競馬観戦記

おもにレースの感想。かつての万馬券はここに。

2020年8月 1日 (土)

先入観は排除できず

夏の新潟未勝利@直千の風物詩といえば、ミルファームの大運動会。
今回は一般のニュースでも目にするくらい、大挙12頭が出走。

好きなコースとはいえ前開催がさっぱりだったこともあり、まじめに予想しようとするも…同一馬主だらけでわけがわからない。
16頭立てのレースなのに勝負服は4種類だけ。

直千で変わり身があるとすればウキウキホリデーぐらいか…でもミルファームの馬だしなぁ(失礼)
結局この日は旅の移動(けっこう試練がありましたが)がメインで、全体的に馬券は軽め。ここも結局やめました。

夕方になって、結果を見るよりも先に映像を見よう。
実況ウキウキホリデーって言ってるけどどこだよ…えっ?

やつはコスモをつけないビッグレッドの片割れだったのか、、、
いかにもミルファームっぽいネーミングだけに、12頭のうちのひとつと完全に思い込んでしまっていました。

結局、「じゃない方」がワンツーを決めてかなりの配当。
この結果だけ見れば消去法でも取れたな…(これまた失礼)

ちなみに大挙出走の副産物として、1枠と4枠がすべて同一馬主となりレアな染め分けを見ることができました。
1枠は少し淡く水色で染め分けは知っていましたが…2番と8番の帽子の紛らわしいこと。

 

2020-ibis-summer-dash

翌日はミルファームの馬のお世話になるワケですが…
狙いはメイショウカズヒメなんだって。。別途ワイド流しもありました。

この日は全外れを覚悟していたぐらい出来が悪かったものの、このレースだけでほぼ取り返しました。

そしてキャリーオーバーの上乗せに期待して買っていたWin5でグトルフォスの除外があり、ここに入れていた分の返還が発生。
その除外返還によりほんのわずかだけ浮きが出るという、極小末吉の7月でした。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

迷いを排除する

2月の終わりから早くも5ヶ月近くが経過。
ずっとPAT投票が続いていますが、ほとんど当日投票はしていません。しても1レースが始まる前。

結果は夜にまとめて見ることから、当日馬の様子をまったく見ていない状態がずっと続いていることになります。
パドックや返し馬をかじるように観ながらマークシートを塗っていたのはけっこう前の話。

20200718

珍しく3場まんべんなく当たりました。次の日、浮いた半分ぐらいを食いつぶすのですが。
見ての通り、投票したのは日付の変わったころ。

最大の一発はミモザゴール
この血統ならダートで変わってもと人気は気にせず。
想像以上に行きっぷりがよく、3コーナーで勝ちをほぼ確信できました。

後日、ゴール後の談話を見る機会がありました。
返し馬から嫌がるような走りで…
ということは、返し馬の動きは相応によくなかったはず。以前の返し馬重視のメソッドでは間違いなく切って捨てになっていたところ。

オール前日投票は当日の確定オッズに愕然とすることもありますが、当日の様子をよくも悪くも気にせず買えるメリットがあります。
謎の大量投票もたまに見かけて、結果を見て納得させられる(最終的には人気が落ちて穴を空ける)こともしばしば。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

腐っても⚪⚪、大波乱でも…

まだ出走メンバーもジョッキーも決まっていないなかで登録馬をざっと見渡してドラフトを作ったのが火曜日。
木曜日に出走枠が固まり、追記をしてから土曜日の日付が変わった頃にエントリをアップしました。

だいたいのメンバーに言及して、最後に
エクリプスSよりもこっちを発売してほしかった…ので印までは書きません。ただ、がんばり具合ではKhalifa Satをチェック馬にするかも。
という締めくくり。

翌日、映像を見て「なんで発売してくれなかったんだJRA!」となったのは言うまでもありません。
未勝利馬まで馬券に絡んでしまう超絶波乱で、日本で発売していたら複勝20倍は余裕でついたはず。

で、終わってみれば結局O'Brien。
グレーの勝負服って誰?と思いきやマグナー夫人の3番手カラーでした。そりゃ見慣れないワケだ。

3年前も「そっちのO'Brien?!」という結果でしたが、今年制した鞍上はMcNamara。チームの序列4番手あたりで援護射撃に回る立場ですが、てっきりペースメイキングしていると思いきや後ろがまったくついてこられなくなりました。
ニュースや写真を見るとポニーレースの乗り手だったようで、30歳になって大きな勲章を手に入れたようです。

 

なお、エクリプスSはガチガチでしたが…予想を聞かれて「Ghaiyyathは本格化したっぽい」と答えたのは正解でした。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

たまには間違えたって

5月があまりにうまくいっていた反動か、6月は低空飛行ぎみの馬券成績。

今日はほとんど当たらなかったという土曜日。日曜の投票のためには追加入金が不可避で、では残金はいくらだろうと投票成績を確認すると…

20200620

買った記憶のない馬が。しかも勝ってる。
単複だけでなくワイドに枠連まで票が入っているので、もはやどう間違えたのか見当つかず。

完敗を食らったはずが結局ちょっと浮きという「不思議の勝ちあり」の買い間違いでした。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

健全なる馬券生活

PAT投票の最大のメリットは、収支の状況がきっちりわかること。
入出金データを照会すれば一目瞭然。

20200607

それにしてもここまでプラスマイナスゼロに近いのはそうなかなか起こりません。
まあまあ遊んでちょっとだけ手数料を出しただけ、というイーブン(厳密には土曜がプラス、日曜がマイナス)でした。

安田記念の前夜、かなり土砂降りだったと現地近くの仲間内から聞いていたのですが…馬場の回復力がすごいのか高速化が止まらないのか。
この日の敗因だろうということで、ダートで浮いた分が芝で消えていきました。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

なつまでまつな

いつもより1週短い春の新潟開催もラスト。
ここまで取れそうにない結果ばかりで続いてきましたが、夏の開催前にその悪い流れは断ち切っておきたい。

土曜はドボン。
京都最終で少し取り返すも、ここでの負け分がそのまま残ってしまいました。

オーラスの韋駄天Sも、まず単荒れしそうにない組み合わせ。
それはその通りでしたが、相手がことごとく抜けて終戦。6日間でひとつも当たりませんでしたが、いくら使ったんだ…

2020-oaks

ならば王道の東京芝2400でがんばるしかない。
ダートコースの砂塵が飛んでくるくらい風が強すぎて参考にできないフローラSでしたが、他に買う馬もいないからとウインマリリンを。
チューリップ賞で奇跡が起きなかったイズジョーノキセキの分もと、それを忘れな草賞で破ったウインマイティーを。

えげつない勢いで突き抜けた勝ち馬は末恐ろしいですが、2頭のウインが来たおかげで取り返すことに成功。
土日でほぼ単複しか買っておらず的中もほぼここに書いた分しかないですが、思いの外跳ね上がってくれて土日トータルでプラス。

来週は2場開催であり、購入予算も割り当てないつもりなので最終を待たずに月間プラスは確定しました。

 

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

当たり外れが大きい

馬場があまりに極端で展開におもしろみが出ない東京の芝。
実際、東京の芝はほぼ捨てています。

そして、新潟の直千があまりに単荒れしない。これはつらい…
早くも最終週ですが、韋駄天Sでは望めそうになく土曜の条件戦に希望を託せるか。
荒れるときは開催通してずっと続いてくれるのですが、逆もまたしかり。また夏開催に期待するかなぁ。

20200516

直千が未勝利という高難易度に組まれていたのが土曜日。
予想が難しいうえに結果を見てもこれはムリ。で、討ち死に。

朝にいい複勝がでたのと、京都メインをワンツーフィニッシュできたことで収支イーブンに収めました。

20200517

正直これは一発で勝ってほしかったです…
血統を見てダートで狙おうとなるはずですが、びっくりするくらい人気がなかっただけに。

朝から大きく貯金を作ったのに、直千で溶かしてしまいました。
土日で先週と同じぐらいのちょっぴりマイナス。

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

週の最高配当を

前の週がうまくいきすぎたこともあって、さすがに3開催日連続はないだろうと思った土曜日はやはりその通り。
直千が順当決着だとつらいですね。

日曜日も同じ傾向で、新潟大賞典はばっちりもまさかのフォーメーション抜けとハナ差負けに泣き、NHKマイルCは「これ絶対にムリ」な想定にない展開で沈黙。

20200510

しかしまだ神通力が残っていたらしく、最後にプラス転換して土曜の負けもほぼ補填。

前走は敗因がわからないシンガリ負けでしたが、ダートならと懲りずにもう1回買うと…なおのこと前走の敗因がわからなくなりました。
先週に引き続き、同週の単勝の最高配当をとれたのは大きかったです。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

伸ばすスキル

去年の年末はやられ、いつぞやの有馬記念では助けてもらったルメール氏。
どちらにも共通しているのが、「写真判定で競り勝つ」点。

あまたの判定写真を振り返って、決勝線のタイミングを見計らって馬首を伸ばすスキルが図抜けているのではないかと思うようになりました。

 

ゴールデンウィークの競馬はいつも阪神と京都の現地(片方はパークウインズですが)に行っているところ、今年はかなわず。
それでも春の新潟=直千が始まると出馬をチェックしようとすると…まだ福島でした。開催日割りが例年と変わっていることに気づいていなかったとはいえショックだ…

20200502

ならば東京ダート2100でがんばるしかない。
戦績からして人気がないのは知っていましたが、まさか勝ちきるとは。直線が長くてゴール板が遠く感じました。

20年以上競馬をしてきて史上初の2週連続で単勝万馬券が的中しました。

 

先週と同じく、土曜に十分な浮きを作ったこともあり日曜は勝ち逃げ重視。
天皇賞は元割れしなければOK、スティッフェリオが奇跡的に勝ってくれたらラッキーというていどで投票。

最後のタイミングで単勝が逃げていきました。
スローで見たらやはり伸ばしたタイミングでゴール板。やられた…

2020-tenno-sho-spring

とはいえ馬券はかなり突き抜けてくれました。
土日で万馬券的中はもしかすると10年半ぶりかもしれません。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

指をくわえてばかりでは

春の京都開催はしょっぱなから単勝万馬券、なんと一日に4発も出ました。
同じく開催初日の東京でも触発されたか1発出てましたね。

私の単勝万馬券的中は2年に1~2発のペースですが、穴狙いが決まるというよりは「なんでここまで不人気?」ということがほとんど。取ったらオッズが想定をはるかに越えていた…ということです。
この土曜も「これは買えない」という馬ばかりでした。

20200425

でも、ひとつだけ一点買いで仕留めていました。
エピファネイア産駒の中距離は狙えを去年の夏からずっと続けていますが、そうでなければまずとれないレース。

70倍はあったはずだぞと最終オッズを見るとにダブルスコアになっていました。
ここも上記の通り、オッズが想定をはるかに越えていたパターンで8ヶ月ぶりの単勝万馬券。

この日唯一の的中でしたが、おかげで土日トータルの貯金を作れました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧