« ついにこのときが | トップページ | ベストウィッシュならず »

2019年12月28日 (土)

新人が救世主

バス遠征、新幹線遠征ときて今度は…歯医者もあり遠出はせず。
馬券のムダな出費を抑えるべく、歯医者のある府中からわざわざ時間をかけて向かったのが浦和。
50kmぐらいなら遠征ではなく近所の範疇(笑)

ちょうど中山大障害の時間に到着し、残り少ないレースと前売りを購入して退散。

20191221

浦和でまともに勝てたのはいつ以来だろう。
どうしても阪神最終だけは買いたかったので、パーフェクト予想に割って入った3着馬が詰まった(スムーズなら間違いなく2着に来られていた)強運も味方して星戻しができたのはよろこばしい限り。

前週の水沢でも負けを減らしてくれたのが岩田Jr.ですが、ここでも救世主になってくれました。
じつはPATの騎手別回収率もトップで、ほんとにルーキーなの?という好相性です。

2019-arima-kinen

PATが沈没してこっちが当たるのかい。
今年のPAT成績は過去にないくらい悲惨な成績ですが、負けのほとんどがそっちに回っているらしくまさかの前売りまでプラス。この連続勝ちは3月の石和以来になります。

前売りは穴の単複になることがほとんどですが、今回は冷静に選んでいるなと自分でも感心してしまいました。

中央競馬は残すところあと1日。
じつはPATの騎手別回収率上位に新くんもいて、ルーキーどうしがライバルになっています(笑)
新人賞争いであるリアルの成績でも差が縮まっていて、今年さすがに4勝差の逆転はないでしょうが来年以降の星取対決が楽しみです。

|

« ついにこのときが | トップページ | ベストウィッシュならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついにこのときが | トップページ | ベストウィッシュならず »