« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

馬を近くで遠くで見て眺める

 北海道で未訪問の地となっているひとつが日高地方。
JR(代行バス)と路線バスの多くない本数をうまく組み合わさねばならず、手をつけていませんでした。

月日が過ぎて、JR日高本線が大半区間で廃止決定。
今ならJRきっぷで行けるということで、金曜の会社年休を利用して行くことに。

半月前に決まったことで飛行機は株主割引での予約になるのですが、満席の嵐。
なんでもない金曜の朝も、前日に大型機材に変更が入ってもほぼ埋まっていました。この需要はいったいどこから…?
毎日のように空席状況をチェックして、空きが出たのを見逃さず予約できました。

平日でしか行けない用事があったので、まずは札幌市内へ。
時間が余ったのを利用して、大通公園を端から端まで散歩してみました。

 

Mukawa-sta-train-bus-changing

もうこの先の線路に列車が向かうことはありません。
日高に届かなくなる日高本線も、あと何年もつことやら…。

沼ノ端駅から勇払駅の間はショートカットするようにバスに乗りました。
日高本線の経路を付け替えたために後から線形が変わったとはいえ、どちらも苫小牧駅との間にもうひとつ駅があっても不思議ではないのですが。

Niikappu-daiichi-fumikiri

警報灯も遮断桿もなくなってしまった踏切。
代行バスは線路沿いを走ることもあって踏切を渡ったり何度も横目に過ぎたりしますが、遮断桿はほとんど撤去されていました。

海沿いで路盤が洗い流されて波打つようにレールだけが残ったところや、河口部では橋脚だけ残してすっかり消えてしまったところもありました。
代行バスも入れ替わりはあれど常に2,3人しか乗っておらず、莫大な費用をかけてまで復旧させることが現実的でないのは明らか。

この日は新冠町で休憩、続いて新ひだか町の静内で夕食(ここでピンポイントの通り雨に遭遇)をとって、浦河町に入って予約しておいた送迎車に乗ってホテルへ。

 

Suzuka-phoenix-and-time-paradox

朝からひたすら草をむさぼるスズカフェニックスタイムパラドックス。隣ではウイニングチケットが悠然としていました。
育成牧場のすぐ近くということも生産関係者の宿泊も多かったようです。

この状況からIP割り当てが満杯になったらしくWi-Fi使えずということで早寝早起きになったのですが、そのおかげで朝から敷地を散歩することができました。

様似からえりも方面へも行きたかったのですが、タイムテーブルの折り合いがつかず断念。
このまま折り返し、日高町平取町、乗り換え時間を利用してむかわ町に寄りました。

ダイヤの都合で1時間すっぽり余るところをどうしようと思っていたところ、苫小牧市内の渋滞のおかげで遅れたバスを運良く拾うことに成功し、厚真町にも行くことができました。

岩見沢駅に着くとそこそこ雨が降ったあと。
バスに乗って三笠市の宿泊先へ。

 

Old-bibai-river

森の中を流れるような旧美唄川。

最終日は美唄市奈井江町ときて折り返し、最後は新篠津村へ。
この新篠津村と岩見沢市を結ぶたっぷ大橋の下を流れているのが石狩川と旧美唄川になります。あまり観光客が来そうにないところですが、自然の美しさは負けていないと思います。

地域共通クーポンの消費を再び戻った札幌でやって、帰路につきました。

 

少ないダイヤをうまいこと組み合わせて(厚真町のはけっこう強引でしたが)、今年だけで新規市町村訪問が100の大台に乗りました。
恐ろしいのでちゃんと数えていないですが、全国の訪問済み市区町村は800どころか900になっているかも…

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

GoTo以外の還元

旅の話は次回以降に。

いつものように各地にお金を落としてきましたが、いくらかペイバックはしておきたいところ。
しかし、例年以上に関東が天候不順なのと時を同じくして馬券もダービー以来長い停滞期。
なにか一発でいいから長打が出てくれ…

 

2020-fuchu-himba-s

「荒れる少頭数」を地でいくような下位人気のワンツースリー。
人気の盲点だったサラキアの単勝も取って、ほかが全滅だったのにプラスで折り返せました。

2020-tv-shizuoka-sho

まさかヨハンでまたお世話になる日が来るとは…!
このレース、1頭狙いで取れたのもうれしかったです。

同じ位置にいた2着馬が満を持して外に出すのを待つ間、賭けに出て前の隙間に突っ込んでいったのが勝因でしょう。
平地の小坂を1頭狙いという私も相当な賭けに出ていたことになりますが。

地域共通クーポンのコツもなんとなくつかめたし、珍しくJRAから土日とも還付を受けられたしで久しぶりに満足のいく週末でした。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

昼夜逆転ではなくても

台風接近により東京だけでなく京都まで前売り見合わせになってしまった金曜の夜。
3年前の今ごろなんて思いっきり台風襲来で、田んぼさながらの馬場で2週続けて競馬開催していたのに…(GⅠの裏とはいえ超がらがらでした)

次週とその翌月の旅の計画を練って、朝の発売まで(どうせ中止にはならないだろうし)粘ってみようと徹夜したものの、かんじんの投票操作中に寝落ち。
雨の音で目を覚ますと、もう真っ暗になっていました。時計は18時前。

よけいな損をしなかったという解釈もできますが、もっと有意義な時間の使い方ができたのでは…と思ってしまいました。

 

2020-nanbu-hai

リモートワークだと休憩時間を確保したらすぐ競馬モードに切り替えられるのはいいことですね(!?)

1500円という予算縛りで唯一抜いた馬にやられて微増止まりでしたが、交流GⅠで中央馬にケンカを売って地方馬勝負でうまくいきました。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

4年ぶりに乗り倒す

ICカード乗車券の普及がスピーディーに浸透し、消え去ったのが磁気式プリペイドのパスネット。
関西でもPiTaPaが生まれましたが、クレジット払いのポストペイオンリーという関西人の肌にあわない(少なくとも私はその考えです)方式だったため長らく磁気式プリペイドが使える状況でした。

ということで、しばらく健在だったスルッとkansaiも取り扱いが終了。
そして、それより少し前に終了したのが2/3dayチケット。

関西圏の私鉄とバスのほとんどが乗り放題で、しかも種類によっては期間内で任意の連続しない日付で使用ができる優れものでした。
JRと対抗するように路線網が展開されているため、あちこち出かけるにあたってこれほど重宝したものはありません。
なので、これが終了したときに実家へ帰ったときの過ごし方に悩んだこともありました。

 

そんなスルッとkansaiの2dayチケットが4年ぶりに復活するというニュースを9月の初めに目撃。
おそらくインバウンド向けに細々と継続されていたチケットの焼き直しのようです。

夏休みの初日、前日から徹夜で行き先を決めようとするもシルバーウィークと重なり空席が見つけられず。
朝の5時過ぎになってたまたま空きが出たのを見つけたのは朝一番の伊丹便。

もともとどこかに飛んでから残りを実家で過ごす予定でしたが、これでフルに関西滞在が決定。
予定より長い期間をどうしようと思ったところで2dayチケットの存在を思い出しました。

 

目新しいことがなかったため行き先は割愛しますが、7泊8日をチケット4枚でとことん乗り倒しました。

ただ、スルッとkansai終了から数年のブランクがあったせいか使用できなくなった業者が増えていたり、特にバスで車載機にカード挿入口がなくなっていたり(かわりにあるのはICカードリーダ)と時代の流れは否めず。

業者の社内でも利用について伝達できていないところがあったようで、チケットを提示して運転手に見せるところで「それは使えないです」といわれて「入り口にこれ使えるステッカー貼ってあるんですけど」という不要な問答も発生してしまいました。
使用できる業者なのに一部の車体だけステッカーが貼ってなくて(おそらく貼り付け漏れ)しぶしぶ運賃を支払ったことも。往路に乗った同じ業者のバスでは問題なかったのに…

と、久しぶりの運用で多少の問題があるのはしょうがないところですが便利なのは間違いないです。
AからBへ、CとDを経由するにはこういうルートがあるのかといろいろ再発見できました。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

別路線を狙え

クラシック3冠のトライアルが大詰めのこの時期、春に未勝利や条件戦を地味に勝ち上がる路線を歩んできた馬たちがこれまでの一線級と顔をあわせます。
今年は西が阪神から中京に舞台が変わっているのはいつもと違いますが本質は同じ。

2020-rose-s

出馬想定の時点で(当時は抽選対象ながら)ムジカで決め打ちするつもりでした。
良くも悪くも相手なりを続けていたので、まぐれとは思っていません。
3着馬まではさすがに拾えないですが、相手もすべて上位に来ていて予想としては満足です。

神戸新聞杯もそんな決着で、私はダメでしたが仲間内ではけっこう穴から狙って取っていました。

20200926_20200927230901

新馬戦で重視しているのは、直感(笑)
サンプルがないうえに前夜の決め打ちだからある意味で当然の帰結になりますが。

後でニュースを見ると、返し馬で放馬していたようで…圧勝できたのはほかの馬が振り回されたから?

 

8割出ないとわかっていても出たら本命にしたかったLogicianは出走せず、それだけでなく去年のダービーで名前をあげた(結果は最下位)Telecasterまでトラブルで出走できなくなってしまい、何を買えばよいのか出鼻をくじかれた凱旋門賞。

火曜日時点の予定であり、ジョッキーもまだ決まっていません。

Enable…ガチンコ勝負で負かすことができるのは同馬主のLogicianだけだと思っています。ということで最有力には間違いないでしょう。
去年はまさかのチェック馬Valdgeistに出し抜かれてしまいましたが、それをできるポテンシャルの馬が相手にいるとは。。

Love…ほぼ父Galileoの影響しか出ていないらしく、距離を伸ばして強くなった印象。
9馬身ぶっちぎったオークスSは出馬予定の段階で予想する気がなくなったのですが、それは相手がまったくそろっていなかったから。相手関係なしに力が強いのであればあっさりEnableを倒す可能性はありそう。
※馬場を嫌ってスクラッチ

Stradivarius…過去の予想で何度か書いていますが、底なしスタミナにモノを言わせて上位に食い込むのが凱旋門賞。
長距離で無双してきましたが、今年は3年ぶりに2400m戦にもチャレンジして2着3着。馬場予想だと渋りそうで、戦績から苦にしないと見ています。

In Swoop…フランスで調教を受ける、独オークス馬Iotaの仔。ということでジャパンCに出たItoの弟です。
ローカルデビューから里帰りになる独ダービーを勝って凱旋すると、表舞台のパリ大賞でも2着。この相手で勝ちきるのはハードルが高いですが、潜在能力はありますね。

Sottosass…去年思いっきりやられました。当然今年もケンカを売ります。

Raabihah…オペラ賞ではなくこっちに出るのはヴェルメイユ賞で完敗したTarnawaを避けたのか距離的に勝算があるからなのか。
斤量的には魅力がありますが、出走意図がちょっと読めません。

Mogul…パリ大賞を勝ってスターダムに、とはまだいいきれない戦績。この馬の評価を下げるとIn Swoopの評価も相対的に下がってしまって悩ましい存在です。ただ、内から鋭く伸びて勝った走りぶりからもさすがに兄よりチャンスはあるはず。

Persian King…御大Fabre師の唯一の登録馬。フォレ賞と間違えた?私の予想スタンスでは絶対に買わないです。

Serpentine…「アブノーマル」ダービーS覇者ですが、前走パリ大賞の4着が現在地とみてよいと思います。先行して踏ん張ったといえば悪くはなかったとも見えますが。

Japan…キーファーズが権利を取得したとはいえ、凱旋門賞の騎乗オファーが来るユタカさんは格が違うなと。
ただ、力的に落ち目になってきているのは否めず鞍上のお手並み拝見ということで。

Way to Paris…地味な伏兵がごっつぁん競馬でしれっと掲示板に紛れ込むのも凱旋門賞。
相手関係はさておきサンクルー大賞でようやくGⅠを勝ちました。前走フォワ賞がよくない結果でしたが、スタートすぐに後ろから乗っかかられるような不利のせいだと思うし、何より穴を開けてくれそうな選択肢が他に見あたらず。。

 

馬場想定は去年と同じVery Soft。
メンバー的にEnableは先行策で王道競馬を取ると想定しています。

先ほどのTelecasterの出走不能により手が空いたSoumillonは、引き続きSerpentineの手綱を取ることに。これは展開含めてやっかいだ…
馬場を見越しLove回避に備えて手数を増やすためのSerpentine追加登録のようにも思いますが、O'Brien師はどの馬で本命馬を出し抜くつもりでしょうか。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »