« おさらいの蔵出し | トップページ | 振れ幅の魅力 »

2020年9月12日 (土)

格言不発

たとえば「直千はダート実績で狙え」という格言が自分の中であり、それをもとに15年も穴馬券を多数取ってきました(開催によってはまったくの不発になることも)。

同じようなmy格言が「すずらん賞はとにかく道営を買え」。

最終日の荒れ気味の馬場、中央より早いデビューで場数を踏んできている経験値、なにより段違いの賞金という関係者への動機付け。
距離が長いクローバー賞やコスモス賞はやはり中央馬に分がありますが、このレースは例外といってよいでしょう。

今年も例に漏れず多数が出走、ことごとく人気がない。
複数来ればワイドもかなり跳ねる?

 

…まさか同士討ちのような結果になるとは。

人気が崩れたうえでのブービー人気を考えるとおそらく40倍はあったはずの複勝が身内にぶっ飛ばされ、突っ込んできた方も勢いは完全に勝っていたのにハナ差で勝てず。

せめて単勝は取りたかった。。
想像よりはるかに安い複勝1つだけの超不発でした。

|

« おさらいの蔵出し | トップページ | 振れ幅の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おさらいの蔵出し | トップページ | 振れ幅の魅力 »