« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

ひとつの通過点

ここ数年、有馬記念デーは仲間内で集まっていたこともあり、今年もそれをにらんで予定を入れておかなかった三連休。

今年は集まるプランが消滅し、予定が空っぽになりました。
ということで歯医者の予約を入れて府中市内の医院に。

朝一番だったこともあり、予定より早く終了。
府中の競馬場にしようか、それとも…

高尾で電車を乗り継いで西へ。
最近ずっと高速バスで行っていたこともあり、駅からウインズ石和まで歩いたのは6年半ぶり?

馬券を買った後いつもは甲府方面に向かうのですが、今回は逆方向の路線バスに乗ってみました。
天気が悪くて人出が多くないだろうと踏んで富士山方面へ。ただ、ボードも持ってきておらず雨も降っていてあまり滞在することはできませんでした。

2018_hanshin_c

考えた馬券が当たらず、遊びのバラ買いが当たる。

そういうことでワイドは持っていませんが、両方とも来たことで収支がぎりぎり逆転し、悲願の石和初勝利。

前売りも駆使して残っていた未勝利ウインズにすべて白星をつけることできました。
(エクセルというめんどうなものが増えましたが、それは除外)
これでひとつの目標をクリア。

阪神C自体もひさびさにしっかり的中できました。

2018_saga_nakajima_kinen

有馬記念当日はK君のご厚意により中山競馬場の招待席で観戦。
一般エリアだと地下のコンビニで入場制限が行われるぐらいカオスな混雑でしたが、こちらは落ち着いて過ごせました。

とはいえ、メンバー的に苦戦濃厚な予想見解だったのと、前日の満足感で馬券は大きなマイナスに。
せっかくこの四半期好調だったのに、貯金を減らしてしまいました。

そんなことで珍しく地方競馬。8年前にお世話になったウルトラカイザーの単複で少しだけ赤字補填。

 

未勝利ウインズを消すミッションはクリアし、卒業も2箇所で達成。
来年は、惜しい成績のところと立て直しが必要なところのどちらを優先するべきか…

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

大きく一勝一分一敗

仕事の繁忙期が年始から年末に前倒しされて今がたいへんな時期。
あまり文章をしたためている時間もなく、急ぎ足で。

土曜は栃木方面に向かうべく浦和に行くも完敗。
なぜだか晴れた日の浦和はいまだに勝てないなぁ。

2018_asahi_hai_futurity_s

惜しい。
4コーナーのごちゃつきにひるまず伸びてきて、一瞬勝てるかと思わせてくれました。

ド本線で決まりながら単複しかとれなかった東スポ杯を何度か見直しているうちに、すごい勢いで伸びながら進路をカットされてブレーキをかけられたダノンラスターと前壊滅の流れを長い間踏ん張っていたクリノガウディーは次を気にしておこうとなりました。

土曜の負けが痛いですが、初っぱながベンガラグンジョウの2着だから両日通して二着病がひどかったということです。
とはいえ日曜はほぼ引き分けレベル。

 

2018_zennihon_2sai_yushun最後は自分の馬券よりも騎手の応援で頭がいっぱい。
PATにしようかと考えましたが、こんなチャンスに見に行かないなんてどうするんだと現地観戦に変更。

到着したらパドックどころか返し馬も終了していて、ほとんど考える間もなく前予想をそのまま。

きわどいところまで差を詰められて肝を冷やしましたが、勝ったとわかってまず安堵。
そこに馬券がついてきました。

最近になって確信をもてたのですが、外国人と日本人のジョッキーの差は残り100mでの伸びの違い。
馬がもっとも苦しいあの地点でもう一脚使わせているのが、日曜の朝日杯で如実に現れていました。

今回きわどくなったのもこの「差」でしょう。
大きいところをやっととれたのだし、来年は100勝を目指してもらいましょう。

地方競馬でここまで大きく払い戻したのは2009年のジャパンダートダービー以来?

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

小さく一勝一分一敗

群馬に行く予定を入れた土曜日、新宿には来たものの前予想から競馬はまたしても見送る予定でした。

ただ、どうしてもショワドゥロワが買いたくなって前橋行きのバス車内でPAT投票。

20181208

けっきょく中京の後半戦が加わって4レース参戦。

ひとつだけ最高4着で外れでしたが、残る3レースはちゃっかり的中。

人気が全飛びで配当が跳ねたり、前日の大量投票?で売れまくっていたのが人気激落ちしたり。

的中は複勝だけだったのに倍額で返ってきました。

ということで小さく一勝。

 

 

20181209

う~ん、あとひとつ当たってほしかった。

極端な話、阪神の最終が買えずじまいで済んだらプラスで終わっていたというレベルのマイナスでした。

ジャパンCデー以来となる日曜の実馬券は、土曜の勝ち分を半減させるていどに小さく一敗。

 

20181209_hkわ、びっくりした。

ルメさんの複勝がこんなに跳ねるとは。

伏兵だったけどあまり取り返せなかったかな…と思いきや投票した時からえらく人気が落ちていました。

ということで購入と10円も違わず払い戻しで完全なイーブン。

12月はいつになくスロースタートでしたが、さて来週はどんな出馬表になるやら。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

帳尻あわせの雪

今年は冬の到来が遅く、札幌の初雪がまだと聞いて内心ラッキーだと思っていた旅行前。
これなら去年みたいな雪に困ることはなかろう。

Garinkogo_first羽田便が1往復しかない何ともさみしいオホーツク紋別空港に到着。
羽田or成田のJAL/ANA発着便は離島をのぞけば全制覇しました。

オホーツク海側は日陰に雪が残るぐらいで晴天に恵まれました。
紋別市でしばし滞在した後は滝上町へ。
長い峠道でようやく積もった雪が見えてきました。

さすがに上川町になると歩道は雪に埋もれていましたが、まだ去年よりはまし。
夜、時間が余っていたので足慣らしもかねて旭川市内をランニング。これならだいじょうぶかな。

 

翌朝、起きて外を見ると真っ白。一晩降り続いたのか…
買物公園通りを散歩してみましたが、人が歩いた轍のところしか歩きたくないぐらい雪が積もってしまいました。

ただ、本番はこれから。

旭川よりぐっと人が少なくなる深川市。バス停まで雪をかきわけ到着。
駅からセイコーマートが遠い沼田町。とはいえ1kmもないのですが、かなり遠く感じたのはもはや歩いた形跡がない積もりっぱなしの歩道を開拓していたから?
留萌市は海が近いこともあって、思ったほど雪は多くありませんでした。

Chippubetsu_sta_snowingちょっとだけ色合いを細工したら、まるで昭和時代。
写真でもわかるとおり、秩父別町に戻ってくると11月とは思えない大雪に。

ここからバスの乗り継ぎになるのですが、旭川からの留萌行きがなかなか来ない。
しびれを切らして電話をすると、神居古潭で事故渋滞に巻き込まれたとのこと。間違いなく雪のせいだ…

引き返そうにも別の手段がなく、奇跡を信じて待っていると定刻30分遅れでバスがやってきました。
北竜町にて、速攻でセイコーマートに立ち寄りつつ1日4便のバスにぎりぎり乗り継げました。

さて、川を渡って新十津川町に入ったとたん積もり放題の雪がなくなりました。
歩いて石狩川を渡った先の滝川市でも同じ。ただし、凍結がひどくかなりスリップする。

少し奥の赤平市芦別市にも行きましたが、共通して雪よりも路面の凍結が目立ちました。
美唄市にも行くつもりだったものの、このあたりは雪雲が流れ込みやすいらしく吹雪いていたため断念。ひさしぶりの江別市で夕食をとりました。

 

札幌で一晩過ごし、起きると晴れてはいるものの歩道が一様に公共のアイスアリーナ状態。
去年の函館でも体験していますが、正直こっちの方が怖いですね。
競馬場から琴似駅までの間を歩いていると、ガラス玉のような氷塊(メロンほどの大きさ!!)が時折行く手を阻んでくれました。傾斜のあるところでこれを避けようとするとスリップして止まらない。

Michinoeki_iwanai小樽や余市への観光客は多いでしょうが、こっち方面はあまり行かないですね。

バスの乗り換えを利用して余市町で時間をつぶし、市街地が一体化している共和町岩内町を一気に回りました。このあたりは天気がめまぐるしく変わりました。

戻りも乗り換えを利用して仁木町に立ち寄り、小樽駅からはまっすぐ新千歳空港へ。

 

アンダーラインを引いたのが初訪問の市町村で、数えて16。
日帰りで行きにくいところをチョイスしてみましたが、さすがは広大な北海道だけあってまだまだたくさん残っています。

人口規模の小さい自治体が多いですが、そんなところにもセコマはある=市町村訪問の対象。
ということで会員カードを作ってしまいました(笑)しかもけっこう使ったし。
道民でないとなじみが薄いでしょうが、埼玉や茨城にも(駅から遠いところしかないけど)店舗はあります。

 

ちなみに翌週の競馬は、出馬表を見て勝ち目がないと土日とも全休。結果、大正解。

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

たまに見ておくべき2歳戦

私の競馬メソッドは基本的に前予想が7割、残りは返し馬とわずかながらパドック。
ただ、まとめ買いする日が多いため実際はほぼ前予想でしか戦っていないことになります。

なので、条件戦の後半(クラスが上がる)になってからでないと土俵にあがれないことがほとんど。
新馬や午前の未勝利なぞ専門外。というかその時間はまだ寝てますね。

 

さかのぼること、10月7日。
今年の46都道府県目、北海道は夕張に日帰り遠征をすべく、朝から川崎に馬券を仕込みに行きました。

新馬戦で気になっていたのがSquare Eddy産駒のメイクハッピー。珍しいなと思えばこの父を持つJRA競走馬は初めてのようでした。
父の現役時代と血統はもちろん知っており、5倍あれば単勝は買ってもいいかなとオッズを見るとそれ以上の人気で断念。

そうこうしているうちに京都1レースが始まる…ここからの顛末は過去に書いた通り
で、結果を見たらメイクハッピーは圧勝。次は断然人気で確勝だな。

2018_cattleya_sho案の定ダントツの人気で、相手も人気サイドで3連単しかない。
距離が長いと思いつつ上でお世話になったヨハンもと、まさかに備えて3着ならとフォーメーションに組み込み。

一瞬、ヨハンやったか!と思わせるシーンもありましたが…追い出したら新馬戦のごとくメイクハッピーは加速して突き放していきました。

このままヨハン2着なら超絶悶絶(予想プロセスから3連複270倍もワイドも持っていない)するところでしたが、これまた歯医者のついでで新馬戦を見ることができたキンゲンがきっちり仕事をしてくれました。

たまたま新馬と未勝利を見たことがある(予想から気になっていた)馬たちで上位決着。
特にヨハンなんて前走見ていなかったら間違いなく買えなかったですね。
あの日北海道へ行ったのは正解だったと(笑)

見ての通り、馬券を買ったのは札幌競馬場。当然ながら収支が突き抜けました。
道央の宿泊旅行が組めなくなってしまう誤算が発生。釧路もすすきのも札幌もなくなり、もう函館競馬場しかない。

 

前日の大勝利で絶不調だった11月の成績が一気に黒字転換。
あの配当は特需だったとして、最後はうまく締めたい。

ムダなレースに手を出さぬよう時間稼ぎをと、いつもと違うルートでまずは東門に到達。
ただ、ここでキックボードを預けると帰りが大変。入場券だけ購入して正門まで向かいました。

20181125む、人が多い。
ここ数年、ジャパンCデーでも大混雑とまではいかなかったのに…

何も考えず駆け込みで間に合った東京9レース。予想外の激走とオッズで早くも勝ち逃げ確定。
このあと東京10と京都11を本線で馬単的中させ、京阪杯もしっかりと(この日いっしょにいた4人全員が異なる券種で当てまくる奇跡も起きました)。

日曜もけっこうな浮きを作って結局11月は大幅プラス。
土日の払い戻しで家賃更新がほとんどできそうです。これはうれしい。

 

北海道遠征の様子は次回に。
年末実家に帰るまで、しばらく旅はしなくても十分なぐらい。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »