« 実りのなかった週末 | トップページ | 紙一重の幸運 »

2019年10月12日 (土)

1年越しのできごと

去年のエントリより。

Waldgeist
自身6回目にしてついに有力馬に乗ることができるぶどう君。いつのまにか厩舎のエース格になってました。

もどかしかった昨年にくらべ、今年2戦目のエドヴィユ賞から一変。サンクルー大賞こそハナ差でしたが、ここまでの勝ちっぷりなら。

そして今年。

Waldgeist
チェック馬。だけど頂上クラスの争いでは力が足りないのが否めず。ぶどう君には着拾いを期待したいです。

書いてる内容から順序が逆だ…

2019-prix-de-larc-de-triomphe

国内でいやというほど教訓になっている(なのに失敗を繰り返す)、「チェック馬はちゃんと買え」をここでは実践できました。
クリスチャンに主力の馬券を破壊されたものの、想像以上のリスクヘッジ効果で海外3年連続プラスの可能性が…

いままで一線級となら勝ち目がなかったのに、なぜここで急変したんだろう。
そして相性抜群のぶどう君はまた来日してほしいなぁ。

 

20191006-make-debut-kyoto

国内は変わらずダメでしたが、これだけは前日予想できれいにヒット。
どうも今年はアローワンスよりメイドンの方が当たるようです(仲間内の馬を見る力がすごいから?)。

 

この3連休、真ん中の遠征が台風に脅かされることになりそうです。
結局中止になりました。家にこもります。

|

« 実りのなかった週末 | トップページ | 紙一重の幸運 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実りのなかった週末 | トップページ | 紙一重の幸運 »