« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

卒業シーズン

3連休となった先週ですが、その過ごし方について考えていたところ「九州へ行ってみよう」となりました。
しかし直前の着想だったため、航空料金が割高。卒業シーズンですからね。というより春休みか。

なのでJALマイルに交換できるジェットスターを選択、LCCを体験してみることに。
鹿児島便がいい時間にあったので、往路はすんなり決定。

ただし、帰りの熊本便が遅いため(LCCは定時より遅れることが多いと聞いていましたし、じっさい往復ともそうなってしまいました)リスクが高いと判断し、帰りは福岡便となりました。
鹿児島で宿泊するため、土曜の一日で九州を縦断するスケジュールです。

 

金曜は正確な到着時刻でかつ経費を浮かすため五反田・泉岳寺と乗り換えて成田へ。
それでもチェックインがぎりぎりセーフ。昨年の沖縄のときと同じばたばたぶりだ…家から羽田が近いせいかやっぱり成田は遠いです。

一般にLCCは座席間隔が狭いと言われますが、そこまで窮屈でもありませんでした。
函館に行ったときに乗った、エア・ドゥのB767の方が足をぶつけたほど狭かった気がします。ボーイングとエアバスの座席設計の違い?

寝ている間に鹿児島空港に到着。
鹿児島は1年半ぶりですが、上着だと暑いぐらい。

鹿児島市街地へは10分に1本バスがある驚きの本数ですが、姶良市へ寄り道するため国分方面へ。
立地場所が「溝辺町麓」というだけあって、同じ霧島市内で峠越えをしました。

いったん鹿児島市に入ったら、今度はフェリーで桜島へ。
とはいえ時間が遅くて行ってくるだけになってしまったので、競馬に関係ないときに行ってみよう。

 

Hinaguonsen_kinenhi_x翌日は早めに起きたものの、かえって余裕ぶっこいてしまい予定の新幹線に乗れず。後続のちょうどいい乗り継ぎがすべてパー。
1時間ほど予定をロスするか、八代駅から9kmタクシーに乗るというシナリオも頭をよぎりました。

けっきょくは日奈久温泉駅から歩いてみるという結論に。
せっかくだし日奈久の町並みを散策してみました。

 

ささっと馬券の用事は済ませ、宇土(昼食)・熊本(銀行)・玉名・筑後に寄り道して博多まで北上。気づけば夕方。
宇土で「小袖餅」なるお土産を見つけたのですが、「ウリである柔らかさを楽しんでいただくため」消費期限が当日限りでした。さすがに日持ちはするだろうと翌日差し上げたのですが(苦笑)、それでも見た目はすごく柔らかそうでした。

帰りは成田エクスプレスで乗り換えなし。高いけど速くて楽だ。
さて、馬券の結果を見てみよう。

 

2015_flower_c理由はわからないけどなぜか当たる相性抜群のレースは誰しも何かしらあるはず(逆もしかり)。
私にとってのそのひとつがフラワーC。牝馬限定だから?

前予想でチェックしておいた馬がことごとく人気しなかったのでフォーメーションで組んでみると、やっぱり馬券に絡みました。
ほんとに不思議なレースだ…

 

2015_wakaba_s木曜に出走馬を見始めたときは買う気がしなかった若葉S。
五十音の最後にまさかの本命を発見。

またしても少頭数なのでもう1回総流し。
そしたらとんでもないワンツー。意外にもワイドはブービー人気でした。

ワンダーアツレッタは未勝利をのぞけばまったく人気しないまま皐月賞のきっぷまで獲得。意外性の連続がほんと兄たちに似てる。
しかし本番は誰が乗るんだろう。

終わってみれば完全に想定していなかった八代の卒業といううれしい誤算。
反面、南九州の旅打ちもこれが最後。

 

今週の高松宮記念にAerovelocityが出走。
オセアニアのTom Fool系はひさしぶりに見た気がします。

ハンデ戦の下積み時代から一気にスターダムにのしあがってきた印象。
着外がほとんどなく、格負けせずに走れていますね。

ジョッキークラブスプリントではシンガリ負けを喫しましたが、まるでゲームのように逃げ馬とラチに2度も挟まれて終了。
度外視していいのは間違いなく、香港スプリントは先手を奪いきって逃げ切り。

位置取りは気にしなくていいようで、あとは坂がカギでしょうか。

 

「隣に馬が入ったら喜んでいて、出遅れました」
ミュゼスルタンの馬券を買っていた人もこう言われては、ね。

アースライズの2着はレッドカノーヴァのせいで皇成が疲れていたからです」
当のレッド出資者の知人にこう言われては、ね。

今週からすべてのレース映像が視聴解禁。
後半しかあとで見られないから、と特別以降はちまちまでも買っていましたがその必要もなくなり、本当に必要なレースだけを購入できるようになりそうです。

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

やる気が起こらずも

先週は総じて睡眠時間が少なめ。ただし結果的にどの日も4.5時間睡眠になったことで睡眠リズムがうまくいったのか目覚めがよく、日中も眠気を催しませんでした。

平日に続いて土曜も3時寝の7時半起き。
何を思ったのか2週連続の中京遠征に出ました。

2015_tateyaka_tokubetsuとは言っても全然気乗りしないレースばかりで、その前の名古屋に続くすっからかんペース。これはまずい…

が、唯一前予想で自信のあったところで予想外の突き抜け。
前走は悔しい2着だったロードエフォールでリベンジ成功。

ちなみに遠征恒例?の行ったことないシリーズ。
今回は海部郡に飛島村と大治町へ。これで尾張西部は制覇のようです。

 

日曜は4時半寝の12時起き。周期的にはちょうどいいのですが、昨日の疲れかやや寝過ぎた模様。
だってめぼしいレースがなんにもなくって…

2015_fillies_revueそんなことで買いたいレースだけを買いに行きました。
びっくりの配当。

本命→対抗→3番手であっさり決着だったので、もうちょっと力を入れておいてもよかったかもしれません。

ルート上に府中があるという立地面から、過去1度しか行ったことがないウインズ立川。
そのときは3,000円の購入で3,000円ちょうどの払い戻しという、負けはしていないが勝てなかった場所でした。晴れて立川は卒業となります。

予想外の土日ともプラスでした。非常に幸運。

 

さて、金曜が土曜祝日のため会社休日になり3連休。
旅行続きですが、どうしようか。

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

粛々と続く

月末の衝撃の翌日、早くも競馬がやってきました。
いまひとつ気乗りがしないけれど、群馬に行く予定があったのでバスに乗るため新宿に立ち寄り。

 

とても大きいハナ差2発。20150228

最終はユーイチが八百長と言われても反論できない手抜き騎乗に冷や汗ものでしたが、馬が勝手に交わしてくれました。

たたき合いの相手がかつてGⅠを勝たせてもらった白井先生のラストランなので、 はなむけにしたかったのだろうとは想像がつきますが。
そんなことして誰も喜ばないでしょうし、なにより勝ち損じた馬の将来が変わりかねませんから。

渋谷より行く機会が増えた新宿は今年早くも2勝目。

2015_sumire_s翌日はもっとメンバーがそろわず。

これだけは買いたいレースはちゃんととれましたが…やらなきゃよかったレベル。天気がよければ切り上げて帰っていたところでした。

ワンダーマッスルの子どもは個性派ばかり。
ダートだろうと思っていたのに、兄よろしく芝で走るなんて。

 

翌週は先月に亡くなった親戚のお墓参りをするため、急に思いついて始発電車の旅。

4:40に乗り込み、静岡~豊橋だけ新幹線を乗り継いで新しくなったウインズ名古屋…も久しぶりにすっからかん。やらかしてしまった。。

亀山(関)の道の駅でお供え用のお菓子を買って、時間が余ったので和束町に行ってみました。こんな田舎で1時間に1本もバスがあるとは。

天気予報では関東ほど降らないと聞いていたのに、奈良に入ったころはけっこうな雨量になってきました。

 

2015_polaris_s次の日曜は梅田で初勝利を目指すも…まさかの50円負け。
あとひとつ、元返しの複勝ですら勝てていたのか。。

この日も弥生賞をはじめ手を出しにくいレースばかりだったので、こうした狙いがたつところだけにとどめ予算をケチるべきでした。

その後は彦根でひこにゃんを見てから帰宅。
寝ずの旅始めだったので、両日とも移動中ひたすら眠ったことしか記憶にありません。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

遥かな君に

競馬を始めて2年たとうとしていた、中学校入学前の冬。

学校から帰って日刊スポーツの競馬欄を見ていると「"遥かな君に"で歌手デビュー」の見出しが。
おもしろいことをする人がいるな~というのが最初の出会いでした。

その半年後、木刀事件が発生。自らの身に重ね合わせたのを覚えています。
それからは、ステイゴールドの苦い思い出もはさみながら、ちょっとしたいたずらでインタビューを盛り上げてくれる姿勢にすごく好感が持てました。

12~13年の長い離脱からカムバックしたとき、現地での復帰後初勝利を祝福する空気に感動したのがつい最近のことのように思われます。

 

海外ではどのように報じられているのだろうとレーシングポスト(かなり早い段階でニュースを掲載していました)を見てみると、「彼は積極的な騎乗で知られている」との記載が。

(皮肉にも今年のそれが最後の重賞騎乗となってしまった)ダイヤモンドSのユーセイトップランを持ち出すまでもなく、勝負どころのアグレッシブさで何度もお世話になりました。

同じ記事には府中開催まで日本にいたベリーさんのツイッターも。
「優しい紳士で、とても仲のよい友人だった」…投稿時間を見ると、朝からびっくりなニュースだったでしょうね。

 

府中や淀にも献花台とか記帳台を設置してくれればいいのに。
全国どこに設置しても、きっとお花いっぱいになるでしょう…でも、それはそれで悲しくて直視できない。

それでも競馬は続いてゆきます。
命を懸けて走る馬と、それに関わる人がいる限り。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »