« 竜頭"無"尾 | トップページ | 実りある夏旅を »

2019年8月31日 (土)

西へ東へ、また西へ

土日の前後に休みを入れて連休としていた週末、夏に実家へ帰るのを2分割することを予定していてその片方を割り当てる予定でした。
ところが、日曜日にどうしても府中にどうしても行かなければならない用事が発生。
どう4日間をすごすべきか…

現実的に行けるのは中部地方。
泊まったことのない都道府県は福井、長野、三重。そのうち福井はついこの前宿泊済み。
翌日の競馬(&とんぼ返り)を考慮して三重県をチョイス。

Nagiso-momosuke-bridge

ポピュラーな東海道線ではなく中央線で延々と西へ。
日頃の寝不足もあり塩尻までずっと寝ていました。

南木曽で始発があるということで下車して町内を散策。
一時的に運転を見合わせていたほど大雨だったらしく、木曽川は濁流でした。
ちなみに駅周辺は欧米系のインバウンド客でいっぱい。妻籠宿がありますが、海外でもけっこう知られているのか…

名古屋で寄り道をはさんで、桑名で宿泊。
近鉄特急に乗れば実家まで帰れてしまうところまで来てしまいました。

2019-inaduma-s

遠征をこんな日にぶつけるんじゃなかったと嘆きたくなるくらい出馬表がひどかった土曜でしたが、これだけは取れると狙った直千がヒットして予想外のプラス。
4着馬が外ラチで詰まらなかったらワイド全的中だったな…

日曜はちょっと負けで週トータルは(海外のプラスと地方のマイナスも含め)なんと16週ぶりの黒字。空前絶後の絶不調も底を打った…はず。

 

その日曜ですが、府中の指定席に入ってわずか30分で用事を済ませて撤収。
2日前に通ったルートを再びなぞり…松本で宿泊。

もともと宿泊をもう1回することは考えていませんでしたが、日曜の夜ということもあって優良ホテルが半額以下のセール状態。
泊まったことのない長野県だし、行くしかないだろうと1泊2日をもう一発。

Hakuba-jump-stages

山の斜面に見える2本の緑の筋はオリンピックでジャンプ競技場だったところ。
冬は至る所にあるスキー場で賑わう白馬村ですが、夏はこのような光景。国内外から山登りの格好をした人が多かったです。

さらに北の小谷村へも足をのばして、有り余る時間(公共交通はどれも本数が少ない)を使って姫川沿いを散歩。
日本屈指の水質らしくものすごく透明度が高いのですが、それと同時に流れがものすごく速い。
水流を調節する堰がちょっとした滝のようになっていました。

さすがにこの旅程は楽しさと同じくらい疲労がたまりました。
といっても次の週もまた遠征が入ります(冒頭にある日曜の用事もこれと関連)。

|

« 竜頭"無"尾 | トップページ | 実りある夏旅を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竜頭"無"尾 | トップページ | 実りある夏旅を »