« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土)

無料の恩恵

9月から長く曇天が続いていた関東地方ですが、ようやく晴れ間がでた土日。
地元ではこの時期恒例の秋祭りが開かれました。

去年は台風直撃でそれどころじゃなかったですが、今年は無事に開催。
ということで2年分を携えて古着回収へ。ふだんは売り物の洗濯用粉石けんがこのときは無料で手に入ります。

日曜はお祭り会場ではなく、家の裏の土手に出て川沿いをひた走りました。

Kawasaki_city_museum_golgo13th私が物心つく前、唯一目にしていた漫画がゴルゴ13。

内容が内容だけに親に見つかっては隠され、見つけ出しては隠され…のいたちごっこだったのははっきり覚えています。
単行本も100巻近くまではあったような。

土曜日のお祭り会場にて、これのクリアファイルを配布していました。「あしたは入場無料ですよ」のひとことに条件反射。

競馬のことはかなぐり捨てて、家から直接向かったのでした。
ゴルゴ13好きはけっこういると思うのですが、わざわざ見に行っても損しないのではないでしょうか。駅からは遠いですが。

 

20181020土曜は祭りの後にウインズ到着してそれまでの結果を見ると、気にしていた馬がことごとく人気薄で勝ちきっていることが判明。

かなりやる気をそがれたのではありますが…東京9レースの映像だけ見て退散。
人気がとんだせいか、思いもしない配当になっていました。

この日はなにをいっても直千。
外れそうにない外枠の人気からワイドを流す作戦は先週に続いて外れましたが、単複はきちんと持っておいたことで大幅増収。
勝負レースが大損だったぶんプラスは少しでしたが、取りこぼさずとれたのは大きい。

 

日曜は20181021新潟最終で取るにはとったものの、かなり悔いの残る結果。
大作のがいちばん動きいいんですよね…(デビューからの成績を見て)これはムリか

ハトホルが勝ちそうだったので視線は後ろの争いに。
大作残るな、大作それはやめてくれ!!
無念かな、返し馬をしっかり見ておいて馬券がとれないとは…

轍は踏むまいと東京最終は返し馬でしっかり勝負。
残り200mをきった時点では後続に飲み込まれそうでしたが、よもやの盛り返しで2着を死守。

けっきょく菊花賞からの参戦でしたが、都合4レースだけで浮きを大きく作れました。遅く行ったことが非常にうまくいった例。

 

この土日で学習したこと。
現地メインの発走5分前からは入場無料になる(と、係員が教えてくれた)。

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

最終に託してみる

土曜日のできごと。

勝負の東京ダート2100mで大コケして、さらに府中牝馬Sはしっかりとれたはずの3連複がゴール直前で勝ち馬に破壊(この組み合わせだけは安値を嫌って抜いた)という非常に悪い流れ。

このあと相模大野に行く用事があり、最終をまとめ買いしてウインズを後にしました。
当たる気はするけど、的中ゼロもありえる…

20181013スイープしてました。
これなら大寝坊してもよかったんじゃないかと思えるぐらい。

今週から新潟開催が始まってくれたのが大きかったです。
やっぱり直千はいい。

で、翌日は守りに入ったゆえパルトネルラーフを買い逃すというおっちょこちょいをやらかしてしまうのですが…好きな東京ダート2100mなのに。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

切り上げと粘りこみ

3連休の中日だった日曜日は、川崎で馬券を仕込んでから羽田空港。
…のはずでしたが、前夜に電球が切れてしまったせいでまず買い物をすることに。9時オープンで購入できたものの、ウインズへ行くにはそこそこ出遅れ。

(西湖特別しかとれなかった土曜に続いて)今日も難しいなとマークシートをほぼ塗り終えたタイミングで京都1Rの馬場入場。
運試しで買ってみよう。

20181007朝イチからいいのがとれた。
キャリアが浅い2歳戦はまず買いませんが、ダートはたまにこういうお宝が転がっていることも。馬体と血統だけで戦績を見なかったのがよかったようです。

気づけば時間が迫っていたこともあり、塗り終わったマークシートはすべてゴミ箱へ。結果を見ればすべて当たっておらず、欲を捨てたのが吉と出ました。

月曜はボードで橋を渡って府中の南門から入るつもりでしたが、時間の都合で西門に。

2018_nambu_hai夜間投票が実質なくて前予想ができなかった(オッズが読めないから)ときはスルーするのが一番で、それが身にしみるようなほど当たらない。

で、ふてくされてメイン前に帰ろうと出口に向かっていると岩手競馬の売り場入り口が。

とりあえず500円だけ使ってみよう。どうせ外れるし。

両方とも当たってる…人生で初めて南部杯が的中しました。
中央競馬で減らした分がほぼ微減まで回復。

ただ、払い戻しはどこでできるんだろう?J-PLACEでもないからオフトでもできないような。

 

さて、先月の夏休みで実家に先代を置いてきて新しいボードに交換。
足慣らしで土曜日に持って行ったのは秩父でした。

明くる日曜日、羽田から向かった先は新千歳空港。

台風でどうなることかと肝を冷やしましたが、千歳周辺は雲が流れて晴れ間が出るくらい。
半袖+ストールでは寒くて、ボードで走って暖めるしかない。空港から南千歳駅までかっ飛ばしました。

Yubari_sta

先日も地震があったらしく、ただでさえスピードが出せない列車が徐行運転。帰りの追分~南千歳は1駅で30分かかりました。

夕張はほんとに何もないという印象の通り、静かで人気のない街でした。
ただ、夕張駅だけは廃線間近もあって人いっぱい。地元の親子連れグループと鉄道マニアで小雨でも席が埋まるほどでした。

これで3年連続46都道府県訪問。
沖縄はしばらく日本じゃないし、今年もコンプリートということで。

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

ふたつの吉野川

時間をさかのぼって9月中旬。
通勤ラッシュにでっかいテニスバッグで申し訳ないと思いつつ満員電車に乗り込み、向かった先は今年45県目となる高知。

Sameura_damでかい。

この2日後に間近を通る池原ダムも巨大ですが、徒歩で訪れたことで早明浦ダムの堤体をより間近で体感できました。
もはや乗用車がミニカーにしか見えない…

この後は吉野川沿いに大歩危を通り抜け、阿南まで行って一泊。徳島県の宿泊もクリア。
香南市・香美市・土佐町・本山町・大豊町と行って高知県の訪問市町村も2ケタに乗りました。

 

2日目は朝から雨。海沿いを南へ行くか、内陸に向かうかで悩み後者を選択。
最初に那賀町、小松島まで戻ってきて勝浦町へ。

小松島市内でバスを乗り継ぐのに2kmほど歩くことになったのですが、不運にも雨が一番強かった時間帯。
傘をさしてもテニスバッグはカバーしきれず、すっかり中まで浸水してしまいました。このときのシミがとれず、捨てざるをえなかった服も。

1ヶ月前のように雨予報でも快晴だったほど天候に恵まれやすかった徳島県ですが、けっこうな雨にやられてしまいました。

 

3日目はお彼岸の墓参り。
変わらずぐずついた天気でもあり、父親に「吉野川(紀の川)を南に行こう」と提案。

国道169号を奥へと走るのも6年ぶりでした。
そして、熊野の海沿いに出てきた頃には晴れ間が。鬼ヶ城で休憩しましたが、わずかな時間だけ奇跡的に晴れてくれました。

ということで、道中の御浜町と紀宝町、さらに新宮市に立ち寄り。
三重県の市町村を全制覇しました。

Tanize_tsuribashi_max_20後半は国道168号。
那智以外はまだだった速玉大社と本宮大社に行きつつ、ふたたび奈良県に。

十津川村に入ったあたりまではかなり道路改良が進んでいて驚きました。
たしかに、この道は15年以上走っていない。

で、道に気を取られすぎると見落としてしまうのが旧道沿いにある谷瀬の吊り橋。
もちろん知らないワケがありませんが、思えば歩いたことはなかったかも。

もともと住民がお金を出し合って作った生活道路で、配達等の原チャも通っていると聞いており50mの高さとはいえさほど怖くはありません。
たしかに真ん中あたりでの揺れはものすごいですが…

 

4日目は先週の通りりんくうタウン。
アウトレットからのバスで空港島にも入ってみましたが、まず通ることのない反対車線へ。
復路は電車でしたが、一部取り払われた連絡橋が無残な姿になっていました。

5日目は姫路。姫路城と姫山公園がごった返し、道路渋滞がすさまじかったです。
ここまで来たのならと佐用町まで行きました。兵庫県もあと2つ。

仕事との兼ね合いで最終日がなかなか決まらず、けっきょく飛行機をあきらめて早い時間の新幹線に。なので6日目は帰京するだけでした。

 

せっかくUMACAを入手したものの、当日府中に行けずPATにするしかない凱旋門賞。
チェック馬も出てくるし、予想とブックメーカーのオッズを見比べてみよう。

Waldgeist
自身6回目にしてついに有力馬に乗ることができるぶどう君。いつのまにか厩舎のエース格になってました。
もどかしかった昨年にくらべ、今年2戦目のエドヴィユ賞から一変。サンクルー大賞こそハナ差でしたが、ここまでの勝ちっぷりなら。

Kew Gardens
穴狙いだったダービーSの本命馬。残念な結果に終わってしばらくぶりに戦績見たらパリ大賞を勝っていました。
斤量負けした一戦をはさんでセントレジャーSも制覇。クイーンズヴァーズからパリ大賞を勝ったように、距離短縮は有利なはず。

▲Sea of Class
いま日本に来てほしいジョッキー上位のDoyleが乗る以上に、戦績が魅力的。仕上げが遅くて未出走からデビューしながら勢いよく勝ち上がってくるのは日本でも見かけますが、それのスケールアップ版。
Waldgeistとハナ差だったCoronetをあっさり差し切ってしまったのを踏まえると、鞍上の応援を差し引いたら一番のアタマ候補。

Enable
上のメンバーに取りこぼしてくれたら馬単つくんだけどな…と淡く期待しつつも逆らえまい。

応援度合いでこのような順番になりましたが、どのブックメーカーもこの4頭が上位。しょうがない。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »