« 勝つ重の効果 | トップページ | 「あき」の宮島 »

2019年11月23日 (土)

紅葉の会津

白河から会津(塔のへつり・大内宿)方面へ向かうバスが4~11月の季節限定で運行されている情報を得て、今年中に行っておくかと温めていたネタを実行したのが土曜日。

浦和美園から高速バスに乗り、ウインズで馬券を仕込んでから冒頭のバスに乗り換え、下郷町と南会津町に立ち寄ってから直通特急で浅草に戻ってくるというルートです。

Aga-river-koyo

さすがに天候は勝手が違いました。甲子高原を越えようとするあたりから日本海側モード。
ボードに乗れる程度とはいえ小雨がぱらつき、空気も冷えていました。

それを差し引いても景色は抜群。
下流の新潟では川幅1km近くの雄大な流れも、このあたりまでさかのぼると急峻な崖の連続。
もう少し先に有名な塔のへつりありますが、町の中心部でもこんな風景が待っています。もちろん山々は紅葉真っ盛り。

次の南会津では雨脚が強くなり、ボードをあきらめて観光協会に傘を貸してもらって街歩きしました。

20191116

土日でまったく正反対の馬場となった京都の芝。
前日のはいったい…というくらい内が伸びませんでした。

一方で土曜はイン伸びしたレースしか当たらなかったものの、ピンポイントで的中させたことで久しぶりに新白河で白星となりました。

ウインズにたどり着く前、東北道でナゾの渋滞(ふだん起こらないエリア)に2回引っかかり、バスは30分以上の遅れ。
馬券を買うのはやめようかなとも思いましたが、思い直して正解でした。

 

ついにジャパンCに外国招待馬が出てこない事態が発生。
もはや創設の意義をなくしてしまっており、来年の40回目で打ち切るのが賢明でしょう。JRAは深刻なことだととらえてほしいです。

|

« 勝つ重の効果 | トップページ | 「あき」の宮島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝つ重の効果 | トップページ | 「あき」の宮島 »