« 旅に出たものの | トップページ | 見逃してはいけない場面 »

2014年12月 6日 (土)

難しい返し馬

連休中の旅の話はまた先送り。

ジョッキーには個性があり、それは返し馬でも見て取れます。
動かす人もいれば、逆もしかり。

後者のパターンが外国人と岩田さん。
見極めのポイントは馬自身の動きであり、それが動いていれば買い時という意味。

 

土曜日、前日に親知らずを抜歯したので消毒のため通院。
朝10時と早かったことを逆手にとって、土曜発売を解禁した浦和へ行きました。

20141129まとめ買いをしているときにちょうど馬場入場。

ふつうレベルの返し馬でしたが、鞍上は岩田さん。
つまり、実質動いているということ。

前予想を捨ててまで単複を買いました。

手に汗握る展開を抑えきって勝利。
たまたま写った返し馬を見ておいてよかった。

…といいたいところですが、勝ち馬に迫ったのはなんと前予想の本命馬。
なんでそこでワンツーするかなー

 

20141130日曜は最終しか買いどころがないというのが前予想の結論だったのに、昼前に府中現地に行ってしまいました。

結果も見立て通り。競馬場内のピクニックでもしておけばよかった。

掛かりっぱなしの馬を直線で爆発させたSoumillonのワザが光ったJC。
もともと鞍上が決まった時点で本命でしたが、ここでも返し馬の動きが目立ちました。動きそのものは軽めだけど、しかるべき箇所が動けていたという印象。(よくよく見ると暴走気味でしたが)

4年間の汚名は晴らせたかな?よかったよかった。

京阪杯まで見てると帰れなくなるので、後で結果を確認。
サカジロロイヤルの人気のなさに笑ってしまうぐらいでしたが、あの相手を拾うのはムリ。

 

2014_kyoto_2sai_s体調も馬券も絶不調だった11月、ようやくいいのが来ました。

去年もそうでしたが、Buickとの重賞相性がいいようです。

かくして浦和で初勝利。
来年は各地での未勝利を卒業していければ。

|

« 旅に出たものの | トップページ | 見逃してはいけない場面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅に出たものの | トップページ | 見逃してはいけない場面 »