« 実馬券とPATのはざまで | トップページ | やっぱり冬の雪国 »

2019年2月 9日 (土)

晴れた日の雪国

新潟県で残っている市町村はあと少し。
南区がまだ残っているのは意外ですが、競馬場に行ったついでに何とかなるでしょう。

そんななかで条件がつくのが津南町。
プランを立てた時も、「冬以外で」と注釈をつけてありました。
理由は簡単、雪が多すぎて行けるかどうか怪しいから。

さて、月末の落ち着いた時期で水曜の年休が決定。
めずらしく天気予報が晴れマークばっかりだ。

Tsunan_shinano_river崖上から見下ろす先に流れる信濃川。

予想通り、数少ないJRは除雪作業のため運休していました。
(もっとも、線路は市街地を通らず使う予定はなし)

池袋から高速バスに乗り、六日町インターで下車。駅まで歩いたあと十日町からバスでたどり着きました。

小学校の一階が除雪した雪の壁で完全に見えないくらい豪快に積もっていましたが、魚沼地方は雲ひとつない青空。
青と白が支配する光景は、冬の雪国の醍醐味ですね。

 

2019_gintei_s相変わらず全スルーしたくなるほど馬券を買いにくい日が続いていますが、土日とも取りたいレースはきちんと回収して少しずつながら両日プラス。

中京はメンバー的に手が出せない、京都は馬場がよくわからない。
必然的に東京(ダート)のみが頼みの綱。

ここ2週はうまくいっていますが、次の北日本遠征でも継続してほしいところ。

その遠征でいうと、雪に振り回されないことがまず第一。

 

いくら枠が空いてる時期だからって、実績もさほどないジョッキーに免許を与えてはダメでしょう。
ほんとにBrondelは馬の質以上に乗れてない。

|

« 実馬券とPATのはざまで | トップページ | やっぱり冬の雪国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実馬券とPATのはざまで | トップページ | やっぱり冬の雪国 »