« 轍は踏まぬと | トップページ | 帳尻あわせの雪 »

2018年12月 1日 (土)

たまに見ておくべき2歳戦

私の競馬メソッドは基本的に前予想が7割、残りは返し馬とわずかながらパドック。
ただ、まとめ買いする日が多いため実際はほぼ前予想でしか戦っていないことになります。

なので、条件戦の後半(クラスが上がる)になってからでないと土俵にあがれないことがほとんど。
新馬や午前の未勝利なぞ専門外。というかその時間はまだ寝てますね。

 

さかのぼること、10月7日。
今年の46都道府県目、北海道は夕張に日帰り遠征をすべく、朝から川崎に馬券を仕込みに行きました。

新馬戦で気になっていたのがSquare Eddy産駒のメイクハッピー。珍しいなと思えばこの父を持つJRA競走馬は初めてのようでした。
父の現役時代と血統はもちろん知っており、5倍あれば単勝は買ってもいいかなとオッズを見るとそれ以上の人気で断念。

そうこうしているうちに京都1レースが始まる…ここからの顛末は過去に書いた通り
で、結果を見たらメイクハッピーは圧勝。次は断然人気で確勝だな。

2018_cattleya_sho案の定ダントツの人気で、相手も人気サイドで3連単しかない。
距離が長いと思いつつ上でお世話になったヨハンもと、まさかに備えて3着ならとフォーメーションに組み込み。

一瞬、ヨハンやったか!と思わせるシーンもありましたが…追い出したら新馬戦のごとくメイクハッピーは加速して突き放していきました。

このままヨハン2着なら超絶悶絶(予想プロセスから3連複270倍もワイドも持っていない)するところでしたが、これまた歯医者のついでで新馬戦を見ることができたキンゲンがきっちり仕事をしてくれました。

たまたま新馬と未勝利を見たことがある(予想から気になっていた)馬たちで上位決着。
特にヨハンなんて前走見ていなかったら間違いなく買えなかったですね。
あの日北海道へ行ったのは正解だったと(笑)

見ての通り、馬券を買ったのは札幌競馬場。当然ながら収支が突き抜けました。
道央の宿泊旅行が組めなくなってしまう誤算が発生。釧路もすすきのも札幌もなくなり、もう函館競馬場しかない。

 

前日の大勝利で絶不調だった11月の成績が一気に黒字転換。
あの配当は特需だったとして、最後はうまく締めたい。

ムダなレースに手を出さぬよう時間稼ぎをと、いつもと違うルートでまずは東門に到達。
ただ、ここでキックボードを預けると帰りが大変。入場券だけ購入して正門まで向かいました。

20181125む、人が多い。
ここ数年、ジャパンCデーでも大混雑とまではいかなかったのに…

何も考えず駆け込みで間に合った東京9レース。予想外の激走とオッズで早くも勝ち逃げ確定。
このあと東京10と京都11を本線で馬単的中させ、京阪杯もしっかりと(この日いっしょにいた4人全員が異なる券種で当てまくる奇跡も起きました)。

日曜もけっこうな浮きを作って結局11月は大幅プラス。
土日の払い戻しで家賃更新がほとんどできそうです。これはうれしい。

 

北海道遠征の様子は次回に。
年末実家に帰るまで、しばらく旅はしなくても十分なぐらい。

|

« 轍は踏まぬと | トップページ | 帳尻あわせの雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 轍は踏まぬと | トップページ | 帳尻あわせの雪 »