旅行・地域

2020年1月18日 (土)

カゼは遠征で治す(無理)

水曜日、起きたらきつめの頭痛。
ふつうなら様子見で午前半分は休ませてもらうところですが、仕事がそうはさせてくれない。
必要最低限はこなしましたが、40分仕事して力尽き20分死亡して戻ってくるの繰り返しでした。

ピークは過ぎたものの、木曜日から土曜日までぎりぎりまでの残業で(自分でごはんを作って)栄養を補給することも満足ではありませんでした。
「さすがに日曜は休みますが、万が一仕事が回らなくても知りません」

 

とりあえずちゃんと起きた日曜日。
さすがに行きの飛行機ではぐったりしてしまいました。旅行でこれはないな。。

Miyazaki-ikusei-bokujo-gate

3年ぶりにやってきた育成牧場とウインズ宮崎。
とはいえ一発で勝ち抜けしていることもあり馬券は買いません。

この日は県内のバス乗り放題チケットで西部の小林市へ往復。
盆地ということもあってか、海沿いの宮崎市内とはかなり気温差がありました。

 

2020-kurochiku-sho

すかっとする勝ち方。すかっとする一点買い。
新馬戦の字面だけで未勝利も当てていますが、あの勝ち方ならもう少し評価されてもよかったはず。

今年の初勝利で、3日開催もプラスで乗り切れました。

で、カゼは治らず。早く仕事が落ち着いてくれ…

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

ついにこのときが

冬本番になってくると遠征で心配なのが天候。
土曜日の東北は前線をともなって低気圧が発達しながら北日本を通過するいやーな予報。

日本海側は当然ながら雨か雪、太平洋側はまだ…と期待するも仙台が晴れのち雨。盛岡は雪時々雨。

Welcome-mizusawa

よかった、「まだ」晴れてくれていた。まだ積雪もない。
盛岡は予報通り朝から天気がよくなかったようで、南寄りのエリアはひとまず難を逃れたかっこう。

ついにやってきた水沢競馬場、翌日曜も開催がある通りオフシーズンではないものの、なぜかこの日だけJRA全レース発売(盛岡と横手も同じ)。
たまたま前の週に大きく資金が浮いたこと、たまたま発売要項に目を通して気づいたことで急遽遠征を決めました。

20191214-make-debut-hanshin

 馬券はいまいち。運良く新馬戦が一点的中したものの、未勝利ウインズが誕生してしまいました。
さて、馬券の発売システム関係から「ウインズ」を名乗ってはいますが…場末感のすごいこと。恒常的に全レース発売しないのなら種市と同じくJ-PLACEへ転換すればいいのにとグチりたくもなります。

水沢駅~水沢江刺駅を結ぶ路線バスが競馬場からそう遠くないところを走っていますが、いかんせん本数が少ないため市内へ自力で向かうことに。天気が心配で逡巡していたものの結局持ってきたボードで奥州市内を走りました。
このあと隣の金ヶ崎町でも少しばかり走って、この2ヶ月で3回やってきた岩手県でもようやくまともなボード走行の実績がつきました。

さて、北上市に向かっていると日差しがなくなり黒い雲が。
持ちこたえていた天気もついに限界がやってきて、すっかり雨模様になってしまいました。

予定では北上のロードサイド店舗をボードで回ってほとんどを自力で駅まで向かうつもりでしたが、総崩れ。
たまたまそこにいた、さくら野百貨店で少しだけ時間をつぶしてからバスで北上駅へ。もはややることがなくなって1時間早い便に指定変更して帰ることになりました。

 

ウインズ水沢を解禁してしまったことで、ウインズ盛岡も全レース発売日にチャレンジすることが事実上決定。
いつが対象なのか不規則で読めないうえ、岩手競馬が開催してなければタクシーしか向かう手段がなさそう。ハードル高すぎる…

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

「あき」の宮島

先月の台風で流れてしまっていた広島遠征。今年46都道府県目の訪問は1ヶ月半も延びて11月下旬となりました。

出発の金曜日は遅延連発で予定変更の連続。
平日の通勤ラッシュで旅行者の自分が迷惑をかけたくないと横浜駅からのリムジンバスに乗る予定でしたが、「遅れ40分」の表示を見て急遽中止、混雑の少ない車両を選んで京急線で向かいました。
羽田では使用便の遅れで出発遅延、広島空港からのバスは到着受けをしない通常の路線バスのためやむなく予定とはまったく別のルートに。

Itsukushima-shrine-repairing

厳島神社の有名な鳥居は修復工事中。世間的にはふつうの平日のはずですが、それでも観光客(とくに国内)が多かったです。
このあたりのJRは15分ごとにありますが、3両だと昼下がりでも途中までラッシュ時のような状態でした。土日はそれ以上なのか…

宮島で広島県初のスターバックス(ちょうど2周年バースデー)に立ち寄ってから市内に戻り銀行で口座の端数調整をし、山間部の安芸太田町へ。
もう1時間早く到着してバスを細かく乗り継ぐつもりでしたが、冒頭の予定崩れの影響で高速PAにあるバス停まで自力で行くことに。

Akiota-town-boarders

ストリートビューで歩道のない国道か山縁の細い県道のどちらも難所を通ることになると予習していましたが、そもそも18時では真っ暗。写真の真ん中の方へカーブを切っていくのですが、スタートから不安を感じさせます。
交通量を勘案して選んだのは後者で、途切れ途切れの街灯を頼りに進みました。住宅のまばらな地域(合併前は筒賀村)で、家のかわりにあるのは墓地。ほぼリアル肝試し。

距離自体はそれほどあるわけでなく、30分弱でバス停に到達。中国山地まっただなかであり、PAはトイレのみ、SAもかなり小規模です。
なんとなく想像はついていましたが、シカやイノシシだけでなくクマも出没するようです。出くわさなくてよかった…

こうして島根県に入り、六日市インターを降りてすぐの道の駅で宿泊。
いつもの旅程よりかなり早い20時到着も何もすることがなく早く寝て、翌朝と2度温泉に浸りました。おかげで擦り傷と肩こりが回復。

Etajima-sakaue-scene 

土曜は朝から快晴。宿のある吉賀町は山あいの盆地であり冷え込みがきつかったですが、広島市内では上着だと汗ばむくらい。
ウインズを後にして呉港に向かい、江田島市に上陸。写真はコンビニからの帰りですが、対岸の呉市までほど近い。そして宮島と同じく山がちであることがわかります。

再び呉市内に戻って入船山地区を散策しつつ、駅からのリムジンバスで空港に。
広島市内からのバスは本数多くありますが、渋滞にひっかかるのが目に見えており避けるのが無難なところ。なので今回はこのルート(結果的に往復とも)をチョイスしました。

 

馬券はひどすぎたので割愛。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

紅葉の会津

白河から会津(塔のへつり・大内宿)方面へ向かうバスが4~11月の季節限定で運行されている情報を得て、今年中に行っておくかと温めていたネタを実行したのが土曜日。

浦和美園から高速バスに乗り、ウインズで馬券を仕込んでから冒頭のバスに乗り換え、下郷町と南会津町に立ち寄ってから直通特急で浅草に戻ってくるというルートです。

Aga-river-koyo

さすがに天候は勝手が違いました。甲子高原を越えようとするあたりから日本海側モード。
ボードに乗れる程度とはいえ小雨がぱらつき、空気も冷えていました。

それを差し引いても景色は抜群。
下流の新潟では川幅1km近くの雄大な流れも、このあたりまでさかのぼると急峻な崖の連続。
もう少し先に有名な塔のへつりありますが、町の中心部でもこんな風景が待っています。もちろん山々は紅葉真っ盛り。

次の南会津では雨脚が強くなり、ボードをあきらめて観光協会に傘を貸してもらって街歩きしました。

20191116

土日でまったく正反対の馬場となった京都の芝。
前日のはいったい…というくらい内が伸びませんでした。

一方で土曜はイン伸びしたレースしか当たらなかったものの、ピンポイントで的中させたことで久しぶりに新白河で白星となりました。

ウインズにたどり着く前、東北道でナゾの渋滞(ふだん起こらないエリア)に2回引っかかり、バスは30分以上の遅れ。
馬券を買うのはやめようかなとも思いましたが、思い直して正解でした。

 

ついにジャパンCに外国招待馬が出てこない事態が発生。
もはや創設の意義をなくしてしまっており、来年の40回目で打ち切るのが賢明でしょう。JRAは深刻なことだととらえてほしいです。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

あえてそっちから行く

文化の日の3連休、真ん中に入れたのは今年3度目となる福岡遠征。エクセル博多、佐世保(というか九州全巡り)からの帰りに次いで今年まだだった小倉競馬場が目的地。

小倉に行くのであれば当然ながらアクセス容易な北九州空港なのですが、行き先は福岡空港。しかも6:15発。

A350-sheet-monitor

まるでフライトシミュレータのような画面が座席モニターで表示できるJALの新型機A350。
九州北部に行くならうまく便をあわせたいと思っていたところ、少々強引な時間帯ではありますが安い価格で乗れるものに行き当たりました。

到着して向かったのは天神からの久山町。目的のコンビニがまさかのリニューアル休業で面食らいましたが、ちょうどやってきたコミュニティバスを利用して別のコンビニに。
30分ずれたものの博多駅に戻ってきて小倉駅まで快眠。

馬券の用事を済ませた後の余った時間でひさしぶりに門司港散策するつもりでしたが、昨年JRがかなり減便したため効率的な時間が組めず断念。
結果、空港連絡バスのある朽網駅までいろいろ寄り道しても時間が余って、最後は空港島内を散歩していました。

 

2019-jbc

小倉はさっぱりで、去年のプラスを完全に食いつぶしてしまいました。
このように国内がまた不調に陥っていますが、意外なところで土日の損失の半分ちょっとが戻ってきました。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

オッズ読みの差で泣く

20191027

惜しくも万馬券に届かず。
単複視点で売れ行きを見ていてもっとつく想定でしたが…割れすぎてたのかみんなの買い方がシビアだったのか。

的中レースはほぼすべて京都で、東京以上に直千のお宝がついぞ出てこなかった新潟の低空飛行が誤算でした。
またも天皇賞デーは実らず。

ちなみにコックスプレートは2着のクレイグにやられてワイドのみ。前週のコーフィールドCと合計でプラスマイナスゼロでした。
3連複あれば余裕で今年の海外競馬の収支プラスが確定できたのですが。

 

菊花賞の日は途中まで現地観戦し、夜に仙台へ。

翌朝に川崎町のみちのく公園に行ってから、松島の景色を横目に大郷町を少しだけかじり、三陸のBRT区間に。
地形の影響か津波被害の大小がさまざまで、気仙沼市(ここでもう一泊)や大船渡市は以前の姿が戻ってきているように見える一方、南三陸町や陸前高田市は沿岸の再構築がまだ途上でした。

最終日は上記にある岩手の海沿いを行った後、内陸の住田町、それから遠野市までバスで移動して新花巻から帰京。
前日は天気がよく宮城県内を10kmほど走りましたが、翌日は朝から本降りの雨で片手に傘、片手にボードで3km歩くという苦行でした。
その予報は把握していて、夜にいったんチェックインしてから奇跡の一本松がある完成したばかりの道の駅まで行きましたが…もちろん営業時間外。岩手県でのボード使用は広大な駐車場を散歩代わりに移動するだけとなってしまいました。

 

さて、次の遠征は朝早いぞ。
小倉競馬場に行くのになぜ福岡空港?

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

夏休みはおとなしめ

2週続けての夏休み、今度は気温がぐっと涼しくなりました。

その間に台風の接近もあり、日曜に甲賀市の郊外を歩いていたら土砂降りに遭遇。
雨宿りをしているとたまたま雨の切れ目がやってきて事なきを得ましたが、悪運が強かったなと。

Yoshinogawa-flood-higashimiyoshi

土砂災害警戒情報が出ていた徳島県に翌日行ってきました。
初めて訪れた東みよし町の吉野川サービスエリアから、川を見てみると…おそらく倍以上の水量。

関西でやっておきたいことは前の週に済ませてあったこともあり、最終日は時間が余りました。
ということで、猪名川を越えて伊丹空港まで徒歩。30分でいけるかと思いましたが、空港敷地を想像以上に大回りせざるをえず40分はかかりました。

 

2019-koto-tokubetsu

土日ともちょい負け。両日とももっと勝負すれば…といつもの逆パターンでした。
とくにいつもの仲間内(おそらくみんな府中にいたはず)でやっていれば、ワイド250倍はほぼ確実にとれたのがひとつありました。このあたりがリアルタイムで馬の状態を見ないで買う難しさではあります。

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

実りある夏旅を

革靴でボードを乗りこなせるか――今回の旅のサブテーマ。
心配していた天気も土日だけは問題ないことがわかり、傘ではなくボードを手に出発。

ほんとうは福島競馬場までボード移動にしたかったのですが、滞在時間を考慮してバスに乗り込みました。

20190831

よし勝ちきったと思った刹那、もう1枚単勝が出てきました…そっちがもともとの事前本命。
運試しもあって買っているのはこれだけ。ワイドの配当だけ見てそんなにつかないかと思いきや馬単がものすごくつくという…

馬券は残りをまとめ買いしここで退散。

2019-sapporo-sponichi-sho

気づいたら勝手にハナにたたされて通過が35.7。早くもごちそうさまとわかりました。
結局ここもワイドかよ…というオチですが、この単勝2発があれば勝つには十分。

福島はこれで初勝利から3連勝。
東北のウインズはとても相性が悪いだけに星を分けてあげてほしいぐらいです。

 

旅は山形方面に向かい、新潟に抜ける米坂線へ。本物の県境よりもはるかに境目らしい同じ郡内の峠を抜けて、長めの列車交換時間を利用して小国町に立ち寄りました。町内をボードで試し乗り…革靴でもいけるじゃん。
せっかくの電車旅ということで村上市と弥彦村も散歩しつつ、ホテルは燕三条。新潟市内がありえないぐらい満室でやむなくのチョイスでしたが、かえってコストパフォーマンスのよいところをとれました。

翌朝は新幹線で新潟駅へ、そしてやってきたタクシーで仲間内(土曜は仕事の後、市内で前泊していた)と合流。

Niigata-streight-from-nils-stand  

ありがたや。今年もここで観戦できるなんて。(革靴うんぬんもドレスコードのため)
去年とちがってゴール板過ぎのエリア。カメラがある手前、パーティションで区画が来賓のところになります。

この日は岩室温泉特別の日でもあり、表彰式に参加する岩室温泉観光協会のテーブルも用意されていました。

20190901_20190903003601

勝ち馬の単複を取った人、2着の複勝に突っ込んだ人、枠連を代用でしれっと仕留めた人。
ふつうは呆然とするはずの結果で、一同大盛り上がり。

あと500円で配当タイ記録だった単勝万馬券、200倍を超えたのもそれ以来の11年ぶりでした。
イルマタルはたまたまデビュー戦から買い続けていて、ひょっとしたら芝でもというのはありました。そこに雨で馬場が重たくなったことですべてがうまくいった形に。

収支としては全然ですが、3ヶ月半の鬱憤を一気に晴らす一発でした。
デルマオニキスの単勝
スリーケープマンボの単勝
ザプラウドワンズの単勝
ネバーランドの複勝
イルマタルの単複
ブリッツアウェイの単勝

2日の主だった的中はこれだけ。つまり組み合わせ馬券がひとつも当たっていないのですが、7ヶ月ぶりに土日連勝となりました。
成績が落ち込んでいた新潟もようやく立て直しに成功。

楽しかった2日間を終えて東京駅まで帰ってくると、、「現実世界に戻ってきてしまった」と一同ハモる。

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

西へ東へ、また西へ

土日の前後に休みを入れて連休としていた週末、夏に実家へ帰るのを2分割することを予定していてその片方を割り当てる予定でした。
ところが、日曜日にどうしても府中にどうしても行かなければならない用事が発生。
どう4日間をすごすべきか…

現実的に行けるのは中部地方。
泊まったことのない都道府県は福井、長野、三重。そのうち福井はついこの前宿泊済み。
翌日の競馬(&とんぼ返り)を考慮して三重県をチョイス。

Nagiso-momosuke-bridge

ポピュラーな東海道線ではなく中央線で延々と西へ。
日頃の寝不足もあり塩尻までずっと寝ていました。

南木曽で始発があるということで下車して町内を散策。
一時的に運転を見合わせていたほど大雨だったらしく、木曽川は濁流でした。
ちなみに駅周辺は欧米系のインバウンド客でいっぱい。妻籠宿がありますが、海外でもけっこう知られているのか…

名古屋で寄り道をはさんで、桑名で宿泊。
近鉄特急に乗れば実家まで帰れてしまうところまで来てしまいました。

2019-inaduma-s

遠征をこんな日にぶつけるんじゃなかったと嘆きたくなるくらい出馬表がひどかった土曜でしたが、これだけは取れると狙った直千がヒットして予想外のプラス。
4着馬が外ラチで詰まらなかったらワイド全的中だったな…

日曜はちょっと負けで週トータルは(海外のプラスと地方のマイナスも含め)なんと16週ぶりの黒字。空前絶後の絶不調も底を打った…はず。

 

その日曜ですが、府中の指定席に入ってわずか30分で用事を済ませて撤収。
2日前に通ったルートを再びなぞり…松本で宿泊。

もともと宿泊をもう1回することは考えていませんでしたが、日曜の夜ということもあって優良ホテルが半額以下のセール状態。
泊まったことのない長野県だし、行くしかないだろうと1泊2日をもう一発。

Hakuba-jump-stages

山の斜面に見える2本の緑の筋はオリンピックでジャンプ競技場だったところ。
冬は至る所にあるスキー場で賑わう白馬村ですが、夏はこのような光景。国内外から山登りの格好をした人が多かったです。

さらに北の小谷村へも足をのばして、有り余る時間(公共交通はどれも本数が少ない)を使って姫川沿いを散歩。
日本屈指の水質らしくものすごく透明度が高いのですが、それと同時に流れがものすごく速い。
水流を調節する堰がちょっとした滝のようになっていました。

さすがにこの旅程は楽しさと同じくらい疲労がたまりました。
といっても次の週もまた遠征が入ります(冒頭にある日曜の用事もこれと関連)。

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

わかさを見せろ

少し前の日曜、隣で「かつはるぅ、若さを見せろ!」と叫ぶものだから笑ってレースどころではなくなってしまう出来事がありました。
(それが効いたか勝春は逃げ馬をとらえきって1着)

今年もお盆休みは取らず、単なる3連休だった週末は初日の帰省ラッシュを避けて日曜からの1泊2日。

前回(高松に向かうANA便は手荷物預けでえらくロスした)の教訓を踏まえ早めに羽田に到着。
毎回必ず時間が迫って優先手続きに回してもらうのですが、今回のJAL便はびっくりするほどすんなり。
毎月どちらかのキャリアを利用していますが、こと羽田に関してはANAのオペレーションが拙いとにわかに感じています。

かくして時間が余り、いままで機会がなかったTHE HANEDA HOUSEを散歩してみることに。
朝の7時半ということでお店もほとんど開いていませんが、人の少ないスターバックスでゆっくりしながらエプロンや滑走路を眺めることができます。

到着したのはセントレア。まず中京競馬場に行ってから、金山、大垣と乗り継ぎ…

Mt-ibuki-summer

一瞬だけ滋賀県。
蛍が見られるという天野川からこの角度で見えるのはやはり伊吹山でしょうか?

敦賀までやってきて、乗り換え時間があるためちゃっかりチェックイン。荷物を少し部屋に残して駅に戻ります。
そしてここから西に。

Takahama-kanden-electric-towers

関西の電気の源。福井の若狭湾一帯は発電所が点在しており送電用の鉄塔が各所で見られます。
この写真は道の駅でのもので、湾内を見渡せるつくりになっていました。

おおい町から高浜町までボード移動でしたが、ビーチもあちこちあるらしく海で遊んでいたと思われる人たちでどのコンビニもいっぱいでした。
折り返しの小浜市内で夕食をとり、再びホテルに戻りました。

 

翌日、新快速と見まがうほどの混雑した電車に乗り込み敦賀駅を出発。
スターバックスに寄って飲料補給をしておこうと南条駅で降り、1kmほどのところにあるサービスエリアへ。北陸道は上下とも同じぐらいの交通量でした。

その後は武生駅で乗り換え、ついでにコンビニに入って越前市をクリア。
JRの混みぐあいを避けることができるためしばらく福井鉄道で行くことにし、その途中で鯖江市と越前町にも寄り道しました。

福井からは小松まで直行しましたが、時間が余ったことで東南にあるイオンモールへ。
帰りのバスが満席だった&渋滞ぎみだったこともあり、戻りは自力でした。駅までは想像以上に近かったな…

最後に小松空港からのフライトで旅は終了。

 

今年は史上最速ペースで45都道府県に到達。
あとひとつ、広島県だけが予定がたたず10月に日帰りを企画中。今年はセ・リーグのことを気にする必要はあるまい。

あと、若狭地方の訪問をメインにしていましたが…よくよく見返すと福井県は市町村コンプリート(コンビニすらない池田町は対象外)を達成しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧