レース予想

予想ではないですが、おおまかなカテゴリということで。

2016年11月26日 (土)

初の三段ばしご

先週こてんぱんにやられた経緯を踏まえ、とにかくガマンをきかせることを念頭に置きました。
土曜はゆっくり起き、美容院にも行って時間を稼ぎ、さらには近場のウインズをスルー。

20161119ガマンしたかいがありました。
到着していきなりのレースであっさり勝ち確定。

わざわざ浦和にしたのは、時間稼ぎ以外に雨が降っていたから。
もう少しで10回になりますが、晴れた日は必ず負け。雨か傘を持って行ったときは勝ちと不思議な場所です。

 

日曜は池袋に用事があり(夕方までに)、おそらく今年最後になる府中にも行っておきたい…でも起きた時間が遅かった。その結果…

201611201長男・渋谷。
ルート上のもっとも手前にあることから買おうとすれば当然の流れ。

それにしてもこのレース、あまりにももったいない事前予想のビンゴ。
どっちか来ればいいと思っていたらレインボーソングがまさかの踏ん張り返し。じっくり競馬だったらワイドか3連複は持ってましたね。

201611202次男・新宿。
池袋で用事を済ませてから折り返して京都メインまでを購入。

この秋、かなり読めていた福島の馬場。
勝ち馬に出し抜かれてしまいましたが、やはり上位に来ていたうえに上々の配当。開催終わっちゃったか。。

2016_mile_championship三男・府中。

前に出てよしと思った刹那後ろに置かれてしまい、何かあったなという感じではありましたが…そら後味悪いですね。

今まではしごは何例かありますが、当日に3つは初めてでした。
さておき、そこそこ的中続きで土日ともプラス。逆の意味で先週の「反動」ですね。

 

今年もジャパンC外国勢はスルーでよし、それでもいちおうプロフィールを見てみると…

なんと…ぶどう君が乗りに来るだって?!
前回の来日は体重管理に苦しみ途中帰国の不本意な結果に終わりましたが、彼の将来を期待して馬券を買い、かつかなり回収させてもらいました。

昨年はSoumillonと猛烈なデッドヒートの末、文字通りフランスリーディングを分け合いました。
今年は手がつけられない勢いで勝ちまくり、フランスの最多勝記録を大幅に塗り替えています。欲を言えば、大きなレースでもっと勝ちたいところ。

去年も見所あるレースをしていたEruptに、主戦のステファヌからスイッチしてきたのは今年こそは!という表れでしょうか。
ただ、イスパーン賞の大敗から雨はうれしくないですね。

さておき、パワーアップして戻ってくる鞍上にたくさん乗せてあげてください。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

絶景からの見晴らしは

その前にこの季節なら野球から。

私は生まれからしてれっきとした関西人であり、そのことを誇りに思っています。
2代上のうち4分の3が関西なのですが、残り一つ、父方の祖父が新潟出身。米どころ以上に豪雪地帯として知られる魚沼生まれです。

新潟にもルーツを持つ、そういう背景もあって新潟代表には思い入れがあるのですが…毎年ひとつ勝てれば御の字。冬場は満足に練習できない気候ですからねぇ。
じっさい甲子園での春夏合わせた勝利数が47都道府県別の最下位でした。

ということで日本文理のベスト4には自分のことのようなうれしさが。
もしかして4強は県勢でも初めて?
選抜でも県勢唯一の勝ち学校だし、そのときはベスト8でしたっけ。

 

さて競馬。

札幌記念に矛先を向けてきた3歳牝馬。
ここを勝てば海の向こう側の遠い遠いところまで視界良好となるのですが、さすがに国内戦であるので今回はお手並み拝見といったところ。

ですが、今回楽に勝ったとしても…どうなんでしょう。
有力どころが本気で一堂に会するようなことになれば、自分のレースができるとは…
正直日本馬にはまだまだ凱旋門賞を勝ってもらっては困ります。

中長距離路線の柱が抜けたぶん年初は混戦気味になるかなーと思っていたら、予想以上に粒ぞろいな構成になってきました。
やっぱり海外競馬は見ていて楽しいですね。

…でもいくら本気で顔ぶれそろっても、去年の勝ち馬は楽に勝ってるんだろうなぁ。
ディープインパクトの母が身ごもりながらMonsunをGⅠでくだしたように、身重であっても勝ち負けできるのでは…と思わせるくらい00'年代ではZarkavaが抜けているなというのが私見です。

そんなこんなで欧州ではイボア開催も終わりいよいよ秋本番に。

 

<国内>

打って変わってこちらはまだまだ夏競馬中。

今週は札幌記念(シャドウゲイトの鞍上がびっくりなんですが)そっちのけでレパードSが楽しみです。やっぱり芝よりダートの方がいい馬そろいますね
砂上の熱戦を期待。

そんな暑い季節こそアツい馬券を…

090815_1_3 兄さんなんで馬単持ってへんの~?
…。まったく異論ありません。おっしゃる通りです。。

札幌7Rだけでなく新潟10Rでも同じ場面が。
こっちはさすがに馬単で狙えませんが、せめてワイドぐらいは握らなければなりませんよねぇ。
でもファッシオドンナはなぜ単勝を買ったのか、コスモイライザ(マークシートミスのはずですが)以上にナゾです。

こうして大きいのを取り逃してましたが、その日のうちにきっちり修正できたのが札幌11Rの支笏湖特別。ハナ差のワイドも効きました。

090815_2_2 …あ。
これも持ってたんだった(笑)

 

話を主題に戻して。

アンカツさんは今回52kgということで減量しなくてはならなくなりました。
酒豪で有名ですし、かなりきつそうなダイエットですねぇ。

かくいう私は51kgを超えたことがありませんが…

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

人気があるようですね

いちおう地元ネタでもあるので取り上げておきました。

三面六臂の仏法の守護神。とくに興福寺にある像は国宝として非常に有名ですが、今年は東京で、それから福岡へ出張しています。

たまたま年初に興福寺に行って上京する直前の像を見ることができましたが、現在公開中の福岡では周囲すべてを見られるみたいですね。あの背中は貴重かも。

ちなみに守護神のうちの一であって、ふだん興福寺での阿修羅は他の守護神たちと並べて展示されています。いちおうセットで…なんですが、阿修羅が飛び抜けて知名度が高いんですよね。

 

去年までなら今週からが本格的な夏競馬でしたが、今年はレース時間後倒しの期間が前後とも延長されたため、前の開催からすでにはくぼ競馬が始まっていました。

夏の新潟・小倉開催では第2回と第3回の間ぐらいに3週ほど実家に帰るのがここ数年の恒例でしたが、働き始めた今年は当然そうもいきません。
お盆に休みを取っても何一つメリットが感じられないし(むしろ仕事量が減るのでラッキーかも)、札幌記念の週あたりにずらして夏休みを取る予定です。

そんななか今週の競馬で目を引くのが、札幌が9日目だということ。今年の札幌は2回×12日=24日開催で、いつものところでいう3開催×8日とまったく同じです。
去年のレース開催が決まった時点で知っていたワケではありますが、いざそうなると意外に思えてきます。

ちなみに10日目にマチカネニホンバレが登場。たまたま整理をしていたら去年実家に帰っていたときの新聞が見つかり、同馬の名前を2カ所(未勝利と500万下)で発見。
それらを見た感じだと小回りもだいじょうぶそうですね。

ふつうにかなりの人気になりそうだなぁ。

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

こういう時代だからこそ

地位低下の著しいセントレジャーS。

格下げや古馬開放など、「セントレジャー」のネームバリューがすっかり色あせた時代となってしまいました。
競馬黎明期の貴族同士がヒート競走をしていた時代にあこがれる立場としては、スピード化が進む現在の傾向はあまり好きではありません。

権威の低下に伴うステイヤー種牡馬の肩身の狭さの方が心配ですが…たとえば来週のゴールドCで4連覇を狙うYeatsはまだ今年も現役。使っているレースが少ない分まだいけるんでしょうが、種牡馬入りしても障害専用になりそうな気がします。(Westernerがそうだったので、ほぼ確実かも)
この馬の場合は兄が兄だけに日本に来たら需要があったりして。

 

まだ日曜の出走馬は確認していませんが(あおぎりSがすごい顔ぶれになってるとは聞いています)、土曜に気になる馬がけっこう出てきます。
この前とりあげたラブリーコンサートも出てきているし(1番人気ですが)、最終のトーホウカイザーも500万下の勝ち方と前走からここでも上位評価(これも1番人気ですが)。

なによりメインのマチカネニホンバレがどんなレースをするかが気になるところ(やっぱり1番人気ですが)。

 

<海外>

スティーヴンフォスターHにEinsteinが出走。ここにきて本格化したか最近は抜群の安定感を誇ります。
重賞7勝のうちGⅠが5つ、しかも現在GⅠ2連勝中。ここも有力と見ていいですが、それ以上に臨戦過程がすごい。

西海岸へ行ってオールウェザーのサンタアニタHを勝利→東に移動して芝のターフクラシックSを勝利→今度はダートのスティーヴンフォスターHと、異なる馬場でのGⅠ3連勝がかかる希有なローテ。
芝もダートもオールウェザーもGⅠ勝ったのはLava Manぐらいですが、同馬は3種3連勝がかかります。

 

今年は20年ぶりに2冠馬が誕生。

Cape CrossUrban Seaの配合なら12Fはだいじょうぶだろうと見ていましたが、ここまできたらあえて有名無実と化した3冠にチャレンジしてほしいものです。

タフなエプソムの12Fをあのレースぶりでこなしたのなら、ドンカスターの14.5Fも守備範囲のはず。
あとはこの時期に台頭してくる遅咲きの馬しだい。

 

ちなみにダービーSの2着争いは4頭の大接戦。
でしたが、4頭全部がO'Brien勢。1頭前にいなかったら大満足だったんでしょうけどねぇ。

それからその前日のオークスS。
Sariskaはお父さんだけ見ればびっくりしちゃいそうですが、母系はスタミナあるファミリー。その点はZarkavaと同じですね。

しかし後味がいいレースだったとはいえません。
直線でのSariskaの切れ込みが激しく、あれは日本ならほぼアウトな斜行。今回降着だったらシンガリになってしまうので避けたような気もします。

巻き返しを期待していたRainbow Viewも同馬に進路をふさがれるかっこうで4着(まともでもアタマは微妙でしたが)で、いったい誰が乗ってたんだよ…と不満を覚えました。

ジョッキーを見て納得。
腕はあるけどラフな騎乗もある種のセールスポイントなんですよね(苦笑)

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

かなりレアな馬券になりそう

Pedigree Queryで馬名を検索にかけると30頭近くまで引っかかる同名馬の扱いについて。

今の3歳未勝利クラスにいる馬がデビューしたころ、もうすでに「来年の安田記念はどうなるんだろうなー」と考えていたのですが、今回JRAはこんな対応策をとりました

ということで今年も外国馬の所見を。

Sight Winnerはここを勝てばボーナスが加算されるのですが、その前走チャンピオンズマイルはシンガリ人気でのアップセット。後続が伸びないなかを前につけて勝ったのですが、人気の薄さなどもふくめてAble Oneと重なるところがちらほら。
個人的には買いづらいところがありますね。大外からすんなり先行できて、番手で自分のペースを守れれれば、が条件になりそう。…かなりきついような。

冒頭でふれたもう1頭のArmada。去年はうまく人気の盲点になってくれたおかげでびっくりするような配当がきたのがなつかしいです。

去年は仕上げがパーフェクトでない状態で2着。地力があることを証明しましたが…それ以降が去年とは雲泥の差。一時は香港マイル界の看板を背負っていくと期待されていただけに、この現況には物足りなさを感じます。
やはりこの馬には2年前に出てきてほしかったのが正直なところ。順調なら出走してきたはずですが、拒食症のような症状になってしまったのが返す返す悔やまれます。

今年は国内組のいいところが集まってきます。GⅠらしい顔ぶれになりますが、先週でぼこぼこに荒れた芝を真っ先に回ってくるのは…
馬場のバイアスは当日までじっくり見てみる必要がありますが、先週の四位ちゃんの暴れっぷりは際だってましたね。メインの前後もタカオセンチュリートーセンモナークといい馬が回ってきてるし…。

あとは3歳時からマイル適性を評価している(同世代では1,2を争うとどこかでラッパを吹いたぐらい;苦笑)馬が無念のNHKマイル出走かなわずから2年越しのGⅠ出走。
アサクサデンエンが似た感じで本番を制したような(前走勝ちながら人気を落とすパターン)。

 

<海外>

ダービーSでもっとも気になっていた点である「Murtaghさんはどの馬に?」でしたが、チョイスしたのはRip Van Winkle。そして希望通りFame and GloryはHeffernanさんに。

馬場の状態によっては回避も…とにおわせていたOxx師ですが、いまのところSea the Starsは出走しそう。現在1番人気ですし、もちろん打倒O'Brien勢の筆頭。

そのO'Brien勢は6頭がスタンバイ。
なかでも良血Black Bear IslandはMooreさんを確保と色気を持っているのがよくわかります。裏を返せばStoute師の出走がないんですよねぇ。

ほかにも連覇がかかるBolger師のGan Amhrasが人気しているように、今年は完全アイルランド有利。この前までは地元イギリスがリードしていたのに。
ということでCrowded Houseはかなり人気を落としました。レーシングポストTの鬼脚が戻ってくればあっと言わせても不思議ないですが…。

 

母系のスタミナが濃いとはいえ、Pivotal産駒とOasis Dream産駒のワンツーが12Fで起こるとは。

なによりもハナ差で定位置2着ってあたりYoumzainらしさはまだまだ健在ですね(笑)

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

じっくり返し馬を見つめてみる

今はまとまってローカル開催がないレアな時。
しかも一方の開催が地元の府中ということもあり、じっくり返し馬も見ることができます。以前書いたとおり人も少ないので混雑の心配もナシ。

 

それでは先週の回顧。

オークス週につづき土曜好調→日曜不調でした。

09_shirayuri_s 土曜は中京が買うレース買うレース的中ばかりだったのでめずらしく500円ずつ。
最終も4,5着からワイドを流すなど読めていたのですが、日曜は天候に関係なくさっぱり。シルポートがゴール前差された時点でジエンドでしたか。

日曜は返し馬で動いていたことよりも不良馬場への適性がモノを言ったケースが多かったですねぇ。

 

で、土曜が好調だった起点のレースが牝馬限定の500万下(7R)。レースを知っている方は記憶に残っているでしょうが、東海Sしかり見ていておもしろいレースでしたね。

新潟につづき中京も返し馬で動いたのがレースでもけっこう活躍することがありますが、このレース前で西川兄さんとの会話はこんな感じでした。

N「フレアキャスケードってどうなん?
私「あ~、あの馬はけっこう買ってますけど展開次第なんですよねー。うまく前が飛ばせば差し込んでこられますが…イマイチ届かないんですよねぇ。
(ちらっと新聞を見る)
私「それに先週の新潟で放馬除外になったばかりだし体力的にどうなんでしょう。
N「ほら、返し動いてるで~
私「あ、ホンマや。動いてますねぇ。

レースの方ですが、通過順を見ると一目瞭然。

向こう正面でぐいぐいポジションを押し上げていったラブリーコンサートが目立ってましたが、2分割の上のカメラを見るともう1頭後方から追い上げていく馬がフレアキャスケード。3コーナーあたりで追いつくマクり合戦になりました。
なにげにこの2頭が本線だったので、「そのまま押し切ってくれ」…と思うまでもなく2頭が後続を置き去りにしていきました。

レース内容がインパクト大でしたが、タイムも優秀で両者は次走も気にとめておく必要はありそうです。
赤木さんの豪快なマクり炸裂って揖斐川特別以来かな…あのときもかなりの配当が当たった気がする。。
ちなみに3着争いにも色気を持ってましたが、人気通りで妙味は馬単のみ。同じ黒帽のコナフェット(これも動いてました)だったら700倍だったなぁ。

 

<海外>

今週はアメリカでベルモントS、イギリスでオークスS,ダービーS,コロネーションC。それからエイコーンS,マンハッタンH,ジャストアゲームS,チャールズウィッティンガム記念Hにジョッケクルブ賞もありますね。(地味に去年から12Fになった伝統のブルックリンHも気になりますが)

ベルモントSはRachel Alexadraが出走しないことでMine That Birdの手綱はBorelさんに戻ります。

オークスSは…これは薄い顔ぶれですねぇ。Beauty o'Gwaun出てきたらチャンスだったのに。

ダービーSは…と思ったのですが、英愛の競馬はこの人なくしては語れない名伯楽V. O'Brien師が亡くなったらしく、こっちのニュースを見ることに時間を費やしたいと思います。また後日に。

ってかYoumzainはまだ走るのかい(笑)

 

あ、明日はあの日か…

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

出走できるだけでもうれしいやん

馬名からすれば隣の5枠9番が理想でしたが…まあいいでしょう。

前走すっきり負けてくれたおかげで過度の期待をせずにすみました。ここで結果でなくともレパードS初代覇者の称号だけは手にして欲しいですが…

ま、今さら多くを語ることはしません。
選ばれし舞台に出走できるだけでも感無量ですし。

 

<海外>

ダービーSが来週に迫りましたが、トライアルをことごとく制してきたBallydoyle馬たちに対して主戦Murtaghさんはどの馬を選ぶのかがまだ未定。

ファーストジョッキーとはいえ、ここは2番手以降の馬に乗ってもらってシェイミー(Heffernan)に栄光を譲ってあげて欲しいなぁというのがホンネです。
Sea the Starsは2000ギニーSの勝ち方からして非常にやっかいですが、今年はO'Brien師が表彰台にいるはず…。

…あれ?Sea the Starsはもしかすると回避になるかもしれません。
オークスSは上位人気馬がイマイチ信用しづらく、こちらもOxx師の馬に注目していますが、やはり出走未定なんですよねぇ。

イギリスの話題をもうひとつ拾っておくと、グレートリーズ(国内で一番新しい競馬場、オールウェザーのみ)がこのままでは来年から開催できないみたいです。

…そう、それで思い出しましたが、中京競馬場は改装工事でコースが変わります。
D11.5Fもそうなるはずですが、東海Sの距離はどうなるんでしょう。

| | コメント (2)

2009年5月21日 (木)

欲望をかきたてるものすごい◯◯◯

ここに「カラダ」と入るワケですが、こう書くと意味が変わってしまいそう(笑)

馬見ではまだまだお子ちゃまな私がめずらしく写真を見て「これはすごいなー」と一目で感心しきりになった馬が東京に初参戦。
名前はタイトルの通りですが、さすが牝馬だけに調教師もぬかりない仕上げですねぇ。

今年はスプリントで重賞を2勝、それからマイルでGⅠ制覇と底なしのスタミナを持つ自身からはあまりピンとこない活躍を見せているマンハッタンカフェ産駒、今週も注目ですね。指折りの好きな馬だけど、それにしても意外。。

(めずらしくデビュー戦から見てきた馬でシンデレラになりそうなのもいますが)

 

それから駿風Sは新潟で年に一度ペースしかない直1000の準OP。
これにしっかり目を慣らしておかないとヨーロッパ、とくにニューマーケットのレースは何が何だかわからなくなってしまいます。1マイル直線なんて日本じゃ到底開催できないだろうなぁ。

 

あ、タカオセンチュリーがまた出てきてる…。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

時間はあるはずなのに…

最近気づけばえらい真夜中になっていることが多いです。

サマータイム導入で1時間早くなるとはいえ、ライヴで欧州競馬を見るとやっぱりそうなるのかなぁ。

 

で、ダンテS。断然人気を背負っていたCrowded Houseが8着と案外な結果に。(レースはまだ見ていませんが、おそらく後方伸びずだったのでしょうか)
2歳時から注目していたうちの1頭だけに、この結果はショッキング。
 
ダービーSのオッズ(ブックメーカーの)をここ最近こまめにチェックしていますが、今回の敗戦を受けCrowded Houseの人気ががたっと落ちてました。
こうなると2000ギニーSを見所ある競馬で制したSea the Starsが抜けた人気になるのかなと確認すると…
 
もう1頭、2歳時からの注目馬が1番人気になってました。
Ballydoyleは今年もコマを着実にそろえてきてますが、そのうち仏G1クリテリウムドサンクルーを制したFame and Gloryが出色。最近同馬の動向を知らなかったのですが、気づけば今年は重賞を連勝中。「無敗のダービー馬」の資格を持った1頭です。
 
なお上述のダンテSを制したのがBallydoyle(こちらはMagnier夫人の濃紺勝負服)のBlack Bear Island。こちらはHigh Chaparralの全弟になりますね。
誰がどの馬に、なかでもエースのMurutaghさんがどれを選ぶかがとても気になります。

 

順番を入れ替えてますが、今週は「モチ」が2頭出走。

ウエスタンシーザーホーマンラフィットの狙い澄ました馬単を阻むように白い帽子のモチが伸びて勝ちました(桃山Sに出走)が、気になるのはもう1頭の方。

ズンダモチがここでデビュー戦。Chichicastenangoの評価にも関わってくるだけにこれからの出走についてはチェックしておきたいです。

ガチ決着になりそうな中ノ岳特別にはタカオセンチュリーが復帰。脚部不安からの休み明けでさすがに妙味が出るはず…。

 

あと東京の馬場ですが、先週の芝は◯◯◯◯仕様になってました。
ま、うまいアシストがあってもゴールに至らないこともありますけどね。日曜は雨も降り出すでしょうし。

それよりも今週は北村くんの土日重賞勝ち負けを期待していたのですが…なぜか日曜は京都なんですねぇ。

 

…とこうしているうちにまたもこんな時間。

お風呂入って洗濯しないと。。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

行くところ行くところ詰まる詰まる

全国でも屈指の乗降者数を誇る川崎駅(たしか首都圏5位だったかな?)。

090506_14130001 ゴールデンウィークの6連休を…
1(金) 自由が丘でスイーツどっぷり
2(土) 競馬
3(日) 競馬
4(月) 気が向いたので1ヶ月ぶりの表参道
5(火) 家具づくりのあと1日中睡眠
6(水) 大雨でずぶ濡れになりながらの開国博Y150(写真)
…とメリハリつけて過ごし、気分よく早めに起きたところまではよかったのですが。

8:10前に川崎に着いたので混雑回避に京浜東北線で行っても余裕で間に合う算段でした。

で、出社時間が10:10。1時間半は足止めを食ったことになります。

川崎で20分ぐらい東海道線待ちをしていて、「これじゃ乗れてもぎゅうぎゅう詰めだ…」と思って振り替え輸送の京急へ…

駅へつながる地下街から行列ができてました。
けっきょく京急でもドア点検などのアクシデントで50分遅延。

競馬でよくあるタイトルの件ですが、これがまさか実生活でも起きてしまうとは。。

 

それでもあせりやいらだちをほとんど感じなかったのは今週の競馬が楽しみだから?

ようやくユタカさんもひさしぶりに重賞を勝ちましたし…あとはレース運のみ。

今週はサンデーレーシングの重賞8週連続制覇にも気になるところですが…1頭勝ちそうなのがいますねぇ。

 

<海外>

今週はフランスでギニーズ。
イギリスは今後楽しみな血統背景をもつ馬が両方とも勝ちましたが、フランスの出走馬状況はまだ把握できていません。

それよりも気になるレースがチェスターヴァーズやオカール賞。やっぱり距離は長い方が…

そして降格の憂き目にあったデルビーイタリアーノも今週に。たしかにここ最近の勝ち馬はGentlewave以外ピンとくるのがいないよなぁ。

なおダービーSは現時点でギニーを勝ったSea the Starsが1番人気に。
来週のダンテS次第ですが、これは怖い馬が勝ったものです。

 

ちなみに東海道線・川崎駅で「次の電車はあと15分後になります…」ということで、いったん横浜へ行って横須賀線で行こう…との考えが頭をよぎりました。

じっさい反対側のホームにタイミングよく電車が来たので乗ろうとしましたが…乗っていたら11時にすら間に合っていたかどうか。
悪いこと続きではありましたが、さすがにここまでツキがなかったワケではありませんでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧