« 最終に託してみる | トップページ | いかに逃げ切るか »

2018年10月27日 (土)

無料の恩恵

9月から長く曇天が続いていた関東地方ですが、ようやく晴れ間がでた土日。
地元ではこの時期恒例の秋祭りが開かれました。

去年は台風直撃でそれどころじゃなかったですが、今年は無事に開催。
ということで2年分を携えて古着回収へ。ふだんは売り物の洗濯用粉石けんがこのときは無料で手に入ります。

日曜はお祭り会場ではなく、家の裏の土手に出て川沿いをひた走りました。

Kawasaki_city_museum_golgo13th私が物心つく前、唯一目にしていた漫画がゴルゴ13。

内容が内容だけに親に見つかっては隠され、見つけ出しては隠され…のいたちごっこだったのははっきり覚えています。
単行本も100巻近くまではあったような。

土曜日のお祭り会場にて、これのクリアファイルを配布していました。「あしたは入場無料ですよ」のひとことに条件反射。

競馬のことはかなぐり捨てて、家から直接向かったのでした。
ゴルゴ13好きはけっこういると思うのですが、わざわざ見に行っても損しないのではないでしょうか。駅からは遠いですが。

 

20181020土曜は祭りの後にウインズ到着してそれまでの結果を見ると、気にしていた馬がことごとく人気薄で勝ちきっていることが判明。

かなりやる気をそがれたのではありますが…東京9レースの映像だけ見て退散。
人気がとんだせいか、思いもしない配当になっていました。

この日はなにをいっても直千。
外れそうにない外枠の人気からワイドを流す作戦は先週に続いて外れましたが、単複はきちんと持っておいたことで大幅増収。
勝負レースが大損だったぶんプラスは少しでしたが、取りこぼさずとれたのは大きい。

 

日曜は20181021新潟最終で取るにはとったものの、かなり悔いの残る結果。
大作のがいちばん動きいいんですよね…(デビューからの成績を見て)これはムリか

ハトホルが勝ちそうだったので視線は後ろの争いに。
大作残るな、大作それはやめてくれ!!
無念かな、返し馬をしっかり見ておいて馬券がとれないとは…

轍は踏むまいと東京最終は返し馬でしっかり勝負。
残り200mをきった時点では後続に飲み込まれそうでしたが、よもやの盛り返しで2着を死守。

けっきょく菊花賞からの参戦でしたが、都合4レースだけで浮きを大きく作れました。遅く行ったことが非常にうまくいった例。

 

この土日で学習したこと。
現地メインの発走5分前からは入場無料になる(と、係員が教えてくれた)。

|

« 最終に託してみる | トップページ | いかに逃げ切るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最終に託してみる | トップページ | いかに逃げ切るか »