« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月24日 (土)

轍は踏まぬと

土曜は予定が流れたこともあってアテを探していると…12月に行くのを考えていたエクセル伊勢佐木に突撃してみることに。

JRAの地図があまりに適当で懸念していましたが、、案の定めちゃくちゃわかりづらい。
後からわかったのですが、関内駅からなら迷わず行けるようでした。

中に入って設備のしょぼさにがっかり。
先日の浜松や新横浜のエクセルフロアを知っているだけに、机といすを置いて指定制にしただけで「エクセル」を名乗るとは。(だから安いのか)

けっきょく座席には座らず、いつものように記入台でマークシートを仕込んでわずか20分で退去。
一発で勝って二度と来ないぞと意気込むも、勝負レースで大コケ。今月は流れが悪すぎる…

2018_tokyo_sports_hai_2sai_sそんな心理状態だから力の入れどころを取り違える。
一発目のドボンで完全に意気消沈して、残りは単複でお茶を濁してしまいました。

自信度は低かったとは本命対抗でのワンツー決着。
馬単はムリでもワイドは買えるよなぁ。

ここに書いた以上にこき下ろしたエクセル伊勢佐木、もったいない判断ミスで勝利ならず。

 

鬼門の日曜日。
ここ2週は府中ですっからかんにやられているし、もう行かない。

2018_tsuchiyu_onsen_tokubetsuまずは結果映像を見て。
おっつけ通しのわりに沈まないな…伸びてる?待て、単勝は買ってないぞ!

とりあえず久々の的中に安堵して残高を見て仰天。
ついても10倍なかったはずの複勝が恐ろしいリバウンドになっていました。
ローカルは投票総数が少ないせいか直前で急に売れて困ることも多々ありますが、逆もまたしかり。

2018_nishijin_s脚元が弱いのかレースを使えず、気づけば9歳。
ほとんど走っていないとはいえ、前走が気がかりな負け方。

ただ、今日はすんなり先行してペースが落ちた中をきちんと追走できていて内心「もらった」というのはありました。
素質だけでオープンにはいるはずで、現級は勝ってほしいな。

2018_mile_championship

今月前半の大不振があっただけに、当たるときはあっさりのようです。

すごい昔に「日本に来てほしい」といちど書いたBuick先生は4年ぶりの来日で一発目から大一番をかっさらっていきました。
過去の重賞でもほとんど取らせてもらっているし、今年のドバイでけっこう勝てたのもこの人のおかげ。

前日の東スポ杯も鞍上の期待だけで対抗評価したんだっけ。

 

流れを取り戻し、週末に寒気が流れ込むいやな予報の北海道へいざ。

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

中通りを制したものの

北に競馬場、南にウインズがあるため年に何回か出かける福島県。
それゆえ両者を結ぶ中通り地方は必然的に通りがかる回数も多く、あらかたほとんどの市町村も訪問済み。

夏には到達困難と思われていた中島村にも行き、日帰り訪問が実質不可能な石川郡の奥の方(古殿・平田)をのぞけば未踏の地は天栄村のみ。

まずはバスの時刻表をにらめっこしましたが、3往復しか運行のない土休日は往復の乗車が不可能と判明。
最寄りの駅までは最短で6km…

Northern_farm_tenei_annaiボードって便利だな。

片道ですむとわかればムリではない話。
矢吹駅から飛ばして、ちょうど境目(じつは写真にも天栄村の標識が写っています)のあたりにあるのがこの案内。

そういえばちょっと前の角で「馬運車は左折できません」と目立つ看板があったっけ。

その後のバスは途中で下車し、外からも入れる鏡石PAで休憩。
こうして中通り地方は未訪問地帯がなくなりました。

いっぽうの馬券は絶不調期。
ウインズ新白河の卒業もまだまだ当分先になりそう。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

エクセルというパンドラ

静岡ならどこで宿泊するかから始まった計画。
ただひとつ未踏の地である川根本町をルートに入れるとなるとおのずと浜松に決定。翌日ウインズ名古屋…がけっこう遠い。

Excel_hamamatsu_entranceホテルからすぐのところに来てしまった。
「意味のない」ところだったのに…

座席料を払ったのに30分ほどで撤収してしまうのは、やはり自分にはあわないスタイル。
当然ながら成績もダメで、勝たないといけないところが増えてしまいました。

 

時計の針を戻して。

Oigawa_railway_kintetsu_16001めったに電車の写真は撮らないのですが、これは思わずシャッターを切りました。

20~15年前まで故郷でお世話になっていた車両と、まさかの静岡で再会。
たしか製造から50年近く経過しているはずで、内部はあまりにぼろぼろでまた乗りたいとは思わないですが、走っている音は近鉄特急そのままでした。

ということで川根本町に到達。静岡県の市町村もコンプリート。

Hisuikyo_autmunエクセル浜松を短時間で引き上げて向かったのは岐阜の加茂郡。

ちょうど去年のいまごろ、高山線を縦断して飛騨地方を訪問しました。
このとき通過したのが川辺町・七宗町・白川町。

忘れ物を取りに行く形で、下麻生~上麻生をボード移動。
6km弱ありましたが、そばを流れる飛騨川の光景がごらんの通り。

いわゆる「飛水峡」の名で知られていますが、ハイライトの場所はもう1駅奥、白川口までの間。ただしひと駅10kmとえげつない閑散地域でもあり断念しました。

折り返してからは豊橋まですっ飛ばし、愛知で実質ひとつだけ残っていた田原市へ。
東海地方も未開の地が残るのは岐阜県だけになりました。

 

実態が会員専用の田無(じつは前の住所の最寄りだった)ともかく、伊勢佐木と博多は行くしかないか…

座席料を回収しないといけないエクセルはハードルが高い。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

いかに逃げ切るか

9月は最終日にしてはならない勝負をして月間マイナスにしてしまった反省すべき結果。
10月は3週間でいい感じにプラスをキープ。なかなか勝てない天皇賞デーを乗り切れるか。

 

2018_hisho_tokubetsu危ない。
気づけばかなり買い込んでいて危うく大損するところでした。

たまたま見ていたレースでフルキチが断然に返し馬よかったので狙うと差し遅れて4着。
けっきょく最初のこれが尾を引いてしまいました。

惜敗レベルまで取り返せたのはもちろん直千のおかげ。
半分以上印が回ってワイドが狙えませんでしたが、気にしていた馬が8枠を引いてくれてラッキーでした。

新潟芝はひとつも当たらなかったのに、開催回収率が300%近くにのぼり直千のありがたみを実感。ここから半年近くないですが。

 

20181028鬼門の天皇賞デーも少し負け。

この日もっとも自信があったダノンアイリスも、最高の騎乗をしてくれましたが3着まで。
前走のもどかしいながらの善戦で売れるかなと思いましたが、距離をのばしたことで据え置き。もう短くしなくていいでしょう。

ということで土日とも小さなケガですみ、それなりのプラス幅で10月を締められました。
浮いた分は需要喚起のためにめちゃくちゃ安くなっている真冬の北海道フライトに…

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »