« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

負けない流れ

先週は平日が雨続きだったこともあってネタなし。
祝日を棒に振ったのはかなりひさしぶりでした。外見たら雪降ってたし。

20180325買いすぎて前回の浦和以来となる土曜のマイナスが見えていたのですが、ワイドがうまいこと乗っかって100円だけプラス。

中京の方も買った馬どうしで加害&被害がなければワイドはあったんじゃないだろうか…

相変わらず日曜は当たる気がせず、実際に当たらずふつうに負け。
とはいえ、次の土曜は予算額を守れれば月間プラスが達成できそうです。

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

最初で最後?

土曜は1ヶ月ぶりに再び伊那地方へ。
春休みシーズンが始まったせいか行楽客が多く、中央道がけっこうな渋滞。15分までの遅延は見込んでたけど25分は想定外だぞ…

駒ヶ根インターで降りてすぐさまボードに乗ったものの、なだらかとはいえ延々と続く下り坂。
車が交差点から出てきたら危険だと進行を止めようとして危うく転倒するでところでした。そこそこ足をひねったけれど、しょうがない。

駒ヶ根市から宮田村がボード移動(5km下り一辺倒でそこそこ歩いた)、10分遅れのJRに乗って箕輪町で折り返し、路線バスで伊那市と南箕輪村という行程。
宮田駅で電車を待っていると、湿度の低さと急ぎ足だったせいか目が乾燥してコンタクトがぽろり。手のひらに乗ったものの、すぐに風で飛んでいきました…外出用バッグに予備を入れておかなかったらえらいことになっていたところでした。

最後は伊那インターのバス停位置を誤って、予約していた新宿行きが到着する時間。
ダッシュで高速土手の階段を駆け上がると、ちょうどドアが開いたばかりのバスが。危なかった…

2度にかけて出かけた伊那地方、コンパクトな市町村が多く一気に12箇所も訪問数が増えました。
あと行けそうなのは阿智村ぐらいだな。

 

2018_wakaba_s前走は勝ち馬に完敗とはいえ、不向きな展開で踏ん張ったレース内容が完全に忘れ去られていたらしく、単勝330倍はありえない異常オッズ。掲示板でいいから見せ場作って見返してやれ!

あ、ゴール前3着にでなった。
人気も飛んで複勝跳ねるぞ… ひさしぶりに50倍とれたか?

…腰が抜けるほどびっくりしました。
ブレイクランアウト産駒だからこそ買ったのではありますが、上記の通り多少の裏付けは持ってます。配当は完璧な棚ぼたですが、激走はフロックではないはず。

2018_makuhari_sワイド買ってない。
狙いはよかったんですけどね。

実馬券は完全なイーブンだったものの、PATの1000円が余計でその分だけ負け。
小郡の日から引き分けを挟んで続いていた連勝も4でストップ。

とはいえ幸運にも単勝がとれる傾向が続いており、精神衛生上は助かっています。
実馬券でがんばろう。

 

かくして、11年半かかってついに新宿で万馬券。
それ以上に競馬歴20年11ヶ月で初の複勝万馬券。発生条件を踏まえても、最初で最後だろうな。

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

微妙と絶妙

珍しく競馬関連のみ。

2018_triton_sめちゃくちゃ難しいレースを絞り込んだときにしばし起こる現象。

前予想したら10頭以上も印が回ってしまって、とてもじゃないけど組み合わせ馬券は買えない状態。
単複まで絞りきってしまいましたが、そういうときに限ってセットで来てしまう。

ワイドまで広げるのは予算の限界がありましたが、このペアで100倍もつくのか…

ともあれ中山牝馬Sに助けられて、土曜日は少しプラス。

 

2018_fillies_revueこれは会心の的中。
というのも、先週に続いて日曜日はかすりもしなさそうなレースばかりで前日の払い戻しだけするつもりでした。

ゆっくり出かけて、到着したのがちょうど金鯱賞のスタート直後。

阪神メインだけは唯一気になっていたところがあったので、昨日の浮いた分で少しだけ。

ワイドは外したかな…とあきらめてましたが、決勝写真の線引きをよく見るとほんのわずか優勢だったようです。

 

日曜がほんの少しだけ購入したように実質スルーの一日。
開催変わってから3週連続になります。

そろうところはやたら集中するのに、大多数が手も足も出ない難しいのばかり。

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

三択で江の川

今回は歩く距離もなかろうとボードを置いて出発したのが6時半。

手荷物預けの手間がなくなってゆっくりしていたら保安検査締切5分前。余裕で間に合うのですが、想像以上の行列。
ということでいつもの通り優先レーンのお世話になりました。

空港を選ぶに際し3つのプランがあって、
A.秋芳洞に行ってみる美祢市コース
B.小京都を散策する津和野町コース
C.行ってなかった(AもBもですが)江津市コース

個人的になかなか行く用事を作れない島根県を、ということでけっきょくCに軍配。
宇部→出雲の旅程となりました。江津って何があるんだろう…

 

Gotsu_sta_ticket_gate

湯田温泉から特急で2時間。
2.5万ほどの人口規模の割に妙に乗降客が多い感じがしたのですが…これか。

あと1ヶ月でなくなるらしく、乗りはしないものの貴重なシーンでした。

1時間ほどの間に、江の川の河口などを散策。
出雲市駅で乗り換えのため途中下車すると、前回ちょうど稼働直前だった自動改札機が出迎え、ICOCAも使用できるようになっていました。

帰りの便は、機材変更でメール通知と違う座席が割り当てられていて(システムエラーだそう)ややこしかったものの、乗ってみたかった国際線用のB767が当たってラッキー。
…といえるのも無事に飛んだからの話で、「機材支障のため点検」と聞いたときは思わず宿の検索をしてました。(最終的に30分ほどの遅れ)

 

20180303ショーカノンを見切ってしまって複勝を取り逃がす大事件があったものの、前売りに頼らず当日馬券で小郡の初勝利。

小倉でマイネルストラトスが穴を開けるなど、この日は岡田軍団に助けられた格好。
小郡のときは毎回狙い馬が少なく苦戦していましたが、自信のなかったところが思わぬ激走をしてくれました。

なお、翌日は輪をかけて難しかったため全休。2週連続で全スルーの日ができましたが、判断は正しかった模様。
前売りはワイドがハナ差4着。

 

この先はゴールデンウィークまでの間にひと旅を入れるか考えどころ。
候補は高松か津軽。

今年の都道府県は24、半分を越えました。

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

2月の小休息

2月下旬にわざと飛び石にして有給休暇を2回取得。
連休にするとどうしても遠征旅になってしまいますから…すでに今月はあったし。

 

まずは22日の木曜日、7時前の静かな新宿からスタート。
バスで向かう先は、未体験ゾーンの伊那谷。

午前の部が高森・豊丘・喬木・飯田をぐるっと囲む10kmコース。

高森で高速バスを降りてから天竜川向かい側の豊丘までは一方的な下り坂でした。
飯田では元善光寺に参拝し、少しだけ飯田線で北へ。

Yodagiri_bridge午後の部は松川・中川・飯島の郡越え13kmコース。

これがとんでもなく地獄でした
事前リサーチで地形を見て覚悟はしていましたが…

松川・中川の郡境(峠道)は勾配こそ下りでしたが、歩行者の通行想定がなされていないらしく路側帯もほぼなし。
それでいて国道153号は大型車もしょっちゅう通る。

中川・飯島の間は自転車ならサドルからケツを浮かせないと上れない上り坂。これが2.5kmぶっ通し。
カーブがあった方が「あれを曲がれば坂は終わりかも(実際は終わらない)」思わせてくれますが、だいたい1km×2は絶望的な直線でした。

登り切ったあとの飯島は南北アルプスを両側に見渡せる絶景。
最後のバス停に行く前に、写真の通り歩道造成中の道と急坂。上に見える台地まで短距離で上り詰める難関でした。

大半はボードで移動したものの、人力で25kmの移動とかなりの運動日よりでした。

 

2018_suonada_tokubetsu小倉はけっこう読めてるけど券種のチョイスで波に乗り切れない。
パドックと返し馬での感触から、ここは3連複で決めておかないといけないところ。

ついでにいうと土曜日は完全スルーしました。
いまだに結果も見てません。

 

今度は27日の火曜日前夜、0時前の人が減った新宿から夜行バスでスタート。
相変わらず足の長さがあわず眠りが取りにくい…

Magomi_river_kawakudari2週間前、行くのをあきらめた山形にリトライ。

やはり相当量の雪が降ったらしく、歩ける距離なのに歩道まで除雪にまったく手が回っていませんでした。
除雪の警備員さんにも「その先の歩道はムリだよ」と。国道13号は並行して高速も作られていますが、下道でも交通量が多く路側帯の歩行も一部であきらめました。

それでも先日の分を一気に取り返すかたちで、大石田・尾花沢・舟形・戸沢・金山を歴訪。
写真は戸沢村にある船下りの受付兼みやげ処。雪だらけの最上川もそれはそれで美しく、そこそこ人が集まっていました。

天気が崩れるということで、夕方前に新庄から新幹線に乗車。
帰ってきた足で、そのまま整体に駆け込みました。

 

今年のできればやってみたい目標が10万都市の制覇。
予想以上にあっさり奥州市と飯田市に行ったことで本州~北海道はクリア。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »