間違いなくこれですね。

20141019アタマ突き抜けも70倍のワイドが届かず。

ネオシーサーはいつも応援している馬、ガッサンプレイは前2走の敗因が度外視していい内容、でどちらも人気がなかったので期待していたのですが…

まあ、今の精神状況からしてこんなものでしょう。

 

さほどダメージはないので、会心の的中が先か立ち直りが先かはいい意味でわかりません。

 

おや、ぶどう君が短期免許で来日だって?

でも、「ピエールシャルル」と表記するんだったら、ルメも「クリストフパトリス」にしないと不公平では…双方ともハイフンでつながっていますから。

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

急に旅をつっこむ

またも台風がくる(先週時点では関東を直撃しそうな気配でした)ということで旅行の予定を入れなかったため、金曜夜になって急遽練り直すことに。

もう夜が明ける…

Nagaoka_hanabi_monument半年恒例の新潟遠征は、なんと日帰り強行軍になりました。

まず東京に向かう始発が人いっぱい。
新幹線も東京を出た時点でA,C,E席が満席でした。3連休だけあって、天候を気にしながらも旅する人はいますねぇ。

いったん長岡で降りて銀行の開店待ち。

昼前に折り返し、燕・三条エリアで遊んでから前橋までゆっくりと移動。
前橋で銀行に寄って帰宅。一日ほぼ何も口にしていないのに、とにかく眠いので寝てしまいました。

 

Octorber_fest_in_tochigi_2014_2日曜日はひさしぶりに府中(春開催に一度も行っていない)に行こうかなと考えていましたが、上記の通り前日の寝不足がたたって寝坊、断念。

とはいえ時間は夜まで余っているので蔵の街・栃木へ。2年前もやっていたオクトーバーフェストに遭遇。

帰りは特急で…指定席を取ろうとするとずらり満席。
ただ、タイミングよく臨時便ががらがらで来てくれて事なきを得ました。

 

20141012あと少しなのに…

東京最終はワイドを持っていたのでプラスになりましたが、勝ち切れたのはグレイスフラワーロスヴァイセぐらい。

他にもポンデザムールカレイファンタジアも文句なしに乗ってくれましたが、前者は勝ち馬がそれ以上に展開がハマりすぎ、後者は前がタレるのが早すぎ。

 

天皇賞ウィークは11ヶ月ぶりに九州遠征が控えているので、今週か来週は東海か東北のどちらか、もう一方はこちらでじっくり競馬の予定。

 

おお、あの産駒が中央デビューを果たすとは…

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

現場でしか買えないもの

台風の影響に気にしつつ、期末決算の方は気にせず翌週へ持ち越しとなったのでお出かけは土曜のうちにすませました。

日曜は朝から雨がしっかり降っていたので、GⅠデーといえども出控えするだろうな…と踏むと案の定空席を発見。前月からの予定通り、腰を据えてのウインズ観戦となりました。

 

20141005動かすキャラとはいえ返し馬が動いたのでこんな馬券に。
シンガリ人気狙いはさすがに無謀でしたが、馬券の軸は別物だったのでよしとしましょう。

3年前にお世話になったクラウドチェンバーですが、これで路線が定まりそうかな?

 

2014_sprinters_sさすがに強気に行き過ぎたみたい。

池添くん、外が伸びる馬場になっていたとはいえあれは違うぞ。
勝ち馬が通ったところがまさにそれ。

玄人好みの穴を持ってくるので個人的には評価している大野くん、春の借りを返してGⅠジョッキーに。おめでとうございます。

どっちも代用でしたが、枠連がえらいついた…

 

2014_ryuto_sいつもの「一気にまとめ買い」なら買うことがなくなった、パドック・返し馬チェックと3連系馬券。

もともと狙う候補で単複ワイドは先に買いましたが、またも大知が返し馬で動いたので3連複を買い足しました。

まとめ買いであれば、帰宅してからレースを見てもっと買えばよかった…となるところですが、今日は満足のいく締めくくりができました。

さておき、ワイドの配当にはびっくり。

 

今年はいつも鬼門の宮記念・ダービー・スプリンターズ当日でプラス。あとはJC、共通点のダート1800で何とかなれば…。
そのダービーデー以来となる、2014万馬券3本目。

全国の競馬場・ウインズ唯一当たりが出ていない佐世保リベンジ資金に回します。

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

またも月末に消化不良

いよいよ期末決算が(曜日の配列で2週連続)近づいてきたので、おとなしくウインズで腰を据えての競馬。

Kobe_simbun_hai前の馬に内を閉められ外に振られ…それ以上にまじめに走っていなかったですね。

たまたま目にした勝ち上がり方がよかったので複勝圏内はだいじょうぶだろうという見立てでしたが、まともに走ってくれればアタマ突き抜けまであったのでは。。と思わせるレースぶりでした。

 

土曜は仕事次第ですが、日曜はウインズでゆっくり過ごします。

 

今年は日本から3頭が挑む凱旋門賞。
先週になってようやく登録馬を確認してみました。

9月末時点でも、休養中のエピファネイアとかすでに引退したSea the Moonなどの名前がリストに残っている状態でどれが出てくるか読めませんが…

個人的に気になっていたのは今年来日していたBenoistの選択。
毎日王冠で的場さんがエルコンドルパサーグラスワンダーのどちらを選ぶか、といえばわかりやすいでしょうか。

週明けにニュースで出ていましたが、選んだのはEctot
クラシックは棒に振った2歳からの実力馬でしたが、半マイル延長はむしろプラスと見えました。父親と同じ軌跡をたどれるか。

余談ですが、BCクラシック最有力のShared Beliefもクラシック不出走ながら快進撃中。
似た境遇の馬がどのような結果を残せるかも興味をひくところ。

一方の無敗馬Avnir Certainにはおなじみルメが騎乗。彼は同レース未勝利ですが勝ち負けには持ってくるので、心持ち距離が長そうな同馬をどう御するかが見物。

前走はTapestryにというよりライアン渾身の騎乗で土をつけられたTaghrooda。追う者追われる者という展開のアヤなので(後続をちぎり捨てていますし)ケチはつかないでしょう。
斤量で有利な3歳牝馬。

良血AustraliaはチャンピオンSへ向かうため回避、古馬には若手を上回りそうな存在がいないので日本勢の上位進出も望めそう。

雨降ればぶどう君(P-C. Boudot…名門所属の若手騎手)。Gallanteの勝ったパリ大賞みたいな重馬場だと様相が変わりそう。
これを書いた2日後に、回避のニュースが。どれが逃げてどんなペースを作るのかがさっぱりわかりません。

 

出走確定と枠順がでたので、印でも。
上位は枠の差。

Ectot
Taghrooda
Dolniya
△日本勢どれか
×Avnir Certain

偶然か必然か、3歳ばっかり。
正直いってBenoistに凱旋門賞ジョッキーの称号は早いと思いますが。

どんぐりの背比べという印象が強いです。
騸馬は出られないため前日のドラール賞で弱いものいじめをもくろむCirrus des Aiglesが出てくればあっさりなんてことも。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »