学問・資格

2008年8月14日 (木)

高所恐怖症克服へのステップ

先週のフォークリフトに引き続き、今週も火水の2日間で高所作業車の講習がありました。

一通りの実習が終わった後、アームとバケットを最大にして高さ約10mのところまで上昇。周囲360°を展望できるワケですが、下を見なくてもその高さが自然とわかるのでやはり怖いものです。
先週と違ってステアリングがなかったぶん楽ではありましたが。とにかくいずれもいい経験になったのはいうまでもありません。

今年は予定していた資格の勉強がまったくできず取得ゼロになる…と思っていましたが、まったく予想だにしていなかったものを2つも取得となりました。

 

室蘭の名所を冠した白鳥大橋特別。いつもならD5Fの1000万下というレアな条件での開催なのですが、今年は8.5Fなんですね。登録馬を見ると中距離で見かける馬が多いのでおかしいなと思ったら…。(D5Fの1000万下はキーンランドCの日に平場であるようです)

札幌といえばT7.5Fのコーナーシュートが特徴的。阪神のT8Fが去年からなくなっただけにあのおもしろい位置からのスタートはここでしか見られない貴重なものになりましたねぇ。

 

<海外>

アメリカンオークス招待を制したPure Clanが不在のデルマーオークス。まだ3歳牝馬の芝路線は混戦状態。

Del Mar Oaks (USA-Gr.1, T9F, Del Mar)
◎ Satan's Circus
○ Lethal Heat
▲ Storm Mesa
× Ginger Pop
× Million Dollar Run

ラインラントポカルはついに悲願なるか。独ダービー馬も出てきて興味深い一戦になりそう。
問題は展開。現時点で8頭と少頭数は確定で、おそらくハナに行くであろうOriental Tigerがどんなペースにするか。Kamsinの前走ダービーは行く馬がいなかったために前に行ったのですが、スローの前残りが理想。こうなると追い込み一手の本命馬にはつらいところですが…

Rheinland-Pokal (GER-Gr.1, T2400m, Koln)
◎ Papal Bull
○ Egerton(回避)
▲ Kamsin
△ Oriental Tiger

ジャックルマロワ賞には古馬・3歳牡牝からそれぞれGⅠ馬が出てきます。この後にムーランドロンシャン賞も控えていますが、今年の仏マイルGⅠは楽しみなメンバーになることが多いですね。
Niarchos Familyの方が優先になるためルメさんのかわりにNatagoraにはユタカさんが騎乗。これはなにか因縁めいたものを感じます。

Prix Jacques le Marois (FR- Gr.1, T1600m, Deauville)
◎ Tamayuz
○ Sageburg
▲ Racinger
× Major Cadeaux
× Paco Boy(回避)
× Winker Watson(回避)

土曜はサラトガの2レースを。

 

よく考えたら…タイトルに高所恐怖症と書いておきながら(じっさい昔は吊り橋を渡るのがものすごく怖かったです)今はそれほどのものではなくなりました。

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

ステアリングの難しさ

まだ運転免許ももっていない(さすがに卒業までには持っておかないと都合が悪いので9月に教習所通いで取る予定です)私ですが…

フォークリフト(1トン未満)の運転はできるようになりました

火曜・水曜と特別講習を受講したのですが、水曜は実技。
もちろん室内でできるワケがないので屋外で。しかも朝とはいえ夏日の炎天下

自動車はもちろん自転車すらほとんど運転したことのない身にとってステアリングがものすごい難関でした。ハンドルどっちにきったらどっちに動くのかすらわかりませんから…バックのときなんてそれはもう
しかも小回りがきく分、右左折の場所が車とはかなり違うようで。

来週もまた似たようなステアリングがあるみたいなのでやや不安があります。。
それよりニガテな高いところでの作業のほうが…

 

今週のレース開催予定を見ると土曜後半にダート戦が…ない。最終は3場所ともダート中距離みたいですが。

関屋記念といえば去年はマイケルバローズ本命も1,2着が抜けた記憶が。今年は順調でないローテですねぇ。
同じ休み休みのローテでもきっちり計算されてのものがみなみ北海道Sのエアジパング。大事に使う藤原師らしいローテですね。

 

<海外>

アーリントンの3GⅠはすべて芝の中距離です。

3歳のセクレタリアトS。GⅠ18勝目を狙ってO'Brien師が刺客を放ってきました。とはいえ人気ほどPlanに力があるのか…GⅠ泥棒できる手薄なメンバーでもありますが。
以前からこっそり目をつけていたTizdejavuが前走アメリカンダービーも逃げ切り。すんなりマイペースを取れる流れならここでも。
2番手以降が不在なので女性ジョッキーの活躍にもちょっぴり期待。珍しいスキッピー産駒だし…

Secretariat S. (USA-Gr.1, T10F, Arlington)
◎ Tizdejavu
○ Secret Getaway
× Prime Realestate
× Snoose Goose
注 Plan

牝馬のビヴァリーD. S。ここは人気サイドで。
BC勝ち馬Dreaming of Annaは去年から裏街道をひた走って合計10勝もあげていました。ここはGⅠ馬としての試金石。

Beverly D. S. (USA-Gr.1, T9.5F, Arlington)
◎ Precious Kitten
○ Mauralakana
▲ Dreaming of Anna
× Communique

8頭中5頭がGⅠ馬という豪華な顔ぶれとなったアーリントンミリオン。ここにもアイルランドからの刺客が…

Arlington Million (USA-Gr.1, T10F, Arlington)
◎ Archipenko
○ Einstein
▲ Mount Nelson
△ Sudan

 

昨日であんな感じだったら自動車教習だいじょうぶかなぁ。

とはいえこの先運転することのない(はずの)フォークリフトを体験できたのは貴重な経験となりました。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

お菓子作りと珍しい資格

今回の実家での滞在中にやっておこうと思っていることが、

・いろんな料理づくり
・まだ今年取りかかっていない資格取得
・夏の蒸し暑い京都への観光

なんのつながりもないですが、これらを時間かけてできるのは今年しかないですから。

ということで昨日は手始めにゼリー作り。この季節なので半分凍らせるとさらにおいしい♪
何かお菓子とハンバーグは作りたい…というよくわからない希望があります(笑)

で、今日と明日で珍しい資格取得の第1弾。来週も火水でまた別の資格取得の機会があるんですが、何の資格なのかはまたいずれ。
そんなの取得してどうするの…というものでも意外なところで役に立つかもしれないですし。

 

今週で函館開催はオーラス。時計がやたらかかる洋芝で今年も穴狙って取りたいなぁ…ってヤマニンパンテール以上の大穴は出ないか。

ダートOPのKBC杯はおもしろそうですね。シルククルセイダーにはいずれ重賞をとってほしいところ。

 

<海外>

今週はアーリントンが1年でもっとも輝く週。アーリントンミリオン・セクレタリアトS・ビヴァリーD. Sの3GⅠが行われます。欧州ではモーリスドゲスト賞。

 

ということで今日は理論(講義)の方。明日の実技とあわせて1日半で取得できるのならお得かも…

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

晴れたと思ったら…

昨日はゼミの忘年会。ってそのゼミ所属ではないんですが(笑)、顔を出すのも3回目?なのでみんな知ってる人ばかりで楽しく過ごせました。

(私は1次会で帰りましたが)オール明けした面々の中には1次会の時点ですでにだいじょうぶかよ…と思えるのもいたのですが、ぶじに授業に出られたのか気になるところです。

 

では本題。

去年の秋ごろにも書いたFallonさんの記事。あのときの八百長疑惑についてはシロを勝ち取った…のですが、その翌日に出てきたのが野球界でもニュースをにぎわせているクスリ

発端はモルニ賞の時の検体が陽性反応を示し、予備検体の方もクロでした。

去年の末にもやってしまいフランスで騎乗停止を食らいました(フランス復帰戦となったサンクルー大賞はみごと勝利でしたが)。2度目となる今回は18ヶ月の騎乗停止が課されるようです。

上のリンクにある去年の記事を参照してもらうとわかりますが、スキャンダルまみれの人生を送っているFallonさん。せっかく3年半越しの難題が解消したかと思ったら…

 

有馬記念の枠順が確定。枠順を見た感じ上位評価の馬はいいところに入ったんじゃないでしょうか。ファンの多い「ゆめのりょけん」と「レース放棄馬」が本線2頭と同じ枠というのもなかなかおもしろいですね(笑)

それからKinaneさんが久しぶりに来日。2年ぶりとなります。ヤマカツスズランでの逃げ切りがまだ記憶に新しいです。

その他のレースも出走馬が決まりましたが、イセノイチの名前がないのが残念。年齢だけで人気しないありがたい馬ですが、なにげに今年は好調だっただけにここでも勝ち負けを期待していました。ということは次走は10歳になる来年に持ち越しですねぇ。

 

Fallonさんと比べると何回りも小さく見えてしまいますが、安田元JKにも執行猶予付きの懲役刑が言い渡されましたね。これから先どうするんだろう…。田原さんは曲がりなりにも競馬関係の仕事で名前を見かけますが。

  

(つけたし)

Cirtification 正答率88%と自己採点より上だったのにはびっくり。あまり履歴書に書いても目立ちにくいかもしれないのがネックですが…

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

受験仲間募集

次なる資格は…これ

まだ先月受験した色彩検定の結果が返ってきてません(通知は下旬ごろ)が、いろよい返事が来るものと信じて新たな分野を。

敬語などのマナーは就活中の身にとってかなり役立つし、なにより将来にわたってそのスキルはビジネスだけでなく日常生活で活かされる…とまわりのみんなに言っているんですが、就活で手一杯なせいか乗り気になってくれません。

受験者データが見つからないんですが…受験者の男女比率ってどうなっているんでしょう。

それよりも試験日が2/10とあって、志望会社の筆記や面接とかぶってしまう可能性があるのが一番心配です。

大学生活でもっとも力を入れたことは何ですか?」という質問はほとんどの社でありそうですが、

競馬です!」なんて口が裂けてもいえないし…

いちおう「いろいろな分野の資格取得に挑戦しました」みたいなことを言うつもりですが…面接で使うための「資格取得」を優先すべきか早いうちにもらいたい「内定」を優先すべきか悩ましいところです。

 

<海外>

残るアメリカのハリウッドターフCSを。

出馬表を見ようと思いましたが、見つかりません。あらためてよーく見ると、、10レース中の5Rでした。少頭数で他にGⅠや重賞があるならわかりますが、重賞が1レースしかないのにこの位置はちょっとかわいそう。

ちょっとかわいそうな形になりますが、選んだ4頭はすべてColtかHorse。
超良血Champs Elyseesにはそろそろ大舞台での勲章がほしいところ。ブラジルからの刺客が不気味ですが…

Hollywood Turf Cup S.  (USA-Gr.1, T12F, Hollywood Park)
◎ Champs Elysees
○ Sunriver
▲ Sudan(回避)
注 Heroi do Bafra

 

出馬表を見て気づいたのが北村くんの復帰。落馬の頭部外傷から2ヶ月ぶりの復帰となりますが、ケガのブランクを感じさせない活躍を期待してます。

ブランクからの復帰といえばサクラセンチュリー。京都記念から約22ヶ月ぶりになりますが、いきなりでも実力は一番だろうし好調Demuroさんの腕でなんとか上位にきてほしいものです。

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

受けてみようかな

これ

ほんとは去年から取りかかってるシスアドの方が先なんですが…なかなかはかどらず。

夏に実家に帰ってた時にはこっちしか勉強してませんでした。

試験日はちょうどエリザベス女王杯の日。試験会場によりけりですがメインの時間帯には間に合いそうです。

2,3級どちらも勉強してるけど…受験料が高いので2級にしぼろうかな。。

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

講演会

いよいよゼミの発表が2ヶ月をきったとあってあわただしくなってきました。と同時にローカル開催になるので競馬から少し距離をとる時期が近づいてきました。

そんな中今日の5時間目は講演会。じつは講演会というものには足を運んだことがなくて本格的なものに出席するのはもしかしたら初めてかもしれません。

Pamphlet イタリアではかなり有名な社会学者さんのようですが、当然講演はイタリア語。朝からデルビーイタリアーノの映像見てちょっとはイタリア語に耳を慣らしたにもかかわらず聞き取れませんでした(当たり前といえば当たり前ですね)。逐語訳で日本語で説明もあるのですが、いかんせん内容が高度な学術的講演なので…Zzz。後半ぐらいになって目が覚めました。とはいえ後半になるとだんだん内容もわかってきて、最終的には「聴いてよかったかも」と思いました。現在のイタリアファッションブランド界が面するちょっとした危機的状況をブランド名を例に出して解説していたのが効果的だったかな。

 

ま、たまにはまともな話もということで(笑)

Dettoriさん英仏ダービー制覇ですねー。17年ぶり4度目の快挙。そのうち生ける伝説と呼ばれる日も遠くはないでしょう。

今週はGⅠこそありませんが…登録を見るとひいきの馬がちらほら。

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

留学

これから就活が待っているわけですが、グローバル化の時代、やっぱり語学は堪能でないと(表向きの会話は英語ですませることはできても)仕事仲間・相手の一線を超えてのつきあいを深めていくのは難しいだろうと思います。それに流暢に話せるスキルを身につけておけば外資系の企業でいかせそうですし。

言語を学ぶのがニガテですが、なんとか日本語・英語を含め4カ国語はかじるだけかじってみました。でももっとヨーロッパの言語を取得したい…

だれかフランス語を教えてください(笑)

サイドバーを見るとわかるのですが、米英豪新は英語圏なのでなんとかいけるものの、イタリアは英語版、ドイツにいたってはカン頼りに記事を読むなど苦労しています。フランスは語学取得もかねて辞書も買いました(2月のどこかで記事に書いたはず)。

完全にマスターできなくてもいいから各国の言語はかじっておきたいものです。ということでもう一度…

だれかフランス語を教えてください。ヨーロッパで一番行きたいのはイギリスよりもフランス(次にイタリア)。もちろん目的は競馬だけではないですよ(笑)

 

めずらしく競馬でないエントリになってしまいました。たまにはこんなヒモ…じゃなくて日もありかも。

| | コメント (2)

2007年4月16日 (月)

簿記に続いて

今度はシスアドの勉強を始めました。いや、厳密には1年ぶりに再開しました。今年の終わり頃には就活が始まっているはずなので、面接を受けだすころにはとっておきたいです。秘書検定も受けておこうかな~。色彩検定も(笑)

バイトを休止したとたん一気にヒマな時間ができたのでうまく使いたいです。でも収入ががくんと減ってしまったのは(馬券の予算を考えると)痛い…。

今週はGⅠこそないですが重賞、OPレースとも楽しみなレースが多そうです。何より日曜はジョッキーマスターズ。これは必見ですね!(ちなみに東京競馬場では、昼休みには元広島のK二さんと元阪神のK一さんがフローラSの予想をするとか。あとウマニティの予想コーナーも現地でするそうです。)

 

<海外>

プレップレースも終わり、予想オッズも出たので今週か来週の木曜あたりにケンタッキーダービーのおおまかな分析をしてみようと思っています。Curlinが出てきたとはいえNobiz Like Shobizが本命なのには変わりありませんが…

 

それからもう一つ。今季ヨーロッパ記録の17連勝を飾るなどいまだ負けなしのインテル、実はこの前負けそうになっていたところをL.フィーゴの活躍でドローに持ち込んだそうです。相手は…パレルモ!無敗優勝も気になるけど、3位には入ってほしいひいきのパレルモに歴史に残る勝利を収めてほしかった気もしてなんだか複雑です。アマウリ早く戻って来てぇ(笑)

あと7月の移籍もにわかに騒がれるようになってきました。いとしのM.クローゼはどこに行くのでしょう。

| | コメント (0)