« 紅葉の会津 | トップページ | さすがの駆け引き »

2019年11月30日 (土)

「あき」の宮島

先月の台風で流れてしまっていた広島遠征。今年46都道府県目の訪問は1ヶ月半も延びて11月下旬となりました。

出発の金曜日は遅延連発で予定変更の連続。
平日の通勤ラッシュで旅行者の自分が迷惑をかけたくないと横浜駅からのリムジンバスに乗る予定でしたが、「遅れ40分」の表示を見て急遽中止、混雑の少ない車両を選んで京急線で向かいました。
羽田では使用便の遅れで出発遅延、広島空港からのバスは到着受けをしない通常の路線バスのためやむなく予定とはまったく別のルートに。

Itsukushima-shrine-repairing

厳島神社の有名な鳥居は修復工事中。世間的にはふつうの平日のはずですが、それでも観光客(とくに国内)が多かったです。
このあたりのJRは15分ごとにありますが、3両だと昼下がりでも途中までラッシュ時のような状態でした。土日はそれ以上なのか…

宮島で広島県初のスターバックス(ちょうど2周年バースデー)に立ち寄ってから市内に戻り銀行で口座の端数調整をし、山間部の安芸太田町へ。
もう1時間早く到着してバスを細かく乗り継ぐつもりでしたが、冒頭の予定崩れの影響で高速PAにあるバス停まで自力で行くことに。

Akiota-town-boarders

ストリートビューで歩道のない国道か山縁の細い県道のどちらも難所を通ることになると予習していましたが、そもそも18時では真っ暗。写真の真ん中の方へカーブを切っていくのですが、スタートから不安を感じさせます。
交通量を勘案して選んだのは後者で、途切れ途切れの街灯を頼りに進みました。住宅のまばらな地域(合併前は筒賀村)で、家のかわりにあるのは墓地。ほぼリアル肝試し。

距離自体はそれほどあるわけでなく、30分弱でバス停に到達。中国山地まっただなかであり、PAはトイレのみ、SAもかなり小規模です。
なんとなく想像はついていましたが、シカやイノシシだけでなくクマも出没するようです。出くわさなくてよかった…

こうして島根県に入り、六日市インターを降りてすぐの道の駅で宿泊。
いつもの旅程よりかなり早い20時到着も何もすることがなく早く寝て、翌朝と2度温泉に浸りました。おかげで擦り傷と肩こりが回復。

Etajima-sakaue-scene 

土曜は朝から快晴。宿のある吉賀町は山あいの盆地であり冷え込みがきつかったですが、広島市内では上着だと汗ばむくらい。
ウインズを後にして呉港に向かい、江田島市に上陸。写真はコンビニからの帰りですが、対岸の呉市までほど近い。そして宮島と同じく山がちであることがわかります。

再び呉市内に戻って入船山地区を散策しつつ、駅からのリムジンバスで空港に。
広島市内からのバスは本数多くありますが、渋滞にひっかかるのが目に見えており避けるのが無難なところ。なので今回はこのルート(結果的に往復とも)をチョイスしました。

 

馬券はひどすぎたので割愛。

|

« 紅葉の会津 | トップページ | さすがの駆け引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉の会津 | トップページ | さすがの駆け引き »