« 不思議な抜け穴 | トップページ | 買い物びより »

2016年10月15日 (土)

旅さきは、長崎の…

連休の真ん中なのに空席率が低い=特割の値段が高いという特異な状態だった長崎。
金曜のニュースを見て、この日がくんち最終日だったのにやっと気づきました。

もとよりニーズの高い路線ではありますが、行きも帰りも満席。でもバス連絡での搭乗でした。
なお、心配だった奇跡的に回避。電車に乗ったらすぐ雨が降って来ました。

 

Huis_ten_bosch_arrival空港から連絡通路を歩くこと約5分。
そこから高速船で50分。

ハウステンボスの港に到着し、せっかく来たのだからとハーバーゾーンを少し散策。
去年から有料に変わったはずですが…料金所がわからないままゲートを出てしまいました。逆のルートなら確実に徴収されています。

ゲートを出てから外周をぐるっと10分歩いて3年ぶりのウインズ。
うわさには聞いていたものの入り口が変わっているし、大ホールも上のフロアも閉鎖。ものすごくこぢんまりしてしまっていました。

2016_mainichi_okan開幕からいきなり芝もダートも差しが決まる馬場状態を見て、重賞は1点購入。後ろにやられるってなんでかなぁ。

せっかく京都でエーティーラッセンを1点で狙い撃ちできたのに…初勝利が遠いですね。雰囲気は最高だからまた行くか。

 

ウインズを後にして、川棚・東彼杵を回って一気に長崎の浦上へ。
観光地の多い長崎駅の手前で折り返すかたちになりましたが、何年も先になるだろうと思っていた平和公園に行くことができました。

そこからは満員の路線バスで少し北上し、長与町を一瞬だけかじってから時津港。

空港へは再び海路でしたが、今度はものすごい縦揺れ&横揺れ。
ふつうに天井まで波をかぶるため、横に傾くと豪雨にあったように水が窓を流れていきました。

飛行機・列車・バスに船といろいろな乗り物で大村湾を回ってみましたが、天候に恵まれたこともあってものすごい充足感。
さらにハウステンボス界隈ですでに5km歩いた(さらに浦上でも3km)ことで、もうへとへと。

 

2016_green_channel_cメンバーが分散してしまう3日開催でなかなかめぼしいレースがありませんでしたが、最終日のこれだけはどうしてもとりたかった。

土曜日に33.9秒というハイペースを作らされた逃げ馬を買っていた身としては、34.0秒と聞いて思わずにやっとしてしまいました。

 

メモ

アスターリュートは短い距離で。血統からしてそうですが、映像を瞬間に胴体の詰まりっぷりでお客さんとわかりました。

逆に短い距離を試してほしかったライドオンウインドは追走が見違えるようによくなっていました。あともう少しだった…

 

都道府県庁所在地は長崎に行ったことで残るは松江のみ。来月の島根旅を多少強引にスケジューリングすることで達成できるかも。

さすがに高知と沖縄は行けそうにないです。1年で45都道府県に足跡を残すことになるとは思ってもいませんでしたが。

|

« 不思議な抜け穴 | トップページ | 買い物びより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議な抜け穴 | トップページ | 買い物びより »